エッジボイスで高音を出せるという誤解について超解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(※この記事は2018年10月11日に更新されています。)

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

今回は、エッジボイスで高音を出せるという誤解というテーマでお話していきます。

「エッジボイスで高音をだせるって聞いたけど本当?

出し方は?エッジボイスについてよく知らないから教えろコラ。」

こんなあなたの疑問に答えます。

※当スクール繋声~mastering mixedvoice~は

学校教師・塾講師・セミプロ歌手・プロ歌手・ビジネスマン

など声を使う様々な方にご愛顧いただいております。

記事の信頼性担保に繋がるかと思います。

1.エッジボイスとは

エッジボイスとは通常の声帯閉鎖をサポートする外甲状披裂筋が

主に主体となって働くときの声の種類のことで、「ガラガラ、ブツブツ」とした音が特徴です。

【参考音源:エッジボイス】

順次掲載予定です

 

2.エッジボイスで高音を出せるという誤解について

エッジボイスを発声することがそのまま高音の発声に繋がるという誤解について解説していきます。

 

2-1エッジボイスだけで高音を出せるようにならない理由

エッジボイスだけで高音を発声できるようにならない理由は

外甲状披裂筋の働きにあります。

先ほどもご説明した通り、外甲状披裂筋は地声発声で主に使用される披裂筋群をサポートする

役割を担っており、声帯を閉じる役目を果たします。

したがってピッチを変更したり、高い音を出すために必要な声帯を伸展(伸ばすこと)させる

役割を果たすことはありません。

そもそも高音とはあまり関係がない筋肉なのです。

よってエッジボイスを練習したところで高音発声の改善がみられることはないと考えられます。

 

2-2「俺はエッジボイスで高い声だしやすくなったよ?」に簡単に答えます。

エッジボイスは高音に関係ないといった主旨のことを書いていますと、

おそらく「俺はエッジボイスで高い声でるようになったけどね。インチキボイストレーナーめ!」

と思われる方がいるかもしれませんので解説させていただきます(笑)

結論からお話すると「エッジボイスを練習して、発声に無理やりとりいれることで

高い声を悪い状態で発声できるようになることがあります。」です。

 

なぜ悪い状態なのか。

それは、声帯を適切に閉鎖する閉鎖加減を大幅に超えてさらに閉鎖することで

声帯振動数を上げ、高い声を出しているからです。

難しいですね。

 

ここを理解するには声帯と高音の関係を理解する必要があります。

[声帯と高音の関係]

声帯は伸ばすことでも高音がでますし

過度に緊張させて閉じることでも高音がでます。

どちらにしても振動数があがるからです。

振動数を稼げれば稼げるほど高い音が出ます。

 

ということで、本来は声帯をしっかりと伸ばして

高音を発声すべきなのにもかかわらず過度声帯をとじて

高音を発声することを可能にしてしまうのがエッジボイスという言い方もできるでしょう。

 

エッジボイスを練習して高い音がでてしまったあなた。

こんな症状はありませんか?

 

・高音で極端に声がほそくなる

・声がキンキンする

・金切り声でしか高音を発声できない

・息漏れの裏声を発声しようと思ってもキンキンした強い裏声がでてしまう

 

 

当てはまったあなたは、上記のような理由があるからなのですよ!

練習法を一から改めてくださいね!(笑)

まずはこの記事をご覧なることからはじめてください。

[保存版]ミックスボイスを出す練習方法や仕組みを超解説

 

3.エッジボイスの発声方法

エッジボイスの発声方法をお伝えしていきます。

3-1地声を極限まで低くしていく

地声を極限まで低くしていくことで、エッジボイスを発声できることがあります。

普通は、地声の低音域で「限界だ」と思う音域にさしかかるとストッパーのような壁を

感じると思います。

そこを何とか我慢してさらに低音域をなんとか発声するイメージです。

文字での説明は難しいですねw

 

【参考音源:地声を極限まで下げてエッジボイスにつなげる】

順次掲載予定です

 

3-2息を止めた状態で小さく地声発声→エッジボイス

息を止めた状態から小さく地声を発声していくことでエッジボイス

の発声に繋げる方法もあります。

※参考音源は気持ち悪いです。

お食事中のあなたは十分気を付けてくださいね。

 

①まずは息をはいてそのあと息をとめましょう。

 

【参考音源:息をはいて息をとめる】

 

②次に息を止めた状態から小さく地声を発声してみましょう。

 

【参考音源:息を止めた状態から小さく地声を発声する】

 

 

このとき、あまり大きな声で地声を発声しないように気をつけてくださいね。

おそらく、普通の地声発声になるかと思うからです。

イメージとしては息をせき止めつつ、小さく地声を発声するといった感じです。

 

4.エッジボイスは謎だらけ

エッジボイスは謎だらけです。

具体的には、

エッジボイス(=シュナル)をレジスターとして認定すべきか

というところが大きな問題かなと考えています。

レジスターとは声区のことでして、車でいうところのギアのようなものと考えていただければと思います。

エッジボイスを地声の低音域として認定してよいのか、

それとも独立した声区として地声とは分けるべきなのか今のところ明確には解明されていません。

エッジボイスを発声する際に主に働く

外甲状披裂筋がどくりつして働くかどうかが分かっていないからです。

これ以外にもエッジボイスには不明な点が沢山あります。

少しでも新しい発見がありましたら、その都度ブログを更新しますので

どうかこれからもよろしくお願い致します。

 

5.まとめ

この記事のポイントをまとめます。

 

・エッジボイスとは通常の声帯閉鎖をサポートする外甲状披裂筋が主体となって働くときの声の種類

・エッジボイスの練習法として、息をとめて小声で地声or地声を限界まで下げる方法がある

・エッジボイスは外甲状披裂筋という地声系の筋肉の作用によるものなので、高音発声の改善策にはなりえない

・エッジボイスは解明されていない部分が多く注意深く情報を見ていく必要がある

 

エッジボイスと検索をかけるとこの記事も含めいくつもの記事をみつけることができますが

どの情報が正しいのかをきちんと見極めてくださいね。

今回は以上となります。

最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料カウンセリング:最速でミックスボイスを手に入れる全手法

繋声~mastering mixedvoice~では、Skypeでの無料カウンセリングをご用意しました。

”あなただけのための”カスタマイズされた濃密なノウハウ

をすべて無料にてご提供しています。

発声のお悩みをじっくりとヒアリング

あなたの発声の状態を詳しく診断

あなたの発声の状態に最も効果のあるエクササイズを「すべて」提供

ミックスボイスを習得するために必要なこと・やってはいけないことをわかりやすく伝授

「スクールの説明だけで、何にも有益な情報を得られなかった!」

こんな経験をされた方は是非、繋声~mastering mixedvoice~の無料カウンセリング

に参加してみてください。

理論に基づいたあなた専用のトレーニングに、きっと感動していただけるはずです。


無料で悩みを相談してみる

SNSでもご購読できます。




コメントを残す

*