ベルティングを習得するための◯◯◯。

こんにちは、ボイストレーナーの金子太登です。

 

今回は、ベルティングボイスを習得するために必要なこと〇〇◯を解説します。

 

この講義をご覧いただければベルティングボイスの仕組みが分かり、そのためにどのようなことをしていけばいいのか理解できるようになります。

 

ぜひ最後までご覧くださいね。

 

 

1.ベルティングの仕組み

 

まずベルティングの仕組みについて解説します。

 

ベルティングは、必要最小限裏声の筋肉群を働かせることができる仕組みです。

 

ミックスボイスは、徐々に裏声の筋肉と地声の筋肉をバトンタッチすることが特徴でしたが、

 

ベルティングは、高音までいっても地声の筋肉をたくさん働かせたままの状態をキープしています。

 

ただし、完全に地声の筋肉だけでは裏声領域まで辿り着けないので、裏声の筋肉も”必要最小限”働かせてあげるということです。

 

こうするこで、あなたが発声できる裏声の最高音付近まで、地声の延長のような声で発声することができるわけです。

 

 

2.ベルティングには〇〇◯が必要

 

ベルティングに必要な要素。。

 

それは、”自動化”です。

 

理由は簡単で、一度自動化すれば、あなたは何も意識することなく地声で歌って高音を発声するだけで、

ベルティングを発声することができるからです。

 

 

先ほど、僕はベルティングは必要最小限裏声の筋肉を働かせることだとお話しました。

 

そして、これは意図的にすることではありません。(というよりも意図的に必要最小限の裏声を働かせよう!とすることはできません笑)

 

 

だからこそ、事前に適切なボイストレーニングによって、

何も考えず地声で歌っても張り上げにならないだけの、裏声の筋肉が働くような仕組みを作っておくことが大切なのです。

 

そして歌うときは、喉という仕組みが、勝手にその音程にあった必要最小限の裏声の筋肉を働かせてくれるということです。

 

 

結果として、あなたは普通に地声で高音を発声しようとするだけで、勝手に必要最小限の裏声の筋肉が働くので

極論、どんなに適当に張り上げようが、「ただの地声張り上げ」になる恐れはないということです。(強い張り上げたベルティングになります)

 

 

僕や僕の生徒さんもそうなのですが、一度自動化された喉を手にすると、どんなに派手に張り上げても、

自動的に裏声の筋肉が必要最小限使われるようになっています。

 

 

これは僕が意識してないところで、事前に構築しておいた喉が自動的に調整してくれているからです。

 

 

だからこそ、普通に声を出しているだけでも、ただの地声張り上げになる心配がなくベルティングできますし、

 

優しく歌いたいときはほんの少し声量を下げれば

自動的に裏声の筋肉の働く量が増えるので、ミックスよりの声にすることもできます。

 

こういった仕組みを作ることで、歌手のような自然で地声のような声を手に入れることができるので、

 

ベルティングの習得には、必要最小限の裏声の筋肉が”自動的に”働く仕組みを作ればいいと覚えておいてくださいね。^^

 

 

まとめ

この講義のまとめを行います。

 

・ミックスボイスは地声の筋肉と裏声の筋肉がスムーズに入れ替わる仕組み

 

・ベルティングは、裏声の筋肉が”必要最小限”働く仕組み

 

・そして、その仕組みは適切なトレーニングで自動化することで、ただ地声で歌っているだけで地声のような声で裏声の最高音付近まで発声できるようになる

 

 

今回も非常に重要な考え方をお伝えしました。

 

分からないところはどんどん質問してくださいね。^^

 

最後までご覧いただきありがとうございました。