ビブラートのかけ方 | 正しいエクササイズを公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です(^^)

今回はビブラートがかからない、ビブラートのかけ方がわからない!という方必見の記事です!

ビブラートの種類や練習方法を詳しく説明していきますので、是非ご覧ください(^^)

ビブラートって何?

ビブラートとは一定の周期で音の高低を揺らしつつ、音量の差をつけるテクニックです。

これだと何を言ってるかよくわかりませんよね(^^;

簡単に言えば声に波を与えるものです。

声を揺らすだけじゃないかと言われればそれまでなのですが、

この波のスピードが遅すぎても早すぎても耳障りになってしまうところが、

ビブラートというテクニックの難しいところなんですね。

ビブラートはかけるもの

正しい発声だとビブラートは自然とかかるとする説明もあるみたいですが、

僕の意見としてはこれは違うと思います。といいますか、これだと困りませんか?(笑)

だって、ストレートに声をのばしていきたいところに勝手にビブラートがかかってしまったら思うように歌うことができなくなってしまうじゃないですか!!

意図的にかけるというと人工的な感じがしますが、

自分でビブラートをコントロール出来ることはとても重要なことです。

ビブラートの種類

ビブラートにはいくつかの種類があります。

今回は主なものをご紹介していきたいと思います。

喉でかけるビブラート

音程を上下に揺らす事だけでかけるビブラートがこれにあたります。

顎でかけるビブラート

顎を意図的に揺らすことにより、ビブラートを作り出す方法です。

お腹をつかったビブラート(横隔膜ビブラートといわれている)

横隔膜の動きを利用することによりかけることのできるビブラートです

3番のお腹を使うビブラートを習得することができると、

とても自然なビブラートをかけることができるようなります

ビブラートを習得しよう

今回の記事では、僕がおすすめするお腹を使ったビブラートのエクササイズをご紹介したいと思います。

これは人によっては習得にとても時間を要することもあるので、根気強く練習してみて下さいね!

ビブラートのエクササイズ

エクササイズ

STEP

犬がハッハッハッハッと息をするのを真似してみて下さい。

まだ声はださなくて大丈夫ですよ(^^)

みぞおちの下のあたりが動くことが分かると思います。

STEP2

STEP1をクリア出来たら、今度は息に声をのせていきます。

ハッハッハッからアッアッアッに移行してみて下さい。

注意点は

a.    STEP1で習得したお腹の動きをしっかりと保つ

b.    スタッカートのようにしっかりと区切って発声する

ことです。

STEP

STEP2のアッアッアッをつなげてみる

具体的にはアァアァアァのように声を押して引くことを訓練していくということです。

注意点は

a.    喉だけで声の強弱をつけるのではなく、お腹を使うことを意識する

b.    お腹の揺れを保ちつづける

ことです。

慣れないうちはゆっくりとしたスピードで練習してみて下さいね。

STEP4

課題曲にとりいれる

ヘッドホンなどでしっかりと課題曲を聴き込み、どこでどのようにビブラートが使われているのかを分析します。

分析し終えたら、曲を流したまま一緒に歌ってみます。

ここではしっかりとその歌手の模倣をすることが大事です。

ビブラートを曲のどこで使ったら効果的なのかを徐々に理解できるようになると思います(^^)

ビブラートを習得するメリット

ビブラートを習得すると、

表現の幅が広がる

ピッチをあわせやすくなる

などのメリットがあります。

表現の幅が広がるのは分かるけどピッチをあわせやすいのはなんで?と思う方もいらっしゃると思います。

ピッチが合わせやすい理由は、意図した音程の上下を自然とビブラートの波が覆ってくれることでピッチのわずかなブレがわかりにくくなることにあります。

たとえば、ロングトーンで声をだしていれば誰でも声に多少のブレが生じます。

しかし、ここに自然なビブラートがきれいにかかっていれば声のブレを補正してくれるメリットがあるわけです(^^)

まとめ

ビブラートは簡単なようで奥が深く、まだまだ分かっていなことも多い分野ではあります。

しかし今回ご紹介したエクササイズを定期的に続けていくことにより、より自然で美しいビブラートをコントロールできるようになっていきます。

是非練習してみて下さい!

今回は以上です!

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。




コメントを残す

*