「hiA(高いラ)を出したい!」|久保田利伸「missing」を歌って解説。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

先日、「hiAをだしたいんですけど

どんな感じの感覚なんですか~?

どうやってだすんですか?」

といったご質問をいただきました。

そこで今回は、hiAをだしたくてだしたくてうずうずして

おかしくなりそうなあなたのための記事です。

「hiAをだしたい。

でもそもそも地声じゃ音も当たらない。

当たったとしてもとてもじゃないけど歌で使えない。

どうすれば…」

そんなあなたの疑問に答えます。


1.謎の”hiAから”はミックスボイスじゃないと出せない説

hiAからはミックスボイスに切り替えていかないと発声できないよね~。という説がありますが

実際はE4(mid2E)あたりが純粋な地声の限界ですので、そもそもF4もG4もミックスボイスでないと

きれいには発声できないです。誤解しないでくださいね!

 

それを超える音域はどんな張り上げだろうが、裏声の筋肉は動いています。

厳密に言えば、張り上げであってもF4 G4当たりの声がどうにかこうにかでているのであれば

広義の意味ではミックスボイスと言えるでしょう。(言えたからと言ってクオリティが低すぎては

あまり意味がありませんが…)

 

ミックスボイスという概念を切り替えるものととらえるのはよくありません。

低音域から高音域までつながった1本の声をミックスボイスと考えてください。

このあたりのことは以下の記事で詳しく解説しています。

[保存版]ミックスボイスを出す練習方法や仕組みを超解説

2.実例でミックスボイスを理解しよう!

僕のポンコツボイスで、レジェンド久保田利信様の「missing」を歌いました。

少なくとも「発声は」参考になるのではないでしょうかw

[参考音源:missing]

 

ご静聴ありがとうございます(笑)

お察しの通り、 「すべてが」の「て」(hiAです。)はあなたが想像している(であろう)

ミックスボイスに完全になっています。

※完全な地声に聴こえるかもしれませんがミックスボイスです。完全な裏声に聴こえてしまったらミックスボイスの意味が

ないので。

 

地声の筋肉と裏声の筋肉をバランスよく使っている状態です。

正直なところ、歌っていてチョーーーーーー楽です(笑)声も枯れませんしね。

 

そもそも僕の話し声はこのくらいの低さの「ゴミボ」(ごみボイス)ですので

その質感のまま高いラの音をだせるわけがないのですがw

 

[参考にならない音源:金子太登(ボイストレーナー)の話し声@ゴミボ]

リアルに死んでいるときの声です。

高校生の頃の口癖です。大学生になって治りました。

 

[参考音源:missing 張り上げVer]

超大げさにやりました!(笑)

張り上げてhiAをとらえようとした場合の声です。

うん。歌になっていませんねw

 

ただし、これでも多少ミックスの要素は入ってしまっています。

一度ミックスボイスを習得すると、完全な地声で張り上げるのは難しいですね。

 

[参考音源:僕の父 張り上げ(しかできない)Ver]

近日公開予定です

 

嫌がる父を説得して、歌わせました。

声帯の形や質などは似ているので、ほぼ、発声能力だけの違いになります。

3.小声の地声で歌ってみよう![鬼畜]

「missing」を小さな地声で歌ってみましょう!

小さな地声で歌えない場合、地声と裏声の筋肉の発達具合が悪い場合が

多いので、簡易確認テストになります。

 

ひっくり返ったり、張り上げたらだめですよ!!

[参考音源:missing 小声Ver]

 

音源聴いていただけたら分かると思うのですが、結構苦戦していますw

僕もいまだにこういった声は苦手ですが、常に練習することで

ミックスボイスの質は今でも高まっているように感じています。

 

4.ミックスボイス養成noteのお知らせ

「ボイトレ本は持っているし、練習もしている。。でもレッスンを受けるのは難しい。

でもやっぱりミックスボイスを習得したい。」

そんな要望を1年程前から、多数いただいておりました。

 

そこで、今回当スクールでミックスボイス養成noteを販売させていただくことになりました。

ボイトレ本はもちろん素晴らしいツールなのですが、当たり前ですが、「多くの人が悩みそうな症状」を

解決するために一点集中で悩みを解決できるような訓練法をのせることができません。

 

しかし、当noteは基本的には1テーマで1記事をベースにしているため、人それぞれの症状に合った

訓練法を提供することができるようになりました。

 

さらに、今まで1000人を超える生徒様を指導してきた経験から、手本の音源はもちろんのこと、

想定されうる失敗例なども全て音源化し、収録することで、講師と生徒間の認識のずれを最小減に抑えました。

 

独学での練習で、間違った方向に歩を進めたくない方は、ぜひミックスボイス養成noteをご利用ください。

 icon-angle-double-right ミックスボイス養成note

最後までご覧いただいて、本当にありがとうございました。

無料カウンセリング:最速でミックスボイスを手に入れたいあなたへ

繋声~mastering mixedvoice~では、Skypeでの無料カウンセリングをご用意しました。

”あなただけのための”カスタマイズされた濃密なノウハウ

をすべてご提供しています。

発声のお悩みをじっくりとヒアリング

あなたの発声の状態を詳しく診断

あなたの発声の状態に最も効果のあるエクササイズを「すべて」提供

ミックスボイスを習得するために必要なこと・やってはいけないことをわかりやすく伝授

「スクールの説明だけで、何にも有益な情報を得られなかった!」

こんな経験をされた方は是非、繋声~mastering mixedvoice~の初回カウンセリング

に参加してみてください。

初回カウンセリング費用は、今なら無料。

理論に基づいたあなた専用のトレーニングに、きっと感動していただけるはずです。


無料で悩みを相談してみる



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

初回カウンセリングは無料。
あなたに合ったトレーニングを。
無料カウンセリング
カスタマイズ型ボイトレ。