歌い手 オサム(オサミンティヌス3世)の歌い方・発声をプロが徹底解説。

こんにちは、ボイストレーナーの金子太登です。

 

今回は、歌い手のオサムさんの歌い方・発声を現役ボイストレーナーの視点から解説していきたいと思います。

オサムさんのように歌いたい方はぜひ、最後までご覧ください。^^

【参考音源:歌唱音源】

 

深みと明るさが共存した魅力ある声

オサムさんの声の特徴としてあげられるのは、

深みと明るさが同時に感じられる声です。

 

普通、

声が太い響きに偏ってしまうか、明るい子供っぽい響きのどちらかに

偏ってしまうことが多いんですけど、

オサムさんは、両方の成分をバランスよく含んだ声で歌ってます。

 

だからこそ、オサムさんのように歌うためには、

深みと明るさの共存した声を手に入れる必要があります。

 

さっそくトレーニングしていきましょう。

STEP① 悪い人の高笑い

はい、意味不明だと思いますが、ページ閉じないでくださいねw

よくアニメとかに出てくる悪役が笑う時「はっはっはっはー!!」

みたいに悪い笑い方しますよね?

 

あれを真面目に真似して欲しいのです。

 

【参考音源:悪い人の高笑い】

 

分かりにくければ、歌のお兄さんや、ミュージカル俳優さんを想像してもOKです。

 

とにかく、分かりやすい”いい声”を出すのです。

 

ここでは、わざとらしいくらい、”いい声”を意識してください。

STEP② 鼻にかかった声を出す

次に、悪い笑い方はいったん綺麗さっぱり忘れて、次は

「鼻にかかった声」を出してみましょう。

 

かなりわざとらしく変な声でやるのがポイントです。

 

【参考音源:鼻にかかった声】

 

STEP③ STEP①とSTEP②を同時にやる

STEP①の高笑いと、STEP②の鼻にかかった声を同時に意識して発声してみます。

いや、そんなの無理だよ〜と思うかもしれませんが、大丈夫。絶対できますw

 

【参考音源:同時にやってみる】

 

STEP①の”わざとらしさ”が抜けて、STEP②の”子供っぽさ”が抜けた感じが分かりますか?

 

両方の響きがミックスされて中和したイメージですね。

 

もちろん、一瞬でできるようになるのは難しいので、何回も繰り返しましょう。

 

こんなポジションが、オサムさんの声の出し方なので、

100万回繰り返して、身体にしみ込ませましょう!

美しい高音をマスターしよう(ミックスボイス)

これはオサムさんに限った話ではないんですけど、最近の歌手の曲ってめちゃくちゃキーが高いじゃないですか…汗

 

僕も歌を始めた時は、カラオケに行ってももほとんど歌える曲がないくらい

地声の音域が狭かったので本当にしんどかったんですよね。

 

正直な話、友達が余裕で歌えると言ってた福山雅治さんの曲でも、

心の中では「ファッ!!サビ高!!こんな高音でないわ…」と思ってたし、

 

実際歌ってみても高音が地声では出ないので、

なんとか裏声で出して誤魔化してました。

(ごまかせてないけど笑)

 

そんでミンティア舐めて喉を麻痺させて、なんとか5曲くらい歌って、

それでもいよいよ喉が痛くなってきて

カラオケを退出。。みたいな。笑

 

かなり酷かったですw

 

ただですね、

そんなセンス皆無の僕でも、“ミックスボイス”というスキルを身につけたら、

裏声みたいな楽な体感で地声で高音を出せるようになりました。

 

だからもし今あなたが高音に悩んでいるなら、ミックスボイスを習得することを強くオススメします。

 

で、そのミックスボイスなんですが

低音の地声から、高音の裏声までが一本に繋がる技術のことです。

 

ちょっと聴いてみてください。

【参考音源:ミックスボイス】

 

低音の地声から、高音の裏声までが完全に繋がってるので

高音で叫んだり

裏声にひっくり返さなくても

楽に高音が出ます。

 

(まあ、これ単体で聞くとめちゃくちゃ変な声に聞こえるわけですけど、

歌で使うと違和感ないと思います。)

 

【参考音源:ミックスボイスで歌う1】

 

【参考音源:ミックスボイスで歌う2】

 

聞こえ方としては地声なんだけど

 

体感は裏声。

 

そんな感じで歌ってます。

 

というか、オサムさんがそもそもミックスボイスなので、オサムさんみたいに歌いたければ、

習得した方がいいではなくて、”習得しなくちゃいけない”ですね。笑

 

僕もそうなんですが、元の声が低い系男子では、オサムさんのような高い声をスルッと地声のように出すのは難しいと思いますからね。汗

 

ということで、ミックスボイスを習得するための方法を一つご紹介しておくので、

ぜひやってみてくださいね。

小声で地声

小さな声で地声を出していきます。ミックスボイスの習得には最適なトレーニングなのでぜひ試してみてください。

 

手順① 小声で地声を出す

小声で地声を出していきましょう。

もちろん、普段話しているくらいの音程でOKです。

 

【参考音源:小声で地声】

 

手順②  音程を上げていく

小さな声で地声を出せたら、出しにくいなと思う音程まで声を高くしていきましょう。

おすすめは、E4(真ん中のミ)くらいまで声を高くしていくことです。

 

もちろん、今すぐできなくてOKです。(プロでも難しいので。)

徐々にミックスを完成させて、オサムさんみたいに楽に高音を出せるようになりましょう。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

・地声のまま高音を発声できるベルティングボイス

・裏声体感で楽に発声できるミックスの習得方法

・自動でかかり続けるビブラートの習得方法

・力を入れずに、楽に爆発的な声量を出す方法

 

などを、動画講座として公式ラインで配信しています。

 

もちろん無料で友達追加できるので、よかったら覗いて見てくださいね。
下記から公式ラインの詳細をご覧いただけます。

公式LINE

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

歌い手 オサム(オサミンティヌス3世)の歌い方・発声をプロが徹底解説。」への2件のフィードバック

  1. りんさん 返信

    ①と②を同時に出す場合どこの方向に向かって発声をすればいいんでしょうか?
    前に発声をすると叫んでいるような感じになるのでどこに共鳴をして発声をするのが正しいんでしょうか?

    • 金子太登 投稿者返信

      コメントありがとうございます^^強いて言えば、胸方向ですね。

      ただ、叫ぶとなるとまた違った問題が出てくるのでミックスボイスを習得してください^^

      方法については、こちらの記事が参考になると思います。

      https://mixedvoice-mastering.com/mixedvoice-practice-method/

      これからもよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください