ミックスボイスとは|ミックスの全てを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

 

今回は、僕が考えるミックスボイスについて詳しくお話をしていきたいと思います。

 

ミックスボイスに対する正しい認識をもっているかそうでないかで、練習の効率が大きく変わってきます。

 

是非、この記事を最後まで読んで正しい知識を身につけてくださいね。

 

1ミックスボイス

 

謎の多いミックスボイスについて簡単に説明していきたいと思います。

 

理解することもボイトレの第一歩!

 

1-1ミックスボイスとは

 

 

ミックスボイスとは低音域から高音域までを音色の差を感じさせず

 

発声することができる「状態」をいいます。

 

低音域で用いる地声から徐々に声を持ち上げていったときに、

 

ひっくり返ることなく高音域の裏声(芯のある地声にきこえる裏声)に移行できる状態

 

ということも出来ると思います。

 

多くの方は、この音程までは「地声」!この音程からは「裏声」!といった具合に

 

地声と裏声を分けて使っているのではないかと思います。

 

しかし、地声と裏声が完全に分かれてしまっている場合は

 

高音域を地声で発声しようと思うと辛く、

 

裏声を使うと極端に弱々しい声になってしまう

 

ということが起こってしまいます。

 

こういった事態を防ぐために、ミックスボイスを習得することには大きな意味があります。

 

 

1-2ミックスボイスのメリット

 

 

ミックスボイスを習得することによるメリットは次のようなものが挙げられます。

 

  • どの音域においても地声の音色を保ったまま発声できる

 

  • どの音域においても音量を自由に調節できるようになる

 

  • 声帯を適切に使っているため、呼気量も適切に調整され、一息で長く歌うことができる

 

  • 声が枯れにくくなる

 

などなど挙げればきりがないほどのメリットがあります。

 

「なーんだ!じゃあ今度カラオケ行くとき使ってみよ~!」

 

と思ったそこのあなた!

 

このミックスボイス、習得することがとーーーーーーっても難しいんです。

 

完成度が高いミックスボイスを完成させるためには数年かかることも普通にあります。

 

でも、心配しないでくださいね。このサイトに書かれていることを丁寧にこなしていけば、

 

必ずミックスボイスを習得することは可能になります。

 

 2基本的な声帯の仕組みを理解しよう

 

この章では、簡単に声帯の仕組みをお伝えできればと思います。

 

ミックスボイスを発声しているときの声帯がどのようになっているのかを想像しながらこのお話を読み進めていっ

てくださいね。

 

2-1声帯とは

 

 

声帯とは喉頭(声帯が住むお家)の中に入っている2枚のヒダのことです。

 

この2枚のヒダが呼気によって振動することで音が発声されるわけですね。

 

この2枚のヒダがあるから、人間は話したり、歌ったりすることができるわけです。

 

本当にありがたい(笑)

 

 

2-2ミックスボイス発声時の声帯の動き

 

 

ミックスボイスを発声しているときの声帯の動きを解説していきたいと思います。

 

声帯は低音では振動数は少なく、高音では振動数は多くなります。

 

これは弦と同じなので、想像しやすいと思います。

 

では、どのように振動数を変化させているのかというと、

 

基本的には

 

声帯の長さを調節することで振動数を変化させています。

 

低音域では、振動数は少ないので声帯を長く使う必要があります。

 

高音域では、振動数は多いので声帯を短く使う必要があります。

 

つまり、低音域では声帯を長く、そして徐々に高音に向かうにつれて声帯を短くしていく段階のことを

ミックスボイスと呼んでいるということです。

 

2-3声帯を上手く使えない人が多い

 

 

声帯を上手く使うことができない人は多いです。

 

2-2でもお話しましたが、

 

低音から高音に向かうにつれて、声帯を「徐々に」短くしていくことがミックスボイスなのだということでした。

 

しかし、声帯が徐々に短くなっていく過程で、大きく声帯が短くなるポイントがいくつか存在します。

 

この存在を喚声点・ブレイクポイント・セグメント・ブリッジなどと呼びます。

 

この声帯が大きく変化するポイントで上手く声帯をコントロールできないため、

 

  • 地声で高音を張り上げてしまう

 

  • いきなり声がひっくり返る

 

などの症状がでてしまうわけです。

 

 

3声帯を引き伸ばす筋肉の存在

 

 

声帯を引き伸ばす筋肉についてお話していきます。

 

この筋肉の存在を知ることが出来たおかげで、僕のボイトレに対する考え方は変わり、

 

発声をいい方向へと導くことができました。

 

このブログをご覧になっている皆さんのボイトレに革命が起きるかもしれませんよ!

 

-1輪状甲状筋

 

 

輪状甲状筋という声帯周りの筋肉についてお話していきます。

 

輪状甲状筋は声帯を薄く引き伸ばすための筋肉と考えていただければ

 

分かりやすいかなと思います。

 

「輪状軟骨」「甲状軟骨」という組織をつなぐ筋肉でもあります。

 

この筋肉は普通に生活をしている場合、鍛えられていない方のほうが多いです。

 

その理由は、男性は特に言える事ですが、日常会話などで使う声は基本的には地声です。

 

輪状甲状筋は裏声を発声することで鍛えられる筋肉なので

 

普段地声で発声している場合にはほとんど鍛えられていない場合が多いのです

 

稀に女性で、普段から裏声よりの声で話している方がいますが、その場合輪状甲状筋が鍛えられていることがあります。

 

しかし、その場合は反対に地声系の筋肉である甲状披裂筋という筋肉が未発達であることが多い為、低音域の発声

 

に問題があることがあります。

 

 

3-2ミックスボイスと裏声と輪状甲状筋

 

 

ミックスボイスと裏声と輪状甲状筋。この3つのキーワードが頭の中でごちゃごちゃになると、

 

正しいボイストレーニングをすることはほぼ不可能になってしまいます。

 

ミックスボイスはこの記事でも述べた通り、

 

低音域から高音域まで音色の差を感じさせず(声が裏返ったりすることなく)発声できる「状態」

 

であるということはもうご理解いただけましたね。

 

裏声はここでは皆さんが想像する

 

か細くて息漏れの多い弱々しい声という認識でOKです。

 

輪状甲状筋も先ほど説明させていただきましたが、声帯を薄く引き伸ばす筋肉であるということでしたね。

 

ミックスボイスを徐々に完成させていく上で、

 

輪状甲状筋が未発達な場合は

 

輪状甲状筋を裏声を発声する事によって鍛えましょうというのが僕の考えなわけです。

 

しかし、どういう訳か

 

  • 裏声をミックスボイスにする

 

  • 裏声を地声と混ぜる

 

といった裏声を直接ミックスボイスに結び付けるような解釈が

 

ボイストレーニングの主流になってしまっている現状があります。

 

僕の他の記事でもお話させて頂いていますが、裏声をどうにかしたところで強い裏声になるだけです。

 

ックスボイスになることは永遠にありません。(笑)

 

僕は、裏声にエッジボイスをかける練習をしていましたが、

 

今思えば時間を返してくれといいたいです(笑)

 

4コラム ミックスボイスは「裏声」?「地声」?

 

 

ミックスボイスは裏声であるとか地声であるとか様々な意見がネットには飛び交っています。

 

しかし、ミックスボイスは地声から裏声までをスムーズにつなぎ、音色の差を感じさせない技術だと僕は考えています。

 

そのため、地声であるとか裏声であるとかそういう議論はなんかおかしいなと感じています。

 

ミックスボイスというとんでもなくカッコいい名前(笑)が

 

魔法のような発声なんじゃないかという印象を植え付けてしまったのかもしれませんね。

 

5ミックスボイスを習得するまでの期間

 

 

ミックスボイスを習得するまでの期間についてお話していきたいと思います。

 

5-1ミックスボイス習得の期間の個人差

 

 

ミックスボイス習得の期間は人によって個人差があります。

 

その理由として様々なことが考えられますが、

 

大きなものとして

 

声帯周りの筋肉の発達具合

 

が挙げられると思います。

 

声帯周りの筋肉といっても沢山の筋肉があるので、一概にはいえないのですが、

 

主に裏声系の筋肉である輪状甲状筋と地声系の筋肉である甲状披裂筋の2つの筋肉の発達具合が

 

ミックスボイスの習得に大きく関わっているということができそうです。

 

では例をみてみましょう。

 

【例1】 普段から歌が好きで週に1回カラオケで歌を歌うAさん

 

地声で歌を歌っていて甲状披裂筋がある程度鍛えられ、ファルセットボイス(純粋な裏声)

も使用するため輪状甲状筋も少し働かせることが出来る状態。

 

 

【例2】 歌を聴くことは好きではあるものの、なかなか歌を歌う機会が少ないBさん

 

歌を歌う機会が少ないため普段会話で用いる最低限の声帯周りの筋肉しか鍛えられておらず、輪状甲状筋・甲状披

裂筋ともに脆弱な状態。

 

とまあこんな単純にはいかないでしょうが(笑)

 

イメージとしてとらえてくださいね!

 

では、この二人が同時にそれぞれの喉の状態にあった適切なボイストレーニングを実施したとします。

 

どちらが先にある程度質の高いミックスボイスを習得できるでしょうか。

 

絶対とは言い切れないですが、恐らくAさんであると推測できますよね。

 

その理由として、

 

スタートラインで、すでにある程度歌に必要な筋肉が鍛えられた状態

 

ミックスボイスが発声されるまでに必要な筋肉の養成・調整にかかる時間がBさんより少ない

ということが大きいです。

 

ただ、例外として歌を長年歌ってこられた方のほうが

 

ミックスボイスの習得に時間を費やしてしまうなんてこともあります。

 

例えば

 

喉締め張り上げで長年歌ってきたCさんの場合

 

自己流の悪い癖が染みついてしまっていて、悪い癖を取り除くところだけでかなりの時間が必要になってしまう可能性があるからです。

 

それならば、悪い癖がついていないBさんの方がマシということになってしまいますよね。

 

個人の喉の状態なので様々なケースがあり、このような例外もありますが参考になりましたでしょうか。

 

5-2ミックスボイスを最短で習得するには

 

 

ミックスボイスを最短で習得するには、人それぞれ違う喉の状態を適切に分析し、

 

それにあったエクササイズを処方してあげることが一番です。

 

また、間違ったエクササイズ(ここでの間違いとは裏声エッジ・鼻腔共鳴などの理にかなっていないもの)をしている場合はもうめっちゃくちゃミックスボイスから遠ざかる場合もあります(笑)

 

ですので、正しい知識を持ち、声の状態を適切に分析することができるボイストレーナーについてある程度の期間をかけてじっくりとボイストレーニングに臨むことをおすすめします。

 

しかし、経済的な事情などでボイストレーニングに通うことが難しいという方も多いと思います。

 

その場合には、僕の他の記事の内容をよく読んで頂いて、ご自分の声を録音していただいて

 

トレーニングをされることをおすすめします。

 

6ミックスボイスを聴いてみよう

 

 

ミックスボイスを聴いてみよう…このタイトルがめちゃくちゃおかしいことは分かっています(笑)

 

なぜなら低音から高音まで一本化された状態がミックスボイスなので、

 

どこからどこまでがミックスボイスといった風に「ミックスボイス」を切り取って聴いてみるということは不可能だからです。

 

しかし、インパクトのあるタイトルをつけたいという悪魔のささやきに負けました(笑)

 

許してください!

 

6-1ミックスボイスのお手本

 

 

CHEMISTRYの堂珍義邦さん

 

 

 

 

これはShoutという曲ですが、ミックスボイスの完成度が高すぎますね(笑)

 

特に聴いていただきたいのが0:55の「あまりに眩しすぎる」「あまりにまぶ」です。

 

ここはおそらく二つ目のブレイクポイントをまたいでいると思いますが、あきらかに低音の響きとは

 

違うことが分かると思います。

 

しかし、低音から高音まで裏返ることなく一本化されているため地声で無理なく発声しているように聴こえます。

 

 

ONE OK ROCKTAKAさん

 

 

 

 

 

 

 

常に安定した歌声のTakaさんですが、Takaさんも例外なくミックスボイスを自由自在に使いこなしています。

 

AdeleHelloという曲のTakaさんのカバーですが、特に4:37の箇所に注意して聴いてみてください。

 

「But it don’t matter」don’t」は基本的にはファルセット(純粋な裏声)でも男性にとっては高い音程です。

 

しかし、Takaさんは力強く地声の響きで発声していますよね。

 

この音域を純粋な地声で発声することは当然ですが無理です。

 

しかし、ミックスボイスで発声する事で(このクオリティで発声するには相当な練習が必要

 

ですが)

 

このように力強く発声することが可能になります。

 

今回は男性の日本人アーティストを二人紹介させていただきましたが、

 

今後もアーティスト分析的なものもブログの内容に盛り込んでいく予定ですので

 

楽しみにしていてくださいね(笑)

 

 

7まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回はミックスボイスがどのようなものかといことに焦点をあててみました。

 

まとめると

 

  • ミックスボイスは低音から高音まで裏返ることなく、音色の差を感じさせない状態

 

  • 輪状甲状筋と甲状披裂筋がミックスボイスの習得に大きく関わっている

 

  • ミックスボイス習得の期間には個人差がある 最短で習得するには正しい知識や練習法

 

 

 

 

ということでした。

 

今回の記事でも難しい内容を扱ったため、難しくて分からないというかたもいらっしゃる

 

かもしれません。

 

その場合は遠慮なくコメント欄を利用して、質問していただければと思います。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

無料カウンセリング:最速でミックスボイスを手に入れる全手法

繋声~mastering mixedvoice~では、Skypeでの無料カウンセリングをご用意しました。

”あなただけのための”カスタマイズされた濃密なノウハウ

をすべて無料にてご提供しています。

発声のお悩みをじっくりとヒアリング

あなたの発声の状態を詳しく診断

あなたの発声の状態に最も効果のあるエクササイズを「すべて」提供

ミックスボイスを習得するために必要なこと・やってはいけないことをわかりやすく伝授

「スクールの説明だけで、何にも有益な情報を得られなかった!」

こんな経験をされた方は是非、繋声~mastering mixedvoice~の無料カウンセリング

に参加してみてください。

理論に基づいたあなた専用のトレーニングに、きっと感動していただけるはずです。


無料で悩みを相談してみる



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

【無料】ボイトレ無料カウンセリング
あなたに合ったトレーニングを。
無料カウンセリング
カスタマイズ型ボイトレ。
【無料】ボイトレ無料カウンセリング
あなたに合ったトレーニングを。
無料カウンセリング
カスタマイズ型ボイトレ。