次回からは「自由な喉」とご検索ください。

地声とミックスボイスは切り替えるな!【音声あり】

こんにちは、ボイストレーナーの金子太登です。

 

「ミックスボイス単体では出せるんだけど、地声と繋げることができない。。」

 

「全音域をミックスで歌うの?高い声だけをミックスボイスで歌うの?」

 

「どのくらいの音からミックスボイスに切り替えるの?」

 

こんなふうに悩んでいる方は多いのではないでしょうか??

 

でも、安心してください。

結論から言ってしまえば、地声とミックスボイスは切り替える必要は一切ありません。

というよりも切り替えない方がうまく歌えるのです。

 

そこで、今回は低音域から高音域まで一切切り替えずに歌うための方法を現役ボイストレーナーがお伝えします。

ぜひご覧くださいね。

【参考歌唱音声:Pretender】

※ミックスボイスでの歌唱例です。

 

1.地声とミックスボイスは切り替えない理由

地声とミックスボイスを切り替えない理由は単純です。

 

声を切り替えていたら、自由に歌えないからです。

 

実際の曲を歌うときは、音程もめまぐるしく変化しますし、口の形(母音・子音)も変化します。

そんな中で「ここで切り替えて。。」なんて歌っていたら、とても大変ですよね。

 

だからこそ、何も意識しなくても低音から高音まで繋がる仕組みを作る必要があります。

2.解決法:地声と裏声が自動で繋がる「仕組み」を作る

解決法はとてもシンプルです。

地声と裏声が「自動で」繋がる「仕組み」を作ればいいんです。

 

つまり、あなたが低音から高音まで何も意識しなくても、勝手に喉が地声から裏声まで繋げてくれる仕組みを作ればいいということです。

 

【図解:地声と裏声が自動で繋がっているイメージ】

 

【参考音源:地声と裏声が繋がった状態】

 

こんなふうにして、勝手に地声と裏声が繋がる仕組みを持ってしまえば、どこかで声を切り替える必要は無くなるので、非常に自由に歌えるようになります。

 

低音域は普通に今話している声で歌って、高音域は作っておいた仕組みが裏声の要素を徐々に足してくれます。

 

また、まさにこの仕組みが完成した”直後”の音声があるので、聞いていただきたいのですが

 

全く切り替える意識はなく歌っています。

 

【参考音源:ミックス習得直後の歌唱】

※当時携帯で撮った音声なので汚くてすみません。

 

「でも、どんなトレーニングをやればいいんだよ?」と思いますよね。

そこで、ミックスボイスを習得するための3つのステップを下記の記事で徹底解説しました。

興味がある方は、ご覧くださいね。

 

[保存版]ミックスボイスを出す練習方法や仕組みを超解説

今回は以上となります。お疲れ様でした^^

ミックスボイスを習得する方法


 

無料オンライン講座読者様600人突破記念として、

喉を自由にし、ミックスボイスを習得するためのボイトレの教科書「SBM Regular」を無料でプレゼントしています。

 

力強い高音発声の習得方法

美しいミックスボイスの習得方法

声量のあるパワフルな声の構築方法

美しいビブラートのかけ方

何曲歌っても声が枯れない方法論

 

このような理想の発声を手に入れるためのノウハウを12本の動画講座に詰め込みました。

 

自由な発声を目指したい方は、ぜひお気軽に無料講座を読んでみてくださいね。

 

最新情報をチェックしよう!
>
CTR IMG
動画講座プレゼント
ミックスボイスを習得しよう。
動画講座プレゼント
ミックスボイスを習得しよう。