大石昌良さんの発声・歌い方をプロが解説【解説音声付き】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ボイストレーナーの金子太登です。

今回は大石昌良さんの発声・歌い方を徹底的に解説していきます。

大石昌良さんの喉の使い方

大石昌良さんの喉の使い方を解説していきます。

ただ、その前に事前知識として「喉は筋肉によって吊り下げられている」という事実を理解していただきたいと思います。

サクッと解説していきますので、ぜひご覧下さいね^^

 

喉というと首のあたりにあるボコっと出っ張った物体というイメージだと思いますが、

実はこの喉、先ほどお話した通り、筋肉によってぶら下げられているんです。

ちょっと下の図をご覧ください。

 

【図:喉は宙ぶらりんになっている】

難しい筋肉とかは別にして、どうですか。

たくさんの筋肉によって宙吊りにされているんですね。

だからこそ、喉は大まかに4つの方向に動かすことができます。

 

前上

前下

後ろ上

後ろ下

 

の4方向ですね。下の図の通りです^^

 

【図:喉は4つの方向に動く】

ここまで理解していただければもうOKです。

 

大石さんは、この4つに動かせるうちの、

 

前上と後ろ下をメインに喉を引っ張って歌っています。

 

【図:大石さんの喉の使い方】

 

喉を前上に動かす→明るくてくっきりした声色

喉を後ろ下に動かす → 力強くずっしりした声色

 

どちらに偏っても、なかなかバランスのとれた声にはなりにくいのですが、

 

 

大石さんは、どちらの方向にも喉を同時に引っ張っていくことで、

明るい声の中にも力強さを感じられるように

ご自身の喉を操っているということなんです。

 

素晴らしい技術です。脱帽ですw

 

喉を前上と後ろ下に動かしてみよう

大石さんの喉の扱い方が分かってきたので、今度は実際に大石さんと同じような

喉の動かし方を実践してみましょう^^

 

喉を前上に動かす

喉を前上に動かすには、変な声で「い」と発声するのがオススメです。

理由としては、「い」という母音は喉が上がりやすい母音とされているからです。

 

【参考音源:変な声で「い」】

 

出しやすい音程で大丈夫なので、ぜひ何度も繰り返し発声してみてください。

 

喉を後ろ下に動かす

喉を後ろ下に動かすのは本当に難しいのですが、できるようになると

見える世界が変わりますので一緒に頑張りましょう。

 

STEP① 口を閉じた状態で地声発声

口を閉じた状態で、地声ハミングをします。

【参考音源:地声ハミング】

 

STEP② 鼻に意識をもったまま喉を下に引く

鼻にビリビリとした感覚を保ちながら、喉を下に下げます。

 

【参考音源:鼻に響きを保ちながら喉を下に下げる】

 

うまくいくと、喉がうなじの方向に引っ張られる感覚があるので、もしそんな感覚をつかめたら成功です。

ただ、喉を後ろ下に動かすのは相当に難しいので、継続して練習していただければと思います^^

今回は以上です。最後までご覧いただいてありがとうございました。

圧倒的な歌唱力を手に入れよう。

無料オンライン講座900人登録記念として、

喉を自由にし、圧倒的な歌唱力を身につけるための動画講座を無料でご提供しています。

 

☑︎力強い高音発声

☑︎透明感のある美しいミックスボイス

☑︎音波のようなビブラート

☑︎遠くまでよく響く声量のある声

 

このような技術を手に入れて、高い歌唱力を身につけたい方のための講座です。

 

ぜひ、一緒に圧倒的な歌唱力を目指しましょう。


無料オンライン講座



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 0 件のコメントが寄せられています。
動画講座プレゼント
圧倒的な歌唱力を手に入れよう。
動画講座プレゼント
圧倒的な歌唱力を手に入れよう