小声ミックスボイスからミックスボイスに移行する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

小声では地声と裏声が繋がるけれど、声のボリュームをあげると声が裏返ってしまう、、、。

今回はこのような現象が起こってしまう原因、それに対する解決法などのお話です!

 

1小声で発声練習すること

ボイストレーニングをするときに、小声で練習している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

大声で歌うと近所迷惑になるから仕方ない、、のは確かなのですが、ある程度の声のボリュームで練習していかないといけない場合があります! 

 

1-1小声発声の弊害

 

小声で発声練習をする場合におこる弊害をあげてみます。

 

a. 自分がどんな声をだしているかが非常にわかりにくい

b. 喉に余計な力を加える可能性がある

c. 弱々しい声に慣れてしまう場合がある

 

まずaの問題からお話していきます。

小声発声により、低音域でも裏声よりの声になります。

また、ウィスパー気味の声になることも多いため、自分の声の状態を把握しづらくなります。

これでは何が自分に足りていないのかを分析することができず、適切なボイストレーニングをすることは難しくなってしまいます。

次にbの問題です。

小声で発声するということは息を流さないで発声する事と同じことなんです。

そのため特に高音域において無理やり声帯を振動させようと喉仏をあげてしまい、喉が閉まってしまうことが多いです。

喉が閉まった状態での発声は喉を傷めやすくなり、たいへん危険です!  

さいごにcの問題ですが、 小声での発声練習になれてしまうと、力強く発声する際に力みが生じてしまう可能性が高くなってしまいます。

これは普段からある程度のボリュームで練習する事で避けられる事ですね(^^)  

 

1-2小声発声が有効な場合

 

ここまで小声発声の弊害をお話ししてきましたが、もちろんメリットも存在しますよ!

高音で叫びあげてしまう方には、最初から大きな声で発声練習すると張り上げの癖がなかなか治らないことがあります。

この場合には、小さな声で練習をすることで適度なリラックスした状態を体に覚えさせることが有効だったりします。

 

 

2小声ミックスボイス

 

 

冒頭でもお話しましたが、小声で発声する状態において地声と裏声が繋がることを仮に小声ミックスボイスと呼んでいます。

ミックスボイスの練習を始めた方でこの状態になっている方は多いのではないでしょうか。

ここではなぜ小声だとミックスボイス(もどき)になるのか、小声ミックスボイスから抜け出す方法をご紹介したいと思います(^^)  

 

2-1小声だと声が一本化する??

 

地声の筋肉と裏声の筋肉のバランスをとりやすい為、小声だと声がミックスされる

先に答えを言ってしまいました(笑)

もう少し詳しく説明をすると、地声の筋肉と裏声の筋肉。このどちらか弱い方に片方を合わせるのです。

たとえば地声の筋肉が強くて、裏声の筋肉が弱いAさんがいるとします。

この場合は、小声で発声する事で地声の筋肉の働きを弱めることができます。

結果として地声と裏声のバランスを弱い状態で整えることができるため、声がミックスされた状態になるということですね(^^♪

今度は地声の筋肉が弱くて、裏声の筋肉が強いBさんの発声をみていきます。

この場合は小声で発声することで、裏声の筋肉を弱めるため声がミックスされた状態になるということになりますね(^^

[小声ミックスボイスの状態のデモンストレーション]

※本当に小声でデモンストレーションをしているので、聴きにくい方は

パソコンのボリュームをMAXでお願いします(笑)

 

これらの状態の声は歌には使えませんよね(^^;

 

2-2小声ミックスを脱出する

 

では小声ミックスボイスを脱出するにはどうしたらいいの?ということなのですが、

地声と裏声の弱い方を徹底的に鍛え上げ、バランスを整える!

これが回答です(^^)

これだとなんのこっちゃ分からないので、どちらが弱いのかを判別する方法をご紹介します。

リップロールエクササイズ(発声の状態の確認の1つの方法です)

地声のまま低音から高音までをリップロールで発声してみる

[リップロールエクササイズのデモンストレーション]

※注意事項を軽くお話してから、デモンストレーションに入ります!

ここで注意するべきことは

 

1リップロールをする際に口の周りや首に力を入れない

2.ある程度の声の大きさで発声する事

 

この2つです!

音声からも分かる通り、具体的にどの音域で急に声を切り替えるということはせずに、

高音域では芯のある裏声発声になっていますよね。

あ、このエクササイズは周囲に人がいない環境で行ってくださいね!

確実に頭がおかしい人に思われます(笑)

さて、このエクササイズ行った結果として考えられるものをザックリとですが書いていきますね!

[ケース1]

地声を押し上げて張り上げてしまう場合→裏声の筋肉が弱い事が多い

[ケース1のデモンストレーション]

音声からも声が詰まってしまって、高音域に上がっていけない様子が分かると思います。

[ケース2]

声がひっくり返ってしまう場合→裏声の筋肉が弱い場合や、地声系の筋肉の踏ん張りが足りない可能性がある

もちろん一概にこうです!とは言えないのですが、この可能性は非常に高いです。

[ケース2のデモンストレーション]

ケース2は独学の方には判断が難しいと思います。

できれば信頼できるトレーナーさんに一度発声を診てもらった方がいいですが、

様々な事情でそうもいかない場合には十分に注意して練習を行ってくださいね

[ケース3]

低音域の地声がスカスカになって抜けた状態ではあるものの、声は一本化している→地声の筋肉が弱い事が多い

[ケース3のデモンストレーション]

ケース3は比較的女性に多いパターンですが、存在します。

音声からも分かると思いますが、全体的に裏声よりの声になっていますよね

ここで、ケース3の状態の方に試していただきたいエクササイズがもう一つあるのでご紹介します。

[ケース3が当てはまる方へのエクササイズ]

高音域の裏声から低音域の地声までゆっくりとピッチを下げていく

この時に裏声に捕まったままなかなか地声に移行できず、低音域まで裏声で発声してしまう場合はケース3でほぼ間違いないと思われます。

では、それぞれの問題の解消に役立つエクササイズをご紹介します!

[ケース1,2が当てはまる方へのエクササイズ]

裏声の練習が必須となります。「ウ」の母音で発声します。

このときの注意点は

 

1. 思い切り息漏れのある声で発声する

2. 男女ともにB3~B4の1オクターブで練習する

3. 出せない音域は無理をせずに出さない

 

 ことです!

このエクササイズは、裏声を発声するときに活発になる筋肉(輪状甲状筋、前筋)を効率的に鍛えるために非常に 有効です。

[ケース3が当てはまる方へのエクササイズ]

地声の練習が必須となります。

「ア」 の口の形で「エ」と発声します。

このときの注意点は

 

1.最低音域からF4あたりまでの音域で発声する

2.張り上げたり、叫びあげたりしない

3.出せない音域は無理をせずに出さない

 

 ことです!

3番は発声練習すべてにおける超基本なので皆さんは既に知っているかもしれませんね。

このエクササイズは地声を発声するときに活発になる甲状披裂筋を効率的に鍛えるために非常に有効です。

 

3まとめ

今回は小声発声、小声ミックスボイス、本当のミックスボイスに必要なエクササイズをご紹介しました。

人それぞれにあったエクササイズをしていかないと、目標とするゴールにはたどり着けないということが理解して いただけたと思います!

間違った練習法は声を悪い状態にしてしまうこともあります。

是非正しい知識をもった先生にみてもらいながらの練習をおすすめします!

今回は以上です!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料カウンセリング:最速でミックスボイスを手に入れる全手法

繋声~mastering mixedvoice~では、Skypeでの無料カウンセリングをご用意しました。

”あなただけのための”カスタマイズされた濃密なノウハウ

をすべて無料にてご提供しています。

発声のお悩みをじっくりとヒアリング

あなたの発声の状態を詳しく診断

あなたの発声の状態に最も効果のあるエクササイズを「すべて」提供

ミックスボイスを習得するために必要なこと・やってはいけないことをわかりやすく伝授

「スクールの説明だけで、何にも有益な情報を得られなかった!」

こんな経験をされた方は是非、繋声~mastering mixedvoice~の無料カウンセリング

に参加してみてください。

理論に基づいたあなた専用のトレーニングに、きっと感動していただけるはずです。


無料で悩みを相談してみる

SNSでもご購読できます。




コメント

  1. takafromlang8 より:

    金子さん、こんにちは。
    ネットで記事を見つけて、他のサイトにはない丁寧さと詳しさだったので最初から読もうと思って来ました。

    現在、自分は小声ミックスの状態にいます。それで声量を増やしたいと考えているのですが、出来るだけ少ない量の息でしっかり響くように変わるためには息の量を増やしたり、息を強く早く流したりしながら発声練習をした方が良いでしょうか?

    息でなんとかしようとすると数回練習しただけで喉が痛くなります。筋力アップには痛みは避けれないので、強く速い息を流すように頑張った方がいいでしょうか?

    最近は発声練習で息を流すことが怖くなってきました。ヒントを頂けたら嬉しいです。

    1. 金子太登 金子太登 より:

      ご質問ありがとうございます。

      小声ミックスの状態では、大まかに分けると地声系の筋肉群が弱い、もしくは裏声系の筋肉が弱いために声量を落とすことでしか筋肉が拮抗した状態を作れないということが起こっています。
      その為、先ず最初に行わなければならないことは
      どちらの筋肉群の働きが弱いのかを見極めることです。その際のポイントとしては
      1.息漏れを強く感じる
      2.声量がでない
      3.芯を感じられない

      あくまで大まかなポイントになってしまいますが、
      これらの症状がある場合その筋肉群はまだまだ未発達と言えます。

      見極めることができれば、そちらの筋肉群を鍛えるツールをメインにを利用してトレーニングしていきます。

      効果的なツールに関しては
      僕の記事の
      http://mixedvoice-mastering.com/high-note-process/
      をご覧になってみてください。音声をお聴きになって是非真似してみてくださいね。

      ただ、発声ではうまくいくけれど、歌では使えないなどといった様々な問題に対処するには
      喉を吊り下げている喉頭懸垂機構なども平行して訓練していくことが必須となります。

      http://mixedvoice-mastering.com/voicetraining-book2/
      知識なども含めて僕の上記の記事をご覧になってみてください。

      結論として、今の小声ミックスは理想的とは言えないので、いったん離れて地声と裏声の分離から始めることが重要です。

      その方法は上記で述べましたが、僕もそうだったようにきっと難しいことだろうと推察されますので、いつでもお力になります。いつでもご相談くださいませ。

      ※現在独学で練習されている場合も上記のトレーニングは大変有効です。
      ただし、効果があるということは間違った方向にも効果を発揮する可能性は高いので練習する際は何度も録音してご自身の声に耳を傾けてくださいね。
      過去の僕のように遠回りしてほしくありません。

      今後とも繋声~mastering mixedvoice~をよろしくお願い申し上げます。

    2. 金子太登 金子太登 より:

      補足

      息漏れのある声というのが僕の提唱するファルセットの話と仮定させていただいて、裏声の練習方法についてもアドバイスさせていただきます。

      基本的に練習の初期段階では誰しも
      疲れを感じたり、声が枯れたりといった症状はあります。
      慣れない筋肉を使う為、無理をすると
      痛みを伴うことさえあります。

      しかし、あまりにもその症状が酷い場合フォームを間違えている可能性や、
      現在の輪状甲状筋の発達具合に対して無理な音域を発声している可能性が考えられます。

      現在高音域を中心に練習されている場合は低音域から。

      発声している途中で母音を変えているようであれば、母音をしっかり固定する。

      声を聴いていないので、難しいなかなか難しいのですが(笑)こんなところに気をつけてみると改善が見られる可能性はあります。

      ボイストレーニングって難しすぎますよね。。
      僕も日々生徒さんのレッスンや
      自分自身の練習で「発声というのは奥が深すぎる、、」と実感しています。

      ただ、そのぶん年単位の努力が報われた時の喜びや日々の小さな成長は
      何にも変えがたい喜びです。

      共に頑張っていきましょう!(このサイトをご覧になってくださった時点で
      takafromlang8さんは仲間です!笑)

      これからもよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

*