次回からは「自由な喉」とご検索ください。

hiAを出したいあなたへ。|音声解説でプロが解説。

こんにちは、ボイストレーナーのたいとです。

 

「G4(mid2G)までは出るんだけど、hiAがどうしても出ない!」

「hiAを出すには、hiAを練習するべき?それともそれ以上?」

 

こんな風に悩んでいる方は多いと思います。

 

そこで、今回はhiAを楽に発声するためのトレーニング方法をお伝えします。

 

ぜひ、最後までご覧ください。

【参考歌唱音声:Pretender】

※ミックスボイスで歌った音源です。

1.根本の原因はC4〜E4にある

hiA(A4)が出ない場合、A4の出し方に問題があると思いがちですが、実は諸悪の根源はC4〜E4に眠っていることが多いです。

 

試しに、C4〜E4くらいの音域で下記の音声のように裏声から地声に膨らませて、また裏声に戻すトレーニングができるかを試してみてください。

 

【参考音源:C4〜E4で声を繋ぐ】

 

いかがでしょうか。

 

もしこれで途中で声がひっくり返ってしまったり、張り上げてしまうようであれば、ぜひこのトレーニングを継続してみてください。

 

一見hiAに関係ないように見えますが、見違えるほどhiAを出しやすくなりますよ。

2.hiAに直接アプローチする方法

一つ目のトレーニングは、諸悪の根源をぶっ潰せ!的な戦略だったわけですが、今回はA4を直接改善させるトレーニングをご紹介します。

やり方はシンプルで、「ネイネイ 」と変な声で発声します。

 

【参考音源:変な声で「ネイネイ 」】

 

POINT① 喉は思い切り上げてOK

喉は思い切り上げてOKです。

喉を上げることで、声帯のくっつきをよくし、声のひっくり返りを抑える働きもあるので、

ここではトレーニングと割り切って喉を上げてしまってください。

 

POINT② 息漏れ禁止

息漏れはさせないように注意しましょう。

息が漏れてしまっては、声帯のくっつきが甘くなってしまいます。その分、声帯を邪魔する仮声帯などが

侵入してきて余計にミックスボイスの習得から遠のいてしまいますので、ご注意ください。

 

3.喉が自由になる仕組みを作ろう

ここまでコツをご紹介してきましたが、これでうまくいかない方もいると思います。

その場合は、思い切ってコツ探しはやめて、喉が根本から自由になる「仕組み」を一から作っていきましょう。

 

喉が自由になる仕組みを作ることで、結果としてミックスボイスをはじめとする様々な技術を習得できるようになります。

 

 

・ミックスボイス(地声と裏声が繋がる技術)

・ヘッドボイス

・ビブラート

・フェイク

 

こういった技術は喉を自由にした結果としてスムーズに習得できるんですね。

 

喉を自由にして、ミックスボイスを習得する方法は、下記の記事で解説していますのでぜひご覧ください。

 

[保存版]ミックスボイスを出す練習方法や仕組みを超解説

 

今回はこれで以上です。最後までご覧いただき、ありがとうございました^^

ミックスボイスを習得する方法


 

無料オンライン講座読者様600人突破記念として、

喉を自由にし、ミックスボイスを習得するためのボイトレの教科書「SBM Regular」を無料でプレゼントしています。

 

力強い高音発声の習得方法

美しいミックスボイスの習得方法

声量のあるパワフルな声の構築方法

美しいビブラートのかけ方

何曲歌っても声が枯れない方法論

 

このような理想の発声を手に入れるためのノウハウを12本の動画講座に詰め込みました。

 

自由な発声を目指したい方は、ぜひお気軽に無料講座を読んでみてくださいね。

 

最新情報をチェックしよう!
>
CTR IMG
動画講座プレゼント
ミックスボイスを習得しよう。
動画講座プレゼント
ミックスボイスを習得しよう。