僕は歌が上手い人が大嫌いでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!ボイストレーナーの金子太登です。

今回は、なかなか衝撃的なタイトルですが、僕が昔感じていたことなのでお話します。

 

僕は元々高音発声できない+音程取れないの2重苦で、それが嫌すぎてボイストレーニングを始めた人間です。

ボイストレーニングを始めた頃、僕は中学2年生。お金もないので、ネットで発声について学ぶのが精一杯でした。

 

もちろんそんな練習では全く上手くならず、上手くならないことも分かっていたのですが、

どうしても歌が上手くなりたくて練習を続けていたんですね。

 

そうやって頑張っている時にこそ、励ましてくれる存在が欲しいものですが、僕の場合は真逆の出来事が起こります。笑

 

 

ある日学校帰りに、数少ない友達の1人とカラオケにいったわけですが、

そこで友達が歌った Aqua Timezさんの「千の夜を越えて」がメチャクチャ上手だったわけです。

 

 

さらにドヤ顔ときました笑

 

さらにさらに、僕が歌う時は、「もっと力抜いたほうがいいよ〜」とかヘラヘラ笑いながら余計なお世話までしてくるのです。

 

 

もう悔しさを通り越して、悲しくなりましたね。

 

「なんでこっちはこんなに練習しているのに、適当に歌って練習していないあいつの方が上手いんだろう。。」

 

 

そんな事件もあり、その後一時期、発声練習をやめてしまい、歌が上手い人のことが全員大嫌いになりました。

 

 

プロの歌手も含めて全員です。w

 

「歌が上手だからなんだ。あんなかっこつけて歌って。高音出しているだけじゃん!」

 

 

そう妬んでいる自分が一番惨めなことは分かっていたのですが、そう思い込んでおかないと、なんとか保っていた自分の自尊心が今にも崩壊してしまいそうだったのです。

 

本当は、高い声で歌いたいのに。気持ちよく楽に声を出して皆を驚かせたいのに。

 

「別に」と言って素直になれないのです。

 

そうなると、「素直さ」のかけらもありませんから、誰からも素直に教わろうとしませんし、興味のあるボイトレ本や教材を見つけても、当然見向きもしません。

 

(そのおかげで後に声が悪化して、長期の休養を余儀なくされるとも知らずに。。)

 

そりゃ上手くなるわけないですよね笑

 

でも、今はとても幸せです。 僕の発声を変えてくれた文献や恩師との出会いを経て、昔の僕からは到底考えられないほど声が出るようになったわけですからね。

 

もちろん僕のトレーナーの仲間やクライアントさんで歌が化け物級に上手い人はたくさんいるわけですが、

以前の僕と違い、刺激を受け「もっと頑張ろう!」と思えるようになっています。

そんな日々が最高に楽しいですね。

 

だから、あなたにもこの喜びを知っていただきたいな〜と常々思っています。

 

楽しいことが多いと、一気に人生希望に満ち溢れます。

是非僕と同じように他人の批判や悪口ばかり言って、何も行動できていない人が

 

何かしらのきっかけを経て、変われたらいいなあと思って、黒歴史も含めて書き散らしました。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 0 件のコメントが寄せられています。