ゆず 岩沢厚治さんの発声・歌い方をプロが解説【音声付き】

こんにちは、ボイストレーナーの金子太登です。

 

今回は、ゆずの岩沢厚治さんの発声をボイストレーナーの視点で徹底解説していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

1.岩沢厚治さんの喉の使い方

声は喉から出るわけですが、その喉は実は「筋肉によって、宙吊りにされている」という事実を

ここで確認しておきます。

(難しい話ではないのですが、岩沢さんの発声を解説するにあたって必要なことなので、30秒ほどお付き合いくださいませ笑)

【図:喉は筋肉によって吊り下げられている】

このように、喉は筋肉によって宙吊りにされているので、

様々な方向に自由に動かすことができます。

 

具体的には以下の4つの方向に喉を動かせます。

 

前上

前下

後ろ上

後ろ下

 

【図:喉は4つの方向に動く】

 

このように、喉が様々な方向に動かせる機能を持つ中で、

岩沢さんは、

 

前下

後ろ上

 

の主に二つの方向に喉を引っ張って歌っています。

 

【図:岩沢さんの喉の使い方】

 

喉を前下に引くと、深みのある声を出しやすくなります。

 

アナウンサーの方なんかは、喉を前下方面に引っ張りながら声を出されているので一番分かりやすいですね。

 

そして、喉を後ろ上に引っ張ると、今度は裏声っぽい明るい声になりやすくなります。

 

ちょうど両方の筋肉を使って、喉を前下と後ろ上から引っ張り合いっこしているようにして歌っているのが

岩沢さんの歌い方です。

2. 喉を前下と後ろ上に動かそう

喉を前下と後ろ下にそれぞれ動かしてみましょう。

トレーニングでは、前下も、後ろ下も極端に喉を動かすので

とんでもなく変な声を出すことになりますが、トレーニングと割り切って頑張ってくださいね笑

 

喉を前下に動かす

ボビー・オロゴンさんの真似をしながら「オ」と言ってみましょう。

「お」という母音は、比較的喉を引き下げやすい母音なので、オススメです。

出しやすい音程で大丈夫ですので、音源の真似をしてみてください。

 

【参考音源:ボビーさん真似で「オ」】

 

喉仏を触ると、喉が下がっているのが分かると思います。

喉を後ろ上に動かす

喉を後ろ上に動かすには、高音の裏声発声がオススメです。

とはいえ、高音がどれくらいかは人によるので、無理のない範囲で発声しましょう。

 

【参考音源:裏声で「ほ」】

 

 

ポイントは、喉ちんこ(軟口蓋の方面)めがけて声を当てる努力をすることです。

声を当てるのは斜め後ろ上ですね。

 

前上や前下と言った、喉の前側に声を当てないように注意してください^^

 

今回は以上です。最後までご覧いただいてありがとうございました。^^


理想通りに歌える3ステップとは?

地声のような高音
ミックスボイス
爆発的な声量
美しいビブラート・キレのあるビブラート
…etc
など、一から高い歌唱力を身につけるための方法論を
LINE講座と動画講座を使って一からステップバイステップで丁寧に解説していきます。
無料で友達追加できますので、興味のある方は詳細ページをご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

金子太登
名前:金子太登。 職業:ボイストレーナー。 本当に効果のあるボイストレーニングのメソッドをお届けしたい! そんな思いからこのサイトを運営するに至りました。 皆さんと一緒に声を自由に出せる喜びを共有し、皆さんと共に成長していきたいです。 ボイトレブログもどんどん更新していきますので、是非チェックしてくださいね。