ミックスボイスを習得する3ステップを解説。

こんにちは、ボイストレーナーの金子太登です。

 

この記事では、

ミックスボイスといわれる低音から高音まで自由に発声する事ができる技術の習得方法について、

解説していきます。

 

では、よろしくお願いします^^

続きを読む

秦基博さんの発声を解説。|力強いミックスボイスで歌おう。

力強くて、暖かみのある声。

初めて秦基博さんの「鱗」という楽曲を聴いた時に、衝撃を受けたことを昨日のように思い出します。

 

せっせとカラオケに通い詰めて歌ってみると、どうしても高音が苦しくなったり、やっとこ声が出ても、声がキンキンして気持ち悪い声になったりするので、

本当に歌うのに、苦労したものですね。。笑

 

聞いている分には、いいんですけどね。歌うと地獄なのです。w

 

さて、今回はそんな地獄から練習を重ねてボイストレーナーになった僕が、秦基博さんのような発声を手に入れるための考え方・トレーニング法を徹底解説します。

今回は、なるべくシンプルに2つのステップに分けて解説してみましたので、秦さんのような声に憧れている方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

秦基博さんのような発声を手に入れる手順

シンプルに解説すれば、次の2つのステップを踏むことになります。

 

ステップ① 低音から高音まで自動で繋がる仕組みを作る(ミックスボイス)

ステップ② ステップ①で習得したミックスボイスを力強くしていく

 

この2つのステップを着実に踏んでいくことで、秦基博さんのような柔らかくて、それでいてパワフルな声を手に入れることができると考えています。

 

では、それぞれの方法を見ていきましょう。

低音から高音まで自動で繋がる仕組み

地声でなんとか張り上げて発声すると、秦さんのように余裕感のある高音にはならないんですよね。

なので、ここですべきは、低音域の発声から高音域の発声が自動的に繋がる仕組み(=ミックスボイス)を作ることです。

 

【参考音源:仕組みのイメージ】

 

そうすることで、特に意識することなく普通に歌っても

 

・声が途中でひっくり返ることもない

・声を無駄に張りあげることもない

 

こんな状況を作ることができます。

 

「じゃあどうすりゃその仕組みを作れんのよ」ということなのですが、

基本的には、分離・強化・融合のトレーニングを中心にトレーニングを進めていくことをおすすめします。

詳しくは、下の記事からご覧ください。

[保存版]ミックスボイスを出す練習方法や仕組みを超解説

ただ、この仕組みを作ったとしても、

 

高音が裏声っぽい

声量が出ない

 

など、歌で使える声かと言われると正直微妙です。

だからこそ、作った仕組みをさらに力強い声にしていく必要があるんですね。

歌で使える声にするために

歌で使えるミックスボイスは、ある程度の地声感が必要になってきますから、

地声感を入れていくトレーニングをするといいですね。

特に、秦基博さんは地声感のある発声で歌うので、このステップは必須と言えます。

ガッガ&バッバ

「ガッガ!」「バッバ!」としっかりと一回一回息を止めて発声できるといいですね。

息を止めるたびに、しっかりと声帯を合わせることになるので、力強い声を構築しやすいです。

一緒にやってみましょう。

【参考音源:ガッガ&バッバ】

 

力を加える

重い物を持ち上げる 両手を押すなどして、外部から力を加えてあげることでも、声帯を強力に合わせることができます。

何か重い物を持ち上げるときに「ウ!」と声が出ると思いますが、まさにあのときに、声帯のくっつきが良くなっているのです。

【参考音源:力を加える】

 

後ろ下の強化

秦さんは後ろ下が強めに入ってるイメージです。

後ろ下と言われても意味不明だと思いますが、簡単に言えば喉を吊っている筋肉たちがありまして、

その中の後ろ下にある筋肉をしっかりと使って声を出しているイメージという解釈でお願いします。

 

【喉を吊っている筋肉たち】

※マニアな方には「輪状咽頭筋は正式名称じゃない」と怒られるのですが、面倒なのでこのままでお願いしますw

この筋肉を使っていくには、ハミング喉下げがおすすめです。

 

STEP① 普通にハミング

【参考音源:普通にハミング】

 

STEP② ハミングしたまま喉を下げる

【参考音源:普通にハミング】

 

うなじのあたりが引っ張られる感覚があればOKですが、なかなかすぐに意識できるようにもならないので気長に頑張りましょう^^

ということで、今回は以上となります。お疲れ様でした^^

必見:ミックスボイスの習得を目指すあなたへ

 

低音から高音まで繋がるミックスボイス

パワフルな声量のある声

声嗄れしない声

キレのあるビブラート

 

これらの技術を身につけ、圧倒的な歌唱力を手に入れるための無料講座を開催しています。

興味のある方は下記から参加してみてくださいね。

自由な喉を構築し、圧倒的な歌唱力を手に入れよう

喉で歌わない方法なんて存在しない。

「なんか喉で歌ってる感じがする。苦しそう」

昔の友人とカラオケに行くとよくこんなことを言われていました。

 

実際、僕も歌うのは大好きだったのですが、

やたらと息が漏れたり、喉に力が入ったりと

一曲まともに好きな曲を歌うこともままならない状態が続いていました。

 

確かに友人の言うとおり、誰が聞いても喉で歌っていると感じる苦しそうな声だったのは間違いないようです。

 

でも、そんな僕が発声を克服してボイストレーナーになってようやく分かったんですよね。

 

喉で歌わない方法なんて存在しないんだと。

お腹から声が出るわけではない

当たり前の事実として、声ってお腹から出るわけでも背中から出るわけでもないんですよね。

普通の人間なら、喉から声は出るわけじゃないですか。

だったら、まずは喉に起きている問題を一つ一つ解決していくことが重要だと思いませんか?

 

例えば、

喉が問題で息が漏れてしまう人に対して、素晴らしい呼吸法を身につけさせたところで、息漏れは改善しません。

喉が問題で高い声が出ない人に対して、支えを教えたところで、高音を楽に出せるようにはなりません。

 

まずは腹式呼吸をしっかり!

お腹で支えて!

背中から声を出す感じで!

 

これらの言わんとしていることを否定しているわけではありません。

呼吸だって大切ですし、身体の仕組みを整備することも大切でしょう。

 

実際に、僕のレッスンでも取り入れています。

 

ただ、「優先順位」というものを考えたときには、まずは喉から自由にしていくことが最優先になると考えているということです。

喉で歌わないのではなく、最高に自由な喉で歌うことを目指すべきなのです。

平井堅さんから学ぶボイトレの優先順位

一般的に肩を上げて呼吸する呼吸法は、「胸式呼吸」と言われて、ボイストレーニングの業界ではよしとされない傾向にあります。

しかし、歌手の平井堅さんは、好みはあるにせよ高い歌唱力を持ったプロ歌手ですが、思い切り肩を上げて呼吸をしています。

 

胸式が悪い!腹式がいい!とよく問題になりますが、

そもそもの喉が自由な人間はどちらで歌おうが、平均以上の素晴らしい歌唱力を持ってして僕たちを魅了します。

 

逆に、「腹式呼吸を練習しているのに、高音が出ない!」と悩む方はどれくらいいるのでしょうかね。

、、もう想像つきますよね。

喉を自由にする方法

喉を自由にするためには、様々なトレーニングが必要ですが、僕が大事にしている考え方の1つに、

分離  強化  融合 という考え方があります。

 

何やら難しい言葉が出てきたなと思われるかもしれませんが、心配しないでくださいね。

地声と裏声の分離

地声と裏声を綺麗に分けて発声できるようにします。

地声と裏声なんて最初から出せるよと思うかもしれませんが、実は多くの方の地声と裏声はごちゃごちゃに結びついてしまっているのです。

 

純粋な裏声だけを発声しようとする→ 地声が混ざってしまう

純粋な地声だけを発声しようとする → 裏声が混ざってしまう

 

こんなふうに、地声と裏声を純粋な形で発声できない状態でトレーニングをしても中々うまくいかないことが多いです。

しっかりと地声と裏声を「分離」していきましょう。

地声と裏声の強化(確立)

綺麗に分けて発声できるようになった地声と裏声をそれぞれパワーアップさせていく段階だと考えてみてください。

僕もそうでしたが、地声と裏声の筋力バランスが整っていないということはよくあることなのですね。

 

それもそのはずで、例えば男性なら普段は地声で話しますから、裏声なんてほとんど使う機会もないわけです。

必然的に、

地声 → 強い

裏声 → 弱い

 

なんて状態になりやすいですね。

もちろん女性も、地声が裏声に対して弱い。。なんてこともあります。

ですから、男女関係なく、このステップはきちんと踏んでいくべきだと考えています。

地声と裏声の融合

分離・強化で整えてきた地声と裏声を混ぜていきます。

混ぜていくと言うとわかりにくいかと思いますが、簡単に言えば、

 

低音から高音までを

・ひっくり返ることなく

・張りあげることなく

スムーズに行ったり来たりできる仕組みを構築していくといったところです。

 

この仕組みを喉に構築することで、

・サビの高音で声が勝手にひっくり返る

・高音で張り上げて喉が締まる

といった悩みは解消されていきます。

知っているか知らないか

もちろん、これだけで全部解決するぜ!なんて話をしたいのでありませんが、この分離・強化・融合は

喉を着実に自由にしていくための1つの「型」のようなものだと考えています。

 

これの型を知らずして、ひたすら高い声の練習をしていたり呼吸の練習をしていたら、今こうして生徒さんを指導する立場にはいません。

きっと、裏声が出づらいままで、高い声も出せず、息が足りないで一曲歌いきれない状況が続いていたと思っています。

 

ぜひ、喉を根本から自由にしていくための本質的な情報を手に入れて、自由な喉を目指していただければと思います。

今回は以上となります。最後までご覧いただきありがとうございました。

なぜミックスボイスなのに苦しいのか|対処法を解説。

こんにちは、ボイストレーナーのたいとです。

「ミックスボイスはできている気がするけど、高音が苦しい。。」

 

最近、めちゃくちゃ僕の読者さんからこんな悩みをいただくので、音声を聞いてみたら、

確かに高音は出ているし、一般的にはミックスと言っていい感じだけど、苦しそう。。ということが多々ありました。

 

そこで、今回は

ミックスが苦しい理由

楽なミックスボイスを習得する方法

をセットで解説していこうと思います。

 

その前に、「まずお前はミックスで歌えんの?」と思う方もいるかもしれないので、気になる方は、下から僕の歌唱音声を聞いておいてくださいね。

では、いってみましょう。

続きを読む

小野正利さんのミックスボイスを解説。【神の音域】

こんにちは、ボイストレーナーの金子太登です。

 

小野正利さんといえば、トップレベルの歌唱力をお持ちの天才歌手ですが、

 

「小野正利さんのみたいに美しい高音を出したい!」

「そもそもミックスボイスで歌ってるの?」

 

と思っている方は多いのではないでしょうか。

実際、僕のレッスンにも小野さんを目標に通われている方が多くいらっしゃいます。

 

そこで、今回は小野さんの化け物的な歌唱力に一歩でも近づくための考え方・トレーニングをお伝えします。

ぜひ、最後までご覧くださいね。

続きを読む

ミックスボイスに必要な筋肉とは?|トレーナーが教えます。

こんにちは、ボイストレーナーのかねこ(金子太登)です。

 

「ミックスボイスに必要な筋肉は何?」

「喉の筋肉って鍛えられるの?」

「裏声だけ鍛えればミックスボイスになる?」

 

ミックスボイスを習得しようと思うと、筋肉の存在ってやっぱり気になってしょうがないと思いますw

実際僕自身がミックスボイスを習得した時は、とんでもなく喉の筋肉やパーツを調べまくったので、気持ちわかります笑

 

そこで、今回はミックスボイスを習得するために必要な筋肉を解説していきますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

続きを読む

hiCが出ないあなたへ|解決法教えます。【解説音声付き】

こんにちは、ボイストレーナーの金子太登です。

 

「hiBまでは出るんだけど、hiCが出ない。。」

「hiCになると声がひっくり返る。」

 

高音発声の練習をしていると、必ずと言ってもいいくらい出てくる”hiCの壁”。。

かなり歌が上手な方でも、この壁に苦労している方は少なくないんですね。

 

そこで、今回はド凡人から、高音発声を身につけたボイストレーナーの僕が、hiCを綺麗に発声するためのトレーニング法を

音声付きで徹底解説します。

是非、最後までご覧くださいね。

続きを読む

ハイラリンクスが治らないあなたへ|プロが改善法教えます。

こんにちは、ボイストレーナーのたいとです。

 

「ハイラリが治らない、、どうしたら喉は下がるの?」

「そもそも喉って上がっちゃいけないの?」

「喉声なのかハイラリなのかよく分からない!」

 

そんな風に悩んでいませんか?

 

そこで、今回はラリンクスを改善し、美しい声で歌えるようになるためのトレーニング・考え方を現役ボイストレーナーが解説します。

ぜひ、最後までご覧くださいね。

続きを読む

ミックスボイスの出し方|今すぐ簡単にできる練習法【解説音声】

こんにちは、ボイストレーナーのたいとです。

 

「沢山情報がありすぎて何からやったらいいか分からない。。」

「間違った練習で、数年を無駄にしたくない。。」

「軽い声なら出せるんだけど、地声っぽくならない!」

 

こんな風に悩んでいる方は多いと思います。

 

そこで、今回は

 

・あなたがミックスボイスを習得できない理由

・ミックスボイスを習得するための具体的な”型”

 

この2つを習得するための方法を解説します。

 

ぜひ最後までご覧くださいね。^^

続きを読む