【永久保存版】輪状甲状筋の鍛え方|超スパルタ練習法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

 

  icon-arrow-circle-o-right 輪状甲状筋ってどうやって鍛えるの? 

  icon-arrow-circle-o-right 裏声で歌っていれば鍛えられるの?

 

現在トレーナーとして活動している僕も、知識がなかっただけで、

どんどん理想の発声とは違う間違った方向に走ってしまっていた経験があります。

 

今思えば、歌で適当に裏声を出していた時間が無駄になってしまった・・・と思っています笑

 

そこで今回は、あなたが自由自在に高い声で歌えるようになるために必要な輪状甲状筋の鍛え方や、その際の注意点について徹底解説します。

ぜひ、最後までご覧ください。

1.小声で息漏れのある裏声

小声で息漏れのある裏声を発声する練習法です。

小声で「フー!」とたっぷりと息を漏らして裏声を出してみましょう。

【参考音源:小声で息漏れのある裏声】

 

練習するときは、下記でお伝えする注意点を守っていただくことで、効率よく輪状甲状筋を鍛えることができます。

POINT B3(低いシ)〜B4(高いシ)でトレーニングする

このトレーニングを実践するときは、B3〜B4で行うようにしてください。

最初は低い音や高い音が出しづらく感じるかもしれません。

しかし、トレーニングを継続していくと、徐々に出しやすくなってくるのでご安心くださいね。


B3〜B4は、裏声の筋肉のみを働かせることができる音域です。
それ以上でもそれ以下の音域でも、他の筋肉が働き出しやすくなり、その筋肉に負荷が分散し、
トレーニングの効率が落ちます。
特にトレーニング初期は、B3〜B4で練習するようにしましょう。

POINT② 力強い裏声にしない

力強い裏声(芯のある裏声)にならないように注意しましょう。

【参考音源:裏声に芯が出てしまった例】

POINT 高音で声を大きくしない

高音になるにつれて、同時に声を大きくしてしまうことに注意しましょう。

ただし、声を小さくしようと頑張ると、おそらくあなたの声は下記の3つのパターンのどれかになるかと思います。

【参考音源:高音で声が大きくなってしまった例】

 

パターン 芯のある裏声になる

【参考音源:芯のある裏声になるパターン】

 

パターン 息だけが漏れた後に、芯のある裏声が出る

【参考音源:息だけが漏れた後に、芯のある裏声が出る】

 

パターン息だけが漏れる

【参考音源:息だけが漏れる】

 

上記のような場合、まずは発声できる音域までで大丈夫ですので、無理をしないように練習する音域を探っていきましょう。

 

POINT④ 2〜4秒以上息が続かないことを確認する

息漏れの裏声では2〜4秒以上息が続くことはありません。

つまり、2〜4秒以上のロングトーンで声を何秒でも伸ばせそうになったら、それは間違ってしまっている証拠です。

息漏れの裏声をきちんと発声できているのかどうかを判断するときに、便利な判断基準ですので、

ぜひ練習に取り入れていただけたらと思います。

【参考音源:2〜4秒以上息が続いてしまった例】

POINT⑤ 母音を変えないようにする    

母音を変えてしまう例で最も分かりやすいのは、「ウ」から「ア」に変わってしまうことです。

 

【参考音源:母音を変化させてしまった例】

 

僕のクライアント様でも多い症状で、気づいたら母音を変化させてしまっていた。。ということは本当によくあることです。

 

もちろん、僕も昔はこの状態でした。高音できつくなってくると、どんどん母音を変形させて逃げようとするんですね。

 

そこでおすすめするのは、頬を手で固定してしまうことです。

一見、荒療治のように思えるかもしれません。

しかし、特に練習の初期段階では、これくらいしておかないと、どうしても母音を変化させてしまう方が本当に多いのです。。


裏声の筋肉だけでつらくなってくる音域では、それを補うために地声の筋肉も働かせようとします。
その際に、地声の筋肉を動かしやすい母音「ア」を使うことで、人間は無意識に地声の筋肉を取り込もうとしてしまうということです。
(「ウ」は裏声を、「ア」は地声の筋肉を動かしやすい母音とされています。)

また、このトレーニングに限ったことではないのですが、録音やできれば練習しているあなたの姿を録画することをおすすめします。

客観的に声を聴くことで、何が間違っているのかを当記事のチェック項目と照らし合わせながら練習していただけたらと思います。


母音を変化させることで、例えば裏声の筋肉と同時に地声の筋肉など他の筋肉を働かせてしまいます。
裏声以外の筋肉にトレーニングの負荷を分散させては効率が悪いため、100%の裏声を発声しやすい母音「ウ」に固定しましょう。

2.息漏れのある裏声+なびき

2つ目のトレーニングは、なびき(ビブラートの振幅を広げたもの)と息漏れのある裏声の組み合わせです。

先ほどのトレーニングで、声を揺らすだけなのですが、人によっては極端に難易度が上がります。

【参考音源:なびき+息漏れのある裏声】

また、トレーニングする際は、下記のことに注意してみてください。

 

POINT① 途中で声に芯が入らないようにする

途中で声に芯が入らないように注意しましょう。
声を揺らすことで、裏声系以外の筋肉が入りやすくなるので、声に芯が入ってしまうことの無いように注意しましょう。

3.あなたの発声を根本から改善する3つのステップ

輪状甲状筋を養っていくことは重要です。

でもそれだけでは、自由な声を手に入れることは難しいので、全体的に喉そのものを自由にして、高い歌唱力を手に入れるための3つのステップを解説しておきます

STEP①地声と裏声の分離

まず最初に、地声と裏声を丁寧に、分離して発声できるようにしていきます。

 

というのも、実はほとんどの方が、地声と裏声がごちゃごちゃに絡まった状態になっていて、綺麗に切り離して発声することができないからです。

 

  • 地声を出そうとしても、裏声が混ざってしまう
  • 裏声を出そうとしても、地声が混ざってしまう

 

こんな状況にある方が多いんですね。

【図解:地声と裏声が絡まった状態】

 

 

だからこそ、いきなり地声と裏声を混ぜようとするのではなくて、地声と裏声をちゃんと分離することを第一に考えるべきなんですね。

STEP② 地声と裏声の強化

STEP①で分離した地声と裏声を丁寧に育てて強化していきます。

ほとんどの方は、地声と裏声の筋力バランスに差がありすぎるので、それを同じくらいのバランスに整えてあげる必要があるんですね。

 

【図:地声と裏声の筋力バランスが悪い】

地声と裏声のバランスが悪い状態ですね。

 

【図:地声と裏声の筋力バランスが良い】

(トレーニングによって、地声と裏声のバランスが取れた状態です。こちらを目指していきます。)

 

特に男性は、普段地声で話すことが多いので、地声の筋肉に対して、裏声の筋肉が弱いことが多いです。

このステップを徹底することで、次のステップであるミックスボイスのトレーニングの効果が劇的に上がりますから、頑張っていきましょう!

SETP③ 地声と裏声の融合 

最後はいよいよ、地声と裏声の融合です。

今まで整えてきた素材を使って、地声と裏声を綺麗につなげることができるミックスボイスのトレーニングをしていきます。

 

そうすることで、低音から高音までひっくり返ったり張り上げたりすることなく歌えるようになります。

 

「いや、言いたいことはわかったけど、何から始めればいいのよ?」という

 

ミックスボイスを習得したいあなたは、知識ゼロからミックスボイスを習得する方法を無料公開しています。

ぜひ、下記よりご覧くださいね。

 icon-angle-double-right [保存版]ミックスボイスを出す練習方法や仕組みを超解説

今回は以上となります。お疲れ様でした^^

ミックスボイスを習得する方法

無料オンライン講座900人登録記念として、

喉を自由にし、圧倒的な歌唱力を身につけるための動画講座を期間限定で無料でプレゼントしています。

 

☑︎力強い高音発声

☑︎透明感のある美しいミックスボイス

☑︎音波のようなビブラート

☑︎遠くまでよく響く声量のある声

 

このような技術を手に入れて、高い歌唱力を身につけたい方のためのボイトレノウハウを全12本の動画講座にギュッと凝縮しました。

 

ぜひ、一緒に圧倒的な歌唱力を目指しましょう。


無料講座の詳細はこちら



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 0 件のコメントが寄せられています。
動画講座プレゼント
圧倒的な歌唱力を手に入れよう。
動画講座プレゼント
圧倒的な歌唱力を手に入れよう