地声で高音を発声する方法

こんにちは、ボイストレーナーの金子太登です。

 

今回は、地声で高音を発声する考え方を解説します。

 

地声で高音を発声する2つのポイント

 

 

1.喉の自動化する

2.ベルティングボイスを習得する

 

 

1.は今僕たちが必死に取り組んでいる喉の自動化です。

 

これをご覧になっているあなたは、喉を自由にすることの重要性に気づいている方なので

あえて説明することでもないのですが、

これは、全ての土台。大前提です。もうこれなしには何もできないです笑

 

喉そのものを自由にすることで、どんな技術にも対応できる揺るぎない喉を構築すること。

 

これがあるからこそ、どんな技術も習得できる土壌となるわけです。

 

 

 

で、2つ目のベルティングボイスですね。

 

 

こちらは、地声感を残したまま、高音を地声のように発声するテクニックです。

 

 

ミックスボイスの応用技術だと思っていただければ大丈夫です。

 

違いが分かりづらいと思いますので、ミックスボイスとベルティングボイスを比較してみましょう。

 

【ミックスボイス】

 

 

【ベルティングボイス】

 

違いは一目瞭然ですね笑

 

ミックスが強い裏声的な声に変化しているのに対して、

ベルティングは低音域の地声を思いっきり高音まで引っ張っているように”聴こえる”発声です。

 

(実際は完全な地声を引っ張っているわけではありません。それではただの地声の張り上げです汗)

 

2.プロ歌手はベルティングの要素を取り入れている

 

ほとんどのプロ歌手って、力強く歌う 優しく歌うなど それぞれの個性はあるものの、

地声(もしくは自然な声)で歌っているように聞こえませんか?

 

素人の方で見かけるような「あ!ミックスボイスだ!」って分かるような声って少ないと思うんですよね。

 

理由は、単純で

 

ほとんどのプロ歌手(特に男性アーティスト)は、

ベルティングで歌っているか、ミックスにベルティングの要素を取り入れて歌っているからです。

 

例えばわかりやすい例を挙げますと、

 

Takaさん

 

TAKUYAさん

 

藤原聡さん

 

hydeさん

 

松崎しげるさん

 

こういったいかにも「地声!」といった感じのアーティストさんは、ベルティングで歌われています。(TAKUYAさんと藤原さんはミックス寄りです)

 

 

ミックスを綺麗に発声できていたとしても、ミックスの性質上どうしても高音は裏声チックな声になるので、

 

歌手のような自然で「え、地声なの?」といった声で歌うことが難しくなってしまう理由がここにあるわけですね。

 

 

しかし、こういうと、「スピッツの草野さんは?」 「平井堅さんは?」 「EXILEのATSUSHIさんは?」 「AAAのNissyさんは?」   人気の歌い手さんは?

 

「優しく歌っている方たちもベルティングなのか?」

 

と思いますよね。

 

確かに、この方達はゴリゴリのベルティングではありません。

 

 

しかし、ベルティングを発声できないと、この方達のように「透明感があるのになぜか地声に聴こえる。。」といった声で歌うことはまず出来ません。

 

 

なぜなら、こういった柔らかく美しく自然な声は、”ベルティングをミックスに活かすことで”発声できるようになるからです。

 

 

具体的には、地声のような高い声で力強く発声できる能力があった上で、

 

”あえてそれを少し抑えて歌う”ことで、柔らかく自然な声で歌っているイメージなのです。

 

だからこそプロ歌手の声は、柔らかい声であっても、自然な地声のような発声に聴こえるのです。

 

 

ですから、平井堅さんやスピッツの草野さんは裏声ミックス

 

 

みたいに言われることがありますが、全く持ってそんなことはありません。

 

ほとんどのプロ歌手は、純正の基本的なミックスを発展させたベルティングボイスを活かして歌われているのです。

 

 

まとめ

今回の講義のまとめです。

 

 

・プロ歌手のように歌うには、基本のミックスに加えて応用テクニックであるベルティングを習得する必要がある。

 

・ベルティングを習得したら、そのままベルティングで歌う(松崎しげるさん系)か

ミックスに活かす(スピッツの草野さん系)かはあなたの自由。

 

 

(ベルティングで歌うと「地声にしか聞こえん!かっこいい!」というイメージになる分、透明感は失われる傾向に。

ミックスに活かせば、「なんでそんなに美しい地声が出るんだ!」という透明感は出せるものの、若干地声感に欠ける傾向に。(それでも地声に聞こえますが) これは好みです)

 

 

 

これらの考え方を知っていると、一気に見える世界は変わります。

 

ぜひ覚えておいてくださいね。

 

最後までご覧いただいてありがとうございました。