ATSUSHIさんの歌い方や発声をプロが解説。【解説音声付き】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ボイストレーナー のたいとです。

 

今回は、リクエストいただいた「ATSUSHIさんのように歌う方法」をプロのボイストレーナーの視点で解説します。^^

 

ATSUHSIさんのように歌えるポイントを、3つにまとめましたので、

ぜひ、最後までご覧ください。^^

 

ポイント① 美しすぎる究極のミックスボイス(高音)

ATSUSHIさんといえば、美しすぎるミックスボイスで有名です。

 

ミックスボイスとは、地声から裏声までスムーズに一本に繋がる技術です。

 

このミックスボイスを習得できると、低音から高音まで声がひっくり返ったり、

張り上げたりしないで綺麗に楽な体感で歌えるようになります。

 

【参考音源:ミックスボイス】

※音量注意!

 

とはいえ、これだけ聞いても「頭がおかしいなお前w」で終わっちゃうので、

 

実際にミックスボイスで歌ってみました。笑

まずはミックスボイスで歌うイメージをできることが大切ですので、ぜひ聞いてみてください。

 

※イヤホンがあればイヤホンをすると聞き取りやすいので、よりミックスボイスのイメージが掴みやすいと思います。

 

【参考音源:ミックスボイス1】

 

【参考音源:ミックスボイス2】

 

「え?普通に歌っているだけやんw」

 

と思うかもしれませんが、このくらいの音域になると、

普通の男性なら、大きな声で苦しそうな声になることがほとんどだと思います。

(それか、そもそも声が出ない)

 

ATSUSHIさんのように透明感のある声で歌うには、ただ声が出るだけではなくて、

”余裕感のある高音”で歌わないといけないので、

しっかり地声と裏声が混ざった声”ミックスボイス”を習得していきましょう。

 

練習方法

正直、ここで語り尽くせる量じゃないのですが、一番やりやすい練習法を持ってきました!笑

ぜひ、試してみてください。

 

ミックスボイスは一瞬で習得できるほど簡単じゃないの、今できなくても諦めないで練習を続けてくださいね。

 

さて、音源の真似をして、”小さな地声”で声を出してみましょう。

 

【参考音源:小さな地声】

 

この時、裏声になっちゃダメです。

そして大きな地声になってもダメです笑

 

裏声でもなく、大きな地声でもない小さな地声で保つのです。

 

正直死ぬほど難しいのですが、ATSUSHIさんは余裕でやってのけますから、

あなたもできるようになりましょう!!笑

 

そして、これができるようになったら、歌で試します。

細かいことは全部音声で解説したので、音声を聞いてみてください。

 

【参考音源:ミックスボイスを歌に活かす】

ポイント②:ウィスパーボイス の帝王

ATSUSHIさんは、息を多く含んだ声の出し方をよくします。

 

この息がたくさん漏れたような声の出し方を「ウィスパーボイス 」と言いますが、

これをマスターできると、ATSUSHIさんのようにセクシーな歌い方で歌うことができるようになります。

 

【参考音源:ウィスパーボイス 】

 

【参考音源:普通の声】

 

ウィスパーボイス の方が、息が混じったようなセクシーな声に聞こえますよね。

もちろん、いつでもこの声で歌えばいいわけじゃないですが、使えるようになっておくと表現の幅が増えます。

 

では、練習法をご紹介します。

 

STEP① ため息をつく

「あーあ、、やらかしちゃった」と思いながら、深いため息をつきましょう。笑

 

【参考音源:深いため息をつく】

 

STEP②    ため息に声をのせる

【参考音源:ため息に声をのせる】

 

ため息に、声を少しだけのせてみましょう。

 

STEP③ 歌ってみる

STEP②の声で歌ってみましょう。

 

【参考音源:歌ってみる】

 

これができれば、あとは練習して完成度を高めていくのみです。

ポイント③  美しいビブラート

ビブラートとは、声を揺らすテクニックですが、

ATSUSHIさんは、ビブラートもかなり美しく正確にかけることができるアーティストさんです。

 

ぜひ練習しておきましょう。

まずは、ビブラートがどんなものか音源で確認しておいてくださいね。

 

【参考音源:ビブラート】

後半で声が揺れているのが分かると思います。

 

STEP① 裏声でゆっくりと声を揺らす

裏声「う」でゆっくり声をゆらしてみましょう。

【参考音源:ゆっくり声を揺らす】

 

STEP② 徐々に早くする

徐々に早くしましょう。

【参考音源:徐々に早くする】

 

STEP③ 地声で練習する

最後に、地声でビブラートをかける練習をしましょう。

【参考音源:地声でビブラート】

 

ビブラートを自由にかけられると、より歌が魅力的に聞こえるので、ぜひ練習してみてくださいね!

 

今回は、以上となります。お疲れ様でした。^^

圧倒的な歌唱力を手に入れよう

無料オンライン講座読者様600人突破記念として、

喉を自由にし、圧倒的な歌唱力を手に入れるボイトレの教科書「SBM Regular」を無料でプレゼントしています。

 

力強い高音発声の習得方法

美しいミックスボイスの習得方法

声量のあるパワフルな声の構築方法

美しいビブラートのかけ方

何曲歌っても声が枯れない方法論

 

このような理想の発声を手に入れるためのノウハウを12本の動画講座に詰め込みました。

 

自由な発声を目指したい方は、ぜひお気軽に無料講座を読んでみてくださいね。


無料で教科書を読んでみる



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 0 件のコメントが寄せられています。
動画講座プレゼント
圧倒的な歌唱力を手に入れよう。
動画講座プレゼント
圧倒的な歌唱力を手に入れよう