ミックスボイスの出し方|プロが教える3STEP。【動画付き】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ボイストレーナーの金子太登です。

 

 

 

そこで、今回はミックスボイスを習得するための3STEPを徹底解説していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.発声パーツの分離をする(分離)

発声に必要なパーツを個々のパーツ毎に切り離して発声できるようにしていきましょう。

昔の僕もそうだったのですが、Aというパーツを動かそうとするとBのパーツまで一緒に動いてしまう

いわゆる声が混合した状態にある方は多いからです。

 

くつヒモが絡まってほどけなくなることがありますが、まさにそんな感じですw

ごちゃごちゃに声が絡まった状態。

それを解いてあげることで、のちのちトレーニングの効果を最大化させることができますので、

面倒だと思いますが、丁寧に取り組んでいきましょう!

 

 

1−1.地声と裏声を徹底して分離する

地声と裏声を100パーセント(近く)分離して発声できるようにしましょう。

 

【純粋な地声発声】

地声を強化していくトレーニングの1つめは、「エ母音トレーニング」です。

コツは鼻にかけたような平べったい声で実践することです。

 

もちろん、この声で歌うわけではないので、安心してくださいね(笑)

あくまでも、トレーニングとして割り切って行いましょう。

 

[参考音源:「エ」母音トレーニング]

 

[参考音源:練習用音源]

練習にご活用ください。

 

また、下記でお伝えする注意点を守っていただくことで、トレーニングの効率が上がります。

ぜひ参考にしていただけたらと思います。

 

POINT① 喉仏を下げないようにする

[参考音源①:喉仏を下げてしまった例]

明らかに、普通の声(喉仏の位置が通常のポジション)になっているのが分かりますね。

このトレーニングでは、しっかりと、喉仏を上げるようにしてください。


人間は、喉仏を上げることで、間接的に声帯(声を作り出す2枚の振動する組織)が閉じやすくなるように
プログラムされています。
声帯がしっかりと閉じてくることで、息の漏れが少ない力強い声に変化していきます。
よく喉仏を下げなさいと言われますが、ときには喉仏(喉頭)を上げるアプローチも効果的なので、ぜひ実践されてみてください。

 

POINT② 最低音〜E4(真ん中のミ)でトレーニングする

チェストボイスを強化するトレーニングでは、あなたが発声できる最も低い音域から、

E4(真ん中のミ)で練習しましょう。

 

「地声で高い声を出すぞ!」とついつい、高音を頑張って練習してしまいがちなのですが、

グッと堪えてE4までで抑えて上げることで、トレーニングの効果がグッと高まります。

 

POINT③ 息を漏らさないようにする

[参考音源③:息を漏らしてしまった例]

息が漏れて弱弱しい声になっているのが分かりますでしょうか。

息を止めた状態で、しっかりした声を意識しながら発声しましょう。

 

POINT 高音で声を大きくしすぎないようにする

[参考音源③:高音になるにつれて声を大きくしてしまった例]

徐々に声が大きくなっているのが分かりますでしょうか。

声を極端に大きくしたり、張りあげることのないように注意しましょう。

 

 

【純粋な裏声発声】

小声で息漏れのある裏声を発声する練習法をご紹介します。

小声で「フー!」とたっぷりと息を漏らして裏声を出してみましょう。

【参考音源:小声で息漏れのある裏声】

 

練習するときは、下記でお伝えする注意点を守っていただくことで、効率よく輪状甲状筋を鍛えることができます。

POINT B3(低いシ)〜B4(高いシ)でトレーニングする

このトレーニングを実践するときは、B3〜B4で行うようにしてください。

最初は低い音や高い音が出しづらく感じるかもしれません。

しかし、トレーニングを継続していくと、徐々に出しやすくなってくるのでご安心くださいね。


B3〜B4は、裏声の筋肉のみを働かせることができる音域です。
それ以上でもそれ以下の音域でも、他の筋肉が働き出しやすくなり、その筋肉に負荷が分散し、
トレーニングの効率が落ちます。
特にトレーニング初期は、B3〜B4で練習するようにしましょう。

POINT② 力強い裏声にしない

力強い裏声(芯のある裏声)にならないように注意しましょう。

【参考音源:裏声に芯が出てしまった例】

POINT 高音で声を大きくしない

高音になるにつれて、同時に声を大きくしてしまうことに注意しましょう。

ただし、声を小さくしようと頑張ると、おそらくあなたの声は下記の3つのパターンのどれかになるかと思います。

【参考音源:高音で声が大きくなってしまった例】

 

パターン 芯のある裏声になる

【参考音源:芯のある裏声になるパターン】

 

パターン 息だけが漏れた後に、芯のある裏声が出る

【参考音源:息だけが漏れた後に、芯のある裏声が出る】

 

パターン息だけが漏れる

【参考音源:息だけが漏れる】

 

上記のような場合、まずは発声できる音域までで大丈夫ですので、無理をしないように練習する音域を探っていきましょう。

 

POINT④ 2〜4秒以上息が続かないことを確認する

息漏れの裏声では2〜4秒以上息が続くことはありません。

つまり、2〜4秒以上のロングトーンで声を何秒でも伸ばせそうになったら、それは間違ってしまっている証拠です。

息漏れの裏声をきちんと発声できているのかどうかを判断するときに、便利な判断基準ですので、

ぜひ練習に取り入れていただけたらと思います。

【参考音源:2〜4秒以上息が続いてしまった例】

POINT⑤ 母音を変えないようにする    

母音を変えてしまう例で最も分かりやすいのは、「ウ」から「ア」に変わってしまうことです。

 

【参考音源:母音を変化させてしまった例】

 

僕のクライアント様でも多い症状で、気づいたら母音を変化させてしまっていた。。ということは本当によくあることです。

 

もちろん、僕も昔はこの状態でした。高音できつくなってくると、どんどん母音を変形させて逃げようとするんですね。

 

そこでおすすめするのは、頬を手で固定してしまうことです。

一見、荒療治のように思えるかもしれません。

しかし、特に練習の初期段階では、これくらいしておかないと、どうしても母音を変化させてしまう方が本当に多いのです。。


裏声の筋肉だけでつらくなってくる音域では、それを補うために地声の筋肉も働かせようとします。
その際に、地声の筋肉を動かしやすい母音「ア」を使うことで、人間は無意識に地声の筋肉を取り込もうとしてしまうということです。
(「ウ」は裏声を、「ア」は地声の筋肉を動かしやすい母音とされています。)

また、このトレーニングに限ったことではないのですが、録音やできれば練習しているあなたの姿を録画することをおすすめします。

客観的に声を聴くことで、何が間違っているのかを当記事のチェック項目と照らし合わせながら練習していただけたらと思います。


母音を変化させることで、例えば裏声の筋肉と同時に地声の筋肉など他の筋肉を働かせてしまいます。
裏声以外の筋肉にトレーニングの負荷を分散させては効率が悪いため、100%の裏声を発声しやすい母音「ウ」に固定しましょう。

 

 

1−2.発声の邪魔をするパーツを分離する

声帯の邪魔をする可能性があるパーツを、分離しましょう。

声帯とは、人間が声を出せる仕組みそのもので、二枚のヒダのようなものなのですが、

この声帯の振動を邪魔する可能性があるパーツがあるのですね。

 

だからこそ、声帯の動きを邪魔しないようにしていくことが大切なのです。

 

 

【仮声帯】

※動画でも分かりやすく解説しています。ぜひご覧下さい。

 

「仮声帯ってなんだ?!」と思った方も多いと思いますが、簡単にご説明します。

声帯のすぐ上にあるパーツで、がなり声なんかを使うときに、働く組織です。

 

【参考音源:仮声帯を鳴らした例】

 

 

 

【図解:仮声帯】

 

しかし、この仮声帯が、”常に”働きすぎてしまう方が多くいらっしゃいます。

そうなると、仮声帯と声帯の位置は近いので、仮声帯が声帯の邪魔をしてしまうことがあるのです。

 

当然、ミックスボイスは、声帯をうまく扱う必要がありますので、声帯の振動を邪魔してしまう状態というのは

あまりよろしくありません。

 

ですので、いつでも仮声帯が無意識に働いてしまうことのないように、しっかりと動きを止めることができるようにしてあげる必要があります。

 

仮声帯の分離方法

 

次は仮声帯と声帯を分離する具体的なトレーニングについてお伝えします。

一番分かりやすいのは、囁くような声のいわゆるイケボというやつですね。

※僕の声はイケボではありません。そこは突っ込まないでください。

 

 

【参考音源:仮声帯と声帯の分離】

こんな感じの優しい声を出してみてください。

この時、下記のポイントに注意すると、”狙って”仮声帯をお休みさせることができます。

 

POINT① 息漏れはさせない

息漏れはさせないように注意しましょう。

息漏れさせると、その閉鎖がない分、サポート役の仮声帯がでしゃばるというお話はしましたね。

ですので、仮声帯が働かないようにするためにも、しっかりと声帯を閉じる意識を持ちましょう。

 

POINT② 声量は控え目に

声量は控えめにしましょう。

声量を上げすぎると、サポート役の仮声帯が働き出します。

サポート役には出しゃばらないでいただきたいので、声量は控えめに練習するようにしましょう。

(こういった練習をあえて分離の訓練でやることもあります。

 

以上のことを守って、仮声帯と声帯の分離をしてみてくださいね^^

 

2.発声パーツの強化&調整をする(強化)

続いて、パーツの筋肉を鍛えたり、調整したりするトレーニングを解説します。

 

2−1.裏声の筋肉群をしっかりと強化する

特に男性に多いのですが、普段地声で話すため、裏声の筋肉をしっかりと鍛えることができていない方が多い印象です。

ですので、ここでは裏声をシンプルに強化していくツールをご紹介します。

【参考音源:裏声の強化】

【参考音源:無意識の裏声「HO」】

このトレーニングをされるときは、下記のポイントに注意してトレーニングしていただけると

効果が劇的に上がります。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

POINT① 意識して声を変化させない

下記のように、”意識的に”声を変えるようなことは控えるようにしてください。

icon-arrow-circle-o-right ヘッドボイスのトレーニングだから力強く発声してみよう

icon-arrow-circle-o-right もっと綺麗な声にならないかな。ちょっと声量上げてみるか。

 

“無意識で”トレーニングした結果として発声される声があなたの今の状態です。

その声を発声し続けていくことによって、徐々に声に変化が出てきます。

 

POINT② 中低音域もトレーニングする

中低音域もトレーニングするようにしましょう。

最低でもC4(真ん中のドあたりまでは、綺麗な裏声を発声できるようになっているといいですね。

低音域で裏声の筋肉を使えるようになることで、将来的に低音域の楽な体感からミックスボイスの状態に持っていくことができるようになりますよ。

 

POINT③  楽な音域でトレーニングする

楽な音域でトレーニングを行うようにしましょう。

「トレーニングなんだから、きつい音域でもやろう!」という考え方は確かにあるのですが、

このトレーニングに関していえばおすすめできません。

 

働かせなくていい筋肉が働くことで、「声の混合状態」と呼ばれる地声と裏声が不適切に結びつく状態にもなりかねないので、注意しましょう。

 

2−2. 喉を吊っている筋肉を鍛えて調整する

パーツを鍛えて調整していく中で、重要な考え方が2つあります。

 

「は?喉を吊る?」何言ってんのと思うかもしれませんが、これが本当なんです。笑

ぜひ、下記の図をご覧ください。

 

【図解:喉を吊っている筋肉】

 

この〜〜筋という名前は特に覚えなくてOKです。

なんとな〜く、「あ、喉って筋肉によって吊られているんだな。」と思っていただければと思います。

そして、この筋肉があることによって、喉を動かすことができるようになっているのです。

 

喉をあらゆる方向に動かすことができると、喉の土台がかなり安定していくので、上手に発声できるようになっていきますよ^^

 

【①地声/喉仏上げ】

地声と裏声に大別するとしたら「地声」に該当する声です。

上記の喉頭懸垂機構の図で言うところの甲状舌骨筋と呼ばれる

喉頭を引き上げる筋肉が強く意識され、実際に喉頭は引き上げられます。

 

【①参考音源:地声/喉仏上げる】

 

【②地声/喉仏若干下げる】

アンザッツ1と同様に、地声に分類される声です。

深いの声色の中に明るさを感じ取ることができる声が特徴的です。

上記の喉頭懸垂機構の図で言うところの胸骨甲状筋が意識され、

実際に喉頭は引き下げられます。

【②参考音源:喉仏若干下げる】

 

【③地声/喉仏完全に下げる】

上記2つのアンザッツ同様に地声に分類されます。

地声系の筋肉である甲状披裂筋を完全に活躍させることができ、

地声感は7つのアンザッツの中でも一番強いです。

上記の図で言うところの喉頭を引き下げる胸骨甲状筋が強く意識され

実際に喉頭は強く引き下げられます。

アンザッツ2よりも喉頭がさらに引き下がって深みを増した声が

アンザッツ3aと考えていただけるとわかりやすいのではないかと思います。

 

【③参考音源:地声/喉仏完全に下げる】

 

【④柔らかい地声】

4つ目の声は、柔らかい地声です。

平井堅さんは、その代表的な例として分かりやすいと思います。

つまり、ミックスボイスの基本形ですね

 

【④参考音源:柔らかい地声】

 

【⑤軽い裏声】

上記の喉頭懸垂機構の図で言うところの胸骨甲状筋、茎突咽頭筋

口蓋咽頭筋が意識されます。

当然ながら喉頭の中の輪状甲状筋などの声帯をピンと引っ張り

高い音をだしたり、ピッチの調整をするような重要な筋肉も

働いています。

 

【⑤参考音源:軽い裏声】

 

【⑥裏声/喉仏完全に上げる】

アンザッツ5もアンザッツ4と同様に裏声に分類されます。

上記の喉頭懸垂機構の図で言うところの甲状舌骨筋が意識され

そのことによって喉頭の中の側輪状披裂筋、披裂間筋などの動きが

活性化し、閉鎖を強めます。

裏声を基本としながらも、地声の要素も含んだ

響く声と思っていただければと思います。

『アンザッツ5のヒント』

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の目玉おやじ

【⑥参考音源:裏声/喉仏完全に上げる】

 

【⑥裏声/喉仏完全に下げる】

アンザッツ6もアンザッツ4.5と同様に裏声に分類されます。

上記の喉頭懸垂機構の図で言うところの

輪状咽頭筋、胸骨甲状筋が主に強く意識されます。

 

3.ミックスボイスの練習を中心に、声を整える(融合)

分離して、調整してきたパーツを最後に整えて上手に扱えるようにしてあげましょう!

 

ここでは、ミックスボイスを習得するためのツールをいくつかご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

必見:本気でミックスボイスの習得を目指すあなたへ

本気でミックスボイスの習得を目指すあなたのための無料メール講座「SBMでミックスボイスを習得する方法」

を開講しております。

 

ご参加いただいた方には、期間限定特典として有料級ボイストレーニング動画教材「SBM Regular」を”無料で”プレゼント

させていただきます。

 

綺麗なミックスボイスを身に付けたい

・長時間歌っても枯れない声が欲しい

パワフルな歌声を手に入れたい

 

1つでも当てはまるあなたは、ぜひお気軽に無料メール講座にご参加いただければと思います^^

 

 icon-angle-double-right 無料メール講座「SBMでミックスボイスを習得する方法」

 

最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

ボイトレ教材「SBM Regular」を無料プレゼント。

ミックスボイスを習得するためのボイトレの教科書「SBM Regular」を期間限定で無料でプレゼントしています。

 

・高い声を楽に出せる

・好きな曲を自由に歌えるようになる

・声枯れすることがなくなる

 

こんな理想の発声を手に入れるためのノウハウを詰め込みました。

 

「SBM Regular」は無料メール講座にご参加いただいた特典として、「期間限定」で無料で提供しています。

自由な発声を目指したい方は、ぜひお気軽にご参加くださいね。

 


無料メール講座に参加してみる



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 0 件のコメントが寄せられています。
無料で有料級ボイトレ教材をプレゼント。
理想の発声を。
ボイトレ教材プレゼント。
ミックスボイスを習得しよう。