ミックスボイスの感覚とは|「感覚」を「発声」につなげよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

ミックスボイスってどんな感覚で発声するの?

「裏声」?それとも「地声」?

ミックスボイスを発声しているときの感覚ってすごく気になりますよね。

僕もミックスボイスを発声できないときに、インターネットで沢山検索したのを覚えています(笑)

そこで、今回はミックスボイスを発声しているときの感覚について詳しくお話していきたいと思います。

 

 

1ミックスボイスを発声しているときの感覚

 

この章では、ミックスボイスを発声しているときの感覚についてお話していきますが、

かなり難しい内容にも触れていくつもりです。

しっかりとついてきてください!

 

 

1-1人それぞれ感覚は違う

 

ミックスボイスの感覚は人それぞれ違います。

おしまい!

ではこの記事を書いた意味がないので、きちんと説明します(笑)

誤解されやすいのですが、「ミックスボイス」という一つの声があるわけではないんです。

地声に近いミックスボイスもあれば、裏声に近いミックスボイスもあります。

当然その中間もあるわけで、ある意味ミックスボイスのバリエーションは無限にあるともいえます。それがその人の個性にもなるわけですよね。

地声に近いミックスボイスを発声している人は

当然地声に近い感覚で発声していることが多いですし

裏声に近いミックスボイスを発声している人は

裏声に近い感覚で発声していることが多いです。

ただ、裏声を加工して発声しているわけではありませんので、そこは注意してくださいね。

あくまでも地声と裏声が均等に融合された状態での声の出し方という視点でお話しています。

 

さらに、これ以外にも音程によっても発声の感覚は変わってきます。

一般的には低音域は地声の感覚が強く、高音域は裏声の感覚が強くなる傾向があります。

これらのようなことが原因で、「ミックスボイスの感覚」論争が終わることはないのです。(笑)

1-2ミックスボイスの感覚は変わることもある

ミックスボイスの感覚は変わることもあります。

練習を始めた間もない頃は、地声の筋肉と裏声の筋肉のどちらかが極端に強い事が多いです。

それを均等に整えていく段階でミックスボイスが徐々に出来上がっていきます。

なので、例えば最初は地声の感覚を強く感じながらミックスボイスを発声していたが、

ミックスボイスが理想形に近づくにつれて、

どちらの感覚も均等に感じるようになった

というようなことも起こりえます。

 

1-3僕のミックスボイスの感覚

実際に僕がミックスボイスを発声しているときの感覚をお伝えしていきたいと思います。

尚、僕は男ですので、音域は男性にしか参考にならないと思います。

ご了承下さい。

 

[音域別・発声の感覚]

【低音域】(lowF~mid2E)

完全に「地声」の体感で発声してはいますが、この段階ですでに声帯が伸びる感覚を感じながら発声しています。

なので、いわゆる話声とは違います。

【中音域】(mid2E~hiB)

僕の場合は低音域の体感が少し軽くなったくらいで、「地声」の体感です。

【高音域】hiB~最高音)

高音域になればなるほど地声の体感と同時に

裏声の体感も感じるようになってきます。

 

 

 

2発声の感覚をミックスボイスの習得に応用しよう

 

発声の感覚をミックスボイスの習得に応用しましょう。

人それぞれ発声の感覚が異なることはあります。

しかし、共通する感覚が少しでもあれば、

それは正しいミックスボイスを発声できているかどうかを確認することができる判断基準になることもあります

この章では、発声の「感覚」からミックスボイスに役立つ情報をお伝えしていきたいと思います。

 

2-1ミックスボイスでは「地声」を意識することが重要

 

ミックスボイスでは「地声」を意識することが重要です。

僕の他の記事でもよく言っている事なのですが、

ミックスボイスは裏声を地声っぽく加工したものではありません。

発声したい音色が「地声」である以上、「地声を発声するんだ」という意識をもって積極的に高音も地声でアプローチしていきましょう。

しかし、地声で高音をアプローチする際は

 

・「地声」と「裏声」の訓練をしっかりと行っているのか

・ただの張り上げた声になっていないか

などに充分注意して練習してみてくださいね。

 

2-2ミックスボイスの感覚の誤解

 

ミックスボイスの感覚の誤解についてお話していきたいと思います。

よくあるミックスボイスの感覚の誤解に

 

・ミックスボイスは裏声のように楽に発声できる

・ファルセットをキンキンに強めたように発声する

などがあります。

 どちらの感覚も「裏声」をベースになにかを加工して地声っぽく発声するという考え方に基づいていますね。

しかし、僕はたとえ裏声を加工して低音から高音まで声を一本化する事ができるようになったとしても、

それは歌に使える声になるのかという疑問があります。

声量・音色なども、やはり裏声を加工したものと、

地声と裏声が均等に融合し、「地声」の声量・音色として扱えるものでは雲泥の差がでてくると僕は考えます。

なので、歌に使える声を開発していくのであれば、

上記のような感覚はあまり参考にならないと考えるので、

僕の考え方に共感してくださる方は地味なエクササイズを一緒に頑張りましょう!(笑)

 

3僕のミックスボイスの感覚の変化

 

僕のミックスボイスの感覚の変化についてお話していきたいと思います。

ミックスボイスの感覚って変化するの?と思った方もいらっしゃるかもしれませんね。

これはこの記事の「1-2ミックスボイスの感覚は変わることもある」ともリンクする内容ですが、

実際にはミックスボイスといっても、

完成度や求める声の変化などの様々な要因で感覚は変化することもあります。

この章では、僕がミックスボイスの習得を目指してボイストレーニングを始めた頃から

ミックスボイスが形になってきた頃までの感覚の変化を

3つの時期に区切って説明していきたいと思います。

 

3-1完全に「地声」と「裏声」が分離していた時期

ボイストレーニングを始めた当初は「地声」と「裏声」が完全に分離していました。

mid2Eまでは地声でなんとか発声できるものの、それ以上の音域になってくると

 

・張り上げる・叫ぶ

・裏返る

 

のどちらかしか僕には選択肢が与えられていませんでした(笑)

言うまでもないですが、感覚としては換声点付近までは完全に「地声」の体感です。

喚声点を超えると突然スカスカの裏声の体感に変わってしまうといった感じです。

この時期はカラオケに行っても歌える曲はほとんどなく、とても辛かったのを覚えています。

 

3-2不完全なミックスボイスを身につけた時期

不完全なミックスボイスを身に着けた頃の僕の発声の体感を説明します。

地声」と「裏声」が完全に分離していた時期は

どんなに頑張ってもmid2E付近までしか地声を発声する事が出来なかったのですが、

ある時いきなりhiBまで地声の音色で発声できる音域が拡がったのです。

この時の体感としては

地声が高音に向かって薄くなっていくような感覚があり、

声帯が伸びていることを体感できるようになっていました。

しかし、hiB以降の音域になってくると声が裏返ってしまい、

実声で発声することはできない状態でした。

これと同じようなことを歌手の秦基博さんも経験したと

ラジオかなにかで仰っていたのを覚えていたので

当時の僕は「この方向性でいいんだ!!」と確信しました。

3-3歌手の表情からみるミックスボイス

歌手の表情から発声の体感を推し量ろうという

なんとも無理やりな企画なのですが、

ある程度は参考になる部分もあると思います(笑)

①久保田利信さん

久保田利伸さんの若かりしころの映像をお借りしました。

歌っている表情に注目してほしいのですが、

明らかに感情をこめてわざと表情をゆがめている部分もありますが、

高音域になると、割と苦しそうな顔をして歌っているのがお分かりいただけるでしょうか。

特に4;29当たりの低音域から高音域に滑らかに音を上げていくところなんかは

高音になるとだいぶ苦しそうですよね。

これは、ミックスボイスで声を出していても高音域で自分の限界に近付けば

声を制御するためにある程度の「力み」が「必要なところ」には必要なんだ

ということを示しています。

つまり、「裏声」をベースにキンキンさせたり地声っぽくみせようとしたものであれば

この音域で苦しそうになったり、声を制御するために「力み」が生じることは

ないということがわかり、

ほとんどの歌手は「地声」をベースに発声した結果

自然とミックスボイスになっているということが分かると思います。

皆さんが出したい声はほとんどの場合プロ歌手のような声だと思うので

こちらの発声を最終目標にしたほうが良いのではないかと考えています。

3-4ミックスボイスが形になってきた時期

ミックスボイスが形になってきた頃の発声の状態や体感についてお話していきます。

それまでのhiB以降のエッジがかった奇声(笑)

だんだんと「」として発声できるようになってきました。

それと同時に「地声」と「裏声」の一本化を果たすことができました。

感覚としては、「1-3僕のミックスボイスの感覚」でもお話しましたが、

hiDあたりまではどちらかというと地声の延長のような感覚で発声していて

それ以降の音域は地声を意識して発声していても裏声の体感も感じています。

ここで注意して頂きたいのは、僕が

ここからここまでは地声っぽく

ここからここまでは裏声っぽく

というふうに声の切り替えをしていることは全くないということです。

全ての音域を「地声」で発声しようという意識で発声しています。

ここら辺の感覚は文章では非常に説明することが難しく、もどかしいです(笑)

 

4発声している感覚と聴こえ方は一致しないこともある

 

発声している人の感覚とそれを聴いている人の聴こえ方は必ずしも一致しないことがあります。

この部分を勘違いしていると、永遠にミックスボイスの謎から抜け出せないかも…?

一緒に勉強していきましょう!

 

4-1ボイトレビギナーは特に注意しよう

 

ボイトレを始めて間もない方は特に発声している感覚と聴こえ方の関係について特に注意してください。

 例えば

僕はミックスボイスを限りなく地声に近い体感で発声していますし、

聴いている人もまあ地声だねと言ってくれます。

しかしこれが、Aさんの場合では

裏声に近い感覚でミックスボイスを発声しているのにも関わらず、

聴いている人にとっては地声と感じる

ということもあるということです。

このことは

発声の感覚の個人差以外に、

発声している人の喉の筋肉のバランスが関係していると僕は考えます。

 僕はAさんに比べて地声系の筋肉が発達しているともいえますし、

Aさんよりも裏声系の筋肉が未熟であるともいえます。

元々才能のなかった僕は

発声出来る音域の限界までを地声だけで押し上げるように発声していたので、

意識せずとも相当に地声の筋肉が鍛えられていたのだと思います(笑)

逆に純粋な裏声(ファルセット)を発い声することで鍛えられる輪状甲状筋(前筋)は全く鍛えられていなかったのですが…。

今現在は、地声系・裏声系の両方の筋肉や

それ以外の喉頭懸垂機構・間接的喉頭懸垂機構も意識してトレーニングを行い、

調整しているつもりですが、それでも僕の場合は地声の体感を強く感じます。

 

4-2楽に発声できることがその人にとっての「正解」

楽に発声できることがその人にとっての「正解」です。

ここまで長々と、ミックスボイスの感覚について、ねちねちお話してきましたが、

発声の体感も大切なのですが、

それよりもその人にとって発声していて気持ちのよい声がでているかを優先することが重要です。

ただ、ここで注意して頂きたいのですが、

楽といってもファルセットのように楽というわけではありません。

地声としての音色を保てる範囲での楽な発声という意味です

力みがあってはなかなかいい声を発声することはできませんし、喉を壊しかねません。

周りの人が聴いている分にはいい声に聴こえても、

発声している人はものすごくプレッシャーを感じて発声しているということはよくあります。

過度な力みを感じている発声が理想的な発声ということは絶対にありません。

ボイストレーナーについてもらってボイストレーニングをされている方も

今一度ご自身の発声の感覚について考えて頂ければと思います。

実際に僕は、ボイストレーナーにその声の出し方でよいと言われたとき、

喉締めで腹からたくさん呼気を送ろうとしていた発声だったということがありました。

ボイストレーナーの意見も聴くべきですが、最後は自分の感覚を頼りにするべきです。

 また、ボイストレーニングをはじめてすぐにパワーを求める方が沢山いらっしゃいますが、

発声の筋肉のバランスが調整されていないうちに、無理をすると必ず声は壊れてしまいます。

まずは基礎的なエクササイズを行うことに重点をおき、

発声のバランスが充分にとれるようになった段階で、

パワーや個性などを求めていくことをお勧めします。

 

5コラム 発声の感覚に関する誤解

 

 

今回のコラムでは発声の感覚に関する誤解についてお話ししていきたいと思います。

このブログをご覧になっている皆さんは

ミックスボイスを発声できるようになりたいと思っている方がほとんどだと思います。

そこで、インターネットなどで情報を沢山集めると思います。

なるべく早く上達しようとするので、

何かコツのようなものがあるのではないかと思うのが一般的ですよね。

よくある「ミックスボイスのコツ」として挙げられるのが、

 

・鼻に響かせる

・頭に響かせる

 

などといった感覚的なものです。

 しかし、これらのことを実践しようとしても

大多数の方はミックスボイスを発声できるようにはなりません。

これらの感覚は、

 

発声できるようになって初めてわかる

or

発声できるようになってもこれらの感覚を感じることがない人もいる

 

からです。

 鼻に響かせて高音がでるならボイストレーニングはいらないですし、

頭に響かせられるなら初めからそうしてます(笑)

 ということで、ミックスボイスを発声するためのコツは基本的にはありません。

重要なことは、人それぞれの喉の状態をしっかりと見極め、それにあったエクササイズを根気よく続けていくということです。

 

6まとめ

 

今回は、ミックスボイスの感覚という視点からお話をしてきました。

人それぞれ感覚は違います」の一言で終わらせてしまっては元も子もないので、

なるべく多岐に渡る視点から解説をしてみました。

記事を書き終えていつも思うのですが、僕の記事はどれもマニアックです(笑)

なるべくわかりやすく書いているつもりですが、それでも「???」というところがあると思います。

なので、分からない事や質問したいことがある方は、是非コメント欄にコメントを頂けると嬉しいです。

また、フェイスブック・Twitterも開設しましたので、そちらの方も是非チェックお願いします!!

コメントを頂くと、モチベーションアップにつながります!

今回も、最後までご覧いただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料カウンセリング:最速でミックスボイスを手に入れる全手法

繋声~mastering mixedvoice~では、Skypeでの無料カウンセリングをご用意しました。

”あなただけのための”カスタマイズされた濃密なノウハウ

をすべて無料にてご提供しています。

発声のお悩みをじっくりとヒアリング

あなたの発声の状態を詳しく診断

あなたの発声の状態に最も効果のあるエクササイズを「すべて」提供

ミックスボイスを習得するために必要なこと・やってはいけないことをわかりやすく伝授

「スクールの説明だけで、何にも有益な情報を得られなかった!」

こんな経験をされた方は是非、繋声~mastering mixedvoice~の無料カウンセリング

に参加してみてください。

理論に基づいたあなた専用のトレーニングに、きっと感動していただけるはずです。


無料で悩みを相談してみる

SNSでもご購読できます。




コメントを残す

*