腹式呼吸で高音はだせない!|正しい高音発声の考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボイストレーナーの金子太登です。

タイトル煽りすぎたかな??(笑)でも本当のことなんで安心してくださいね!!

今回は「腹式呼吸では高い声をだせないよ!」というお話をしていきたいと思います。

1.学校でも習う「お腹から声をだそう」の間違え

最初に言います。お腹から声はでません。

声帯という二枚のヒダが振動することにより原音が生まれ

それがいろいろな共鳴腔に響くことにより声がでます。

まあ、こんなことはどうでもよいのですが。(どうでもよくないです。)

このブログをご覧になっている方の中にはすでにボイストレーニングスクールに通っている

方もかなりいらっしゃると思います。そうでない方もボイストレーニングをかじっている

方なら必ず聞いたことのあるあの

 

「高い声は腹式呼吸でお腹で支えましょう!」

・・・やってみてどうでした??

高い声でるようにナリマシタカ??

高い声無理やりお腹で支えようとして喉痛くなっちゃたシマセンデシタカ?

 

これが普通なので安心してください(笑)

1-1「腹式呼吸」で「高い声」は出せない

 

腹式呼吸で高い声は出せないということを肝に銘じてください!

もう一回言いますよ。

腹式呼吸で高い声は出せません。

腹式呼吸で高い声が出せるという考えは

こういった根拠に基づいているみたいです。(間違っている部分をこの記事で丁寧に説明していきます)

少々難しい話ですが、

高い声を出すということは、声帯という二枚のヒダを、より沢山振動させる必要があるわけですね。

これは弦の原理と同じです。

ということは人間の声帯を振動させるものは呼気ですから

そのスピードを速めてやればいいんじゃね??という安易な考えから

お腹からたくさんの呼気を声帯にぶつけるという迷信が世に出回ってしまいました。

これは一見正しいように思えます。しかし、実際は違います。

声帯には呼気を強めて振動数を稼ぐ以外に

振動数を稼ぐ方法があります。

そうです!声帯を短くするのです。

これをやらないで、声帯に強い呼気を当て続けても

声がれを起こしたり、最悪の場合ポリープなどの音声障害に陥ることもあります。

注意してくださいね。

1-2喉があっての呼吸です

喉があっての呼吸です。

発声の基本としての呼吸といったことを、ボイストレーナーに教わったことが

ある方も多いかもしれません。

しかし、最初にやるべきことは呼吸法の習得ではなく、喉を育てることです。

具体的には、その人に足りない筋肉群を鍛え上げ

バランスの調整を行っていくことです。

この訓練は、めちゃくちゃ時間がかかります。

完成(どこを完成とするかが問題ですが)には5~6年から10年ほどかかると

考える説もあるくらいです。

ですので、焦って腹式呼吸で高い声をだそう!!と思うのはこの記事を読んだ

今日からもうやめましょう。

喉の調整を行ってミックスボイスを養成し、高い声を出したい方は

僕の記事の 高い声の出し方|ミックスボイスまでのプロセスをご覧ください。

最初にボイストレーニングは非常に時間がかかると心してかかることがかなり重要な

ことになってきます。

2.呼吸を意識することはできない

呼吸に意識をおいて、歌を歌う練習をされている方も多いと思います。

しかし、それは残念ながら効果が現れにくい練習法になっていると言わざるを

えません。

2-1呼吸を意識して歌うとこうなる

 

呼吸を意識して歌うと歌に様々な弊害が生じます。

呼吸を意識して歌うということは、

多くの場合「息を多く取り込みすぎる」傾向にあります。

息をできるだけ沢山取り入れたほうがいい気がしますが

実はそうではありません。

例えば5秒伸ばすロングトーンがあるとします。

Aさんは5秒きれいに発声できるだけの息を取り込みます

Bさんは8秒発声できるほどの息の量を取り込みます。

Aさんは次のフレーズを歌うときに、息は0なので、また新しい息を取り込みます。

Bさんは3秒残っている息を実際には吐いてから息をとりこんでいるので、

Aさんよりも燃費の悪い歌い方になってしまいます。

じゃあちょうど5秒ぴったりの息をどう取り込めばいいのさ!?

という話なのですが、普通そんなことはできません。

というよりも、しなくていいのです。

今答えをいいました。

何も意識しないで歌うことが、もっとも理想とする呼吸のしかたなのです。

逆に言えば、意識しないで歌えない状態なのならば、

まだ喉の調整を行う余地が十分にあるということです。

3.発声のヒントとして使えるものは使おう

ここまで、さんざん腹式呼吸について批判的に書いておきながら

言うのもなんですが、人によりますが腹式呼吸が

発声のヒントにはなることもまた事実です。

例えば、高音になるにつれて、喉に異常に力が入ってしまう人は

腹を意識することで「一時的には」喉から意識をそらすことができ

適度に力を抜くことができるかもしれません。

こういったふうにこんな感覚もあるんだなといったふうに

いろいろと試行錯誤してみることも重要なことです。

しかし、そもそも喉に力が入っているという時点で、

喉の調整が不完全なわけですから、当然

こちらを優先すべきですが。

 

4.まとめ

 

今回は腹式呼吸で高い声はでないよーということについて

お話してきました。

ここまで、ボイトレの基礎として広まった腹式呼吸をこうして

ブログで否定することは当然批判を覚悟することでもあります。

しかし、僕は本当のことを一人でも多くの方に知っていただきたいので

これからもボイストレーニングについて赤裸々に語っていこうと思っています(笑)

よろしくお願いします!

今回も最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料カウンセリング:最速でミックスボイスを手に入れる全手法

繋声~mastering mixedvoice~では、Skypeでの無料カウンセリングをご用意しました。

”あなただけのための”カスタマイズされた濃密なノウハウ

をすべて無料にてご提供しています。

発声のお悩みをじっくりとヒアリング

あなたの発声の状態を詳しく診断

あなたの発声の状態に最も効果のあるエクササイズを「すべて」提供

ミックスボイスを習得するために必要なこと・やってはいけないことをわかりやすく伝授

「スクールの説明だけで、何にも有益な情報を得られなかった!」

こんな経験をされた方は是非、繋声~mastering mixedvoice~の無料カウンセリング

に参加してみてください。

理論に基づいたあなた専用のトレーニングに、きっと感動していただけるはずです。


無料で悩みを相談してみる

SNSでもご購読できます。




コメントを残す

*