【要注意!?】鼻腔共鳴で高音を出せない理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

今回は、鼻腔共鳴で高音はだせません。というお話です。

「ネットで調べて、高音を出すためには

鼻腔共鳴がいいって書いてあったけれど

実際どうやるのかな?そもそもできるのかな?本当に効果あるのかな?」

こんな疑問に答えます。

この記事で分かること

 

・鼻腔共鳴で高音を出せない理由

・なぜ巷では鼻腔共鳴が大切といわれているのか

 

 

1.鼻腔共鳴で高音を出せない理由

鼻腔共鳴で高音を出せない理由についてお話していきます。

1-1.共鳴と発声は別物

共鳴と発声は分けて考える必要があります。

ちょっと難しい話になりますが

発声した結果響く(ように感じる)のが共鳴であり、

共鳴させようとして発声するものではないということです。

 

例えば鼻腔共鳴に話を絞って説明すると

適切な声帯の運動がなされているからこそ、ある音域帯で鼻に響きを感じるので

あって(実際は共鳴していませんが、あくまで体感上のお話です。)

 

鼻腔共鳴させようと鼻に響かすから、発声が適切なバランスになるわけではない。

ということです。逆なんですね。

 

ということで、現状で高音発声が苦手な人に

鼻腔に響かせて!鼻に響かせて!と指導したところで

高音を発声できるようにはならないのです。当たり前といえば当たり前なのですが。

 

1-2.鼻腔はほとんど共鳴器としての役割を果たさない

鼻腔は共鳴器具としての役割を働きをほとんど果たさないことが

分かっています。

 

もうこれが全ての答えでして、「鼻に響くような感覚」と

実際に起こっていることは違うということです。

 

ここを勘違いしてしまうと、鼻腔共鳴ができていないのかなあ

などといつまでも悩み続けてしまうことになるので気をつけましょう。

 

2.なぜ鼻腔共鳴が高音に重要といわれているのかを解説!

では、なぜ巷では鼻腔共鳴が高音発声に重要と言われているのかを解説していきましょう。

2-1.”もともと”高音発声をできる人が教えているから

もともと高音発声をできる人間が教えているというケースは

多々あります。

 

もちろん、それ自体に全く問題はないのですが

実際にその先生が体感している中高音域で”鼻に響く”という感覚を

生徒にそのまま伝えるということが問題なのですね。

 

先生:高い声をだしているときは鼻や頭に響きを感じる⇒生徒にも鼻や頭に響かせろと教える

生徒:言われたとおりに響かせようと頑張っているのに響かない、、

最悪な無限ループです(笑)

 

ちなみに僕は全く高音発声をできなかった人間なので

現在の僕に、”鼻に響くような体感”があっても、それが解決策ではないことを生徒さんにお伝え出来ます。

 

3.共鳴で発声の問題が解決されることは少ない

鼻腔共鳴に限らず、共鳴のさせかたをこねくり回したところで、

発声の根本の問題が解決されることは少ないです。

問題を解決するためには、実際に声を聴いて

裏声系の筋肉に問題があるのか、地声系の筋肉に問題があるのか

それとも両方なのか、混合しているのか、調整能力に問題があるのか・・・

挙げだしたらきりがないほどのファクターを判断していく必要があります。

 

何からやっていいかわからん!というあなたは

[保存版]ミックスボイスを出す練習方法や仕組みを超解説 を是非ご覧ください。

 

このサイトで伝えたい要点は詰まっていると思うので、まずはここに書かれていることを

理解していただくことから始めると効率よく練習できると思います。

 

4.鼻腔共鳴させようとすることで起こる弊害とは

 

鼻腔共鳴させようとすることで起こる弊害について説明していきます。

 

4-1.ただの鼻声になる

鼻腔共鳴させようと頑張った結果、ただの鼻声に終わることが大半です。

なぜなら、鼻腔共鳴と呼ばれているものは(実際は共鳴していませんので鼻腔共鳴はありません)

正しい発声を習得したのちの中高音域での「体感・感じ方」に過ぎなく、

鼻声とは別物だからですね。

 

(喉頭の中の声帯が適切に伸び、一部が振動をやめることで声帯が短くなるときにこの体感を得るといわれています)

一方、「鼻声」は甲状舌骨筋の収縮によって喉仏(喉頭)が上がることで

平べったい声になるという理屈です。

 

・鼻声→喉頭を上げることで、平べったい声になること(喉頭の外の筋肉の問題)

・鼻腔共鳴(と呼ばれている現象)→正しい発声(つまりミックスボイス)を習得したのち、

声帯の動きにより感じる人間の体感(喉頭の中の筋肉の問題)

 

 

4-2.地声張り上げにつながることも

鼻腔共鳴を練習することで、地声張り上げにつながることも多々あります。

4-1で説明した通り、鼻腔共鳴をさせようとする場合、多くは喉頭が上がります。

 

喉頭があがるとその中の声帯は連動して若干伸びやすくなるので

インスタントに高音がでやすくなります。

 

しかし、それは地声の発声の延長でしかないので、結果として張り上げた地声に

終わってしまうというわけです。

 

5.まとめ

この記事のポイントをまとめます。

 

・共鳴⇒発声ではなく、発声した結果体感として得るのが共鳴(実際には響いていません)

・鼻腔共鳴は共鳴器としての役割をほぼ果たさないため、それについて考える時間が無駄

 

 

 

ズバズバと主張させていただきましたが、僕ももれなくこういった情報に惑わされてきた人間です。

ただでさえ効果が出るのに時間がかかるボイストレーニングですから

正しい練習方法で最短ルートでゴールをめざしましょう。

今回は以上となります。

最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

無料カウンセリング:最速でミックスボイスを手に入れる全手法

繋声~mastering mixedvoice~では、Skypeでの無料カウンセリングをご用意しました。

”あなただけのための”カスタマイズされた濃密なノウハウ

をすべて無料にてご提供しています。

発声のお悩みをじっくりとヒアリング

あなたの発声の状態を詳しく診断

あなたの発声の状態に最も効果のあるエクササイズを「すべて」提供

ミックスボイスを習得するために必要なこと・やってはいけないことをわかりやすく伝授

「スクールの説明だけで、何にも有益な情報を得られなかった!」

こんな経験をされた方は是非、繋声~mastering mixedvoice~の無料カウンセリング

に参加してみてください。

理論に基づいたあなた専用のトレーニングに、きっと感動していただけるはずです。


無料で悩みを相談してみる



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

【無料】ボイトレ無料カウンセリング
あなたに合ったトレーニングを。
無料カウンセリング
カスタマイズ型ボイトレ。