なぜあなたは鼻腔共鳴で高音を出せないのか[真実]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

「高音では鼻腔共鳴を意識しているけど、

喉仏が上がって鼻声になる。。鼻がビリビリしていれば鼻腔共鳴なの?

ハミングから鼻腔共鳴?もう何がなんだかわからん!」

とお悩みのあなた。

安心してください。当記事と出会ったからには、あなたが鼻腔共鳴で高音を出せない理由が

「完璧に」理解できます。

 

ちょっとびっくりする内容も含んでいますが、ぜひ最後までご覧ください。

※ボイストレーナーの金子の歌声です。当記事を参考にするかどうかの判断基準としてください。

(音源の最高音は、A4(hiA、高いラの音)です。※ミックスボイスで歌っています。純粋な地声ではないので、ご注意ください。

Youtube解説動画

※Youtubeでも解説しています。ぜひ記事と合わせてご覧ください。

1.「原因」と「結果」が逆

鼻腔共鳴で高音を出せない理由の1つめはコレ。「原因」と「結果」が逆なんです。

もっと簡単言うと、つまり、「ミックスボイスを習得している人間にしか、鼻に響く体感が分からない」ということです。

多くのトレーナーは、「ハーイ!高音は鼻腔に響かせて~!声量も稼ぐよ~!」

といった指導をするわけですね。

 

しかし、トレーナーの「楽器である喉」がしっかりと完成しているから、鼻に響くように感じることが分かっています。

ということは、そもそも教わっている生徒は、発声ができていないことが多いので、いつまで経っても鼻に響く体感が分かる日はこないのですね。

 

 

[結果と原因が逆になっている]

・鼻に響く「結果」→高音がでる「原因」 × (結果と原因が逆ですね。)

・高音がでる(喉が完成している)「原因」→鼻に響く「結果」 

 

あ、トレーナーに悪気はないんですよ。だって、トレーナーは「本当に鼻や頭に響きを感じている」んですから。

 

トレーナーは高音が出るのだから、響きを感じる。当たり前ですよね。

でも喉が完成していない生徒は、高音もでない。よって、その響きを感じることはできない。。

 

トレーナーが体感していることをそのまま生徒に伝えると、生徒はもがき苦しんで一生理想的な発声が手に入らない理由が

分かっていただけたでしょうか。

 

(同じ理由で、鼻腔共鳴自体は「声量」にも影響を及ぼしません。ご注意を。。)

2.そもそも鼻腔共鳴が存在しない

信じられないかもしれませんが、鼻腔共鳴は存在しないことがとうの昔に研究によって明らかにされています。

あなたはこの事実を知っていましたか?

 

これが全ての答えでして、「鼻に響くような感覚」と

実際に起こっていることは違うということです。

 

ここを勘違いしてしまうと、鼻腔共鳴ができていないのかなあ

などといつまでも悩み続けてしまうことになるので気をつけましょう。

 

もう一度いいます。鼻腔共鳴はできなくていいんですよ。だって鼻腔共鳴が存在しないんですから。。

3.[補足]なぜ鼻腔共鳴が高音に重要と叫ばれるのか

では、なぜ巷では鼻腔共鳴が高音発声に重要と言われているのかを解説していきましょう。

2-1.”もともと”高音発声をできる人が教えているから

もともと高音発声をできる人間が教えているというケースは

多々あります。

 

もちろん、それ自体に全く問題はないのですが

実際にその先生が体感している中高音域で”鼻に響く”という感覚を

生徒にそのまま伝えるということが問題なのですね。

 

先生:高い声をだしているときは鼻や頭に響きを感じる⇒生徒にも鼻や頭に響かせろと教える

生徒:言われたとおりに響かせようと頑張っているのに響かない、、

最悪な無限ループです(笑)

 

ちなみに僕は全く高音発声をできなかった人間なので

現在の僕に、”鼻に響くような体感”があっても、それが解決策ではないことを生徒さんにお伝え出来ます。

4.共鳴で発声の問題が解決されることは少ない

鼻腔共鳴に限らず、共鳴のさせかたをこねくり回したところで、

発声の根本の問題が解決されることは少ないです。

 

問題を解決するためには、

裏声系の筋肉に問題があるのか、地声系の筋肉に問題があるのか

それとも両方なのか、混合しているのか、調整能力に問題があるのか・・・

挙げだしたらきりがないほどの要素を判断していく必要があります。

 

ここら辺のことを、「なんとなく」で練習していくと数年後の後悔は確実なので、まずは下記の記事をご覧ください。

ミックスボイスを知識ゼロから習得する方法を無料で公開しています

 icon-angle-double-right MIX習得完全マップ【知識ゼロ→ミックスボイスを目指す方法】

5.鼻腔共鳴させようとすることで起きるデメリット

鼻腔共鳴させようとすることで起こるデメリットを解説します。

5-1.ただの鼻声になる

鼻腔共鳴させようと頑張った結果、ただの鼻声に終わることが大半です。

なぜなら、「鼻声」と「鼻腔共鳴(なるもの)※中高音域で鼻に響きを感じること」は全くの別物だからです。

 

(喉頭の中の声帯が適切に伸び、一部が振動をやめることで声帯が短くなるときにこの体感を得るといわれています)

一方、「鼻声」は甲状舌骨筋の収縮によって喉仏(喉頭)が上がることで

平べったい声になります。

 

・鼻声→喉頭(喉仏)を上げることで、平べったい声になること(喉頭の外の筋肉の問題)

・鼻腔共鳴(と呼ばれている現象)→正しい発声を習得したのち、

声帯の動きにより感じる人間の体感(喉頭の中の筋肉の問題)

 

5-2.地声張り上げにつながることも

鼻腔共鳴を練習することで、地声張り上げにつながることも多々あります。

4-1で説明した通り、鼻腔共鳴をさせようとする場合、多くは喉頭が上がります。

喉頭があがるとその中の声帯は連動して若干伸びやすくなるので

インスタントに高音がでやすくなります。

 

しかし、それは地声の発声の延長でしかないので、結果として張り上げた地声に

終わってしまうというわけです。

 

確かに鼻腔共鳴は、トレーナーにとっては便利なキーワードかもしれません。

腹式呼吸とならんで、「これ言っておけばいいや」系の言葉ですからね。

「鼻腔共鳴させて」と言っておけばレッスンの時間が終わるんですから、そりゃ楽です。(笑)

 

でも、僕はそれで果てしない遠まわりをしました。

当然これからボイトレを頑張っていくあなたにはそうなってほしくありません。

当記事があなたにとって、何か1つでも役に立つことがあれば幸いです。ありがとうございました。

必見:本気でミックスボイスを習得したいあなたへ

「このままの練習方法でミックスボイスを習得できるのかな・・・」

「ボイトレの効果が出ている気がしない!」

 

そんなご相談を以前から、多数いただいておりました。

 

そこで、今回当スクールでMIX構築ノウハウSBMを販売させていただくことになりました。

 

体系的に整った効果のあるボイストレーニング方法で、自由に楽に高音を発声できるようになります。

 

今まで1000人を超える生徒様を指導してきた経験から、手本の音源はもちろんのこと、

想定されうる失敗例なども全て音源化し、収録することで、講師と生徒間の認識のずれを最小減に抑えました。

 

独学での練習で、間違った方向に歩を進めたくない方は、MIX構築ノウハウSBMをご利用ください。

(期間限定で、第1章を無料公開しております。)

 icon-angle-double-right MIX構築ノウハウSBM

最後までご覧いただいて、本当にありがとうございました。

無料カウンセリング:最速でミックスボイスを手に入れたいあなたへ

繋声~mastering mixedvoice~では、Skypeでの無料カウンセリングをご用意しました。

”あなただけのための”カスタマイズされた濃密なノウハウ

をすべてご提供しています。

発声のお悩みをじっくりとヒアリング

あなたの発声の状態を詳しく診断

あなたの発声の状態に最も効果のあるエクササイズを「すべて」提供

ミックスボイスを習得するために必要なこと・やってはいけないことをわかりやすく伝授

「スクールの説明だけで、何にも有益な情報を得られなかった!」

こんな経験をされた方は是非、繋声~mastering mixedvoice~の初回カウンセリング

に参加してみてください。

初回カウンセリング費用は、今なら無料。

理論に基づいたあなた専用のトレーニングに、きっと感動していただけるはずです。


無料で悩みを相談してみる



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

 0 件のコメントが寄せられています。
無料で有料級ボイトレ教材をプレゼント。
理想の発声を。
ボイトレ教材プレゼント。
ミックスボイスを習得しよう。