輪状甲状筋の鍛え方|超スパルタ練習法【中・上級者向け】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

今回は、輪状甲状筋を効率よく鍛えることができる超スパルタ練習法についてお話

していきたいと思います。

このブログをご覧になっている方の多くは男性だと思いますが

多くの男性は「完全な地声」で話していることが多いため

裏声系の筋肉である「輪状甲状筋」が鍛えられていないことが多いです。

「輪状甲状筋」を鍛えるためには裏声をだせ!という情報は間違っていませんが

どう発声するのかが重要です。

今回の内容は、実際の僕のレッスンでも用いている最強のツールが登場するので

正直お金をいただきたいくらいです!(笑)

皆さんの発声の向上のお役に立てたらと思いますので

是非最後までゆっくりしていってくださいね。

 

1.めちゃハード!輪状甲状筋の鍛え方をご紹介

 

輪状甲状筋を極限まで働かせるツールをご紹介したいと思いますが、

その前に注意点。

このツールは基本的にボイストレーニング中級者以上を対象にしています。

初心者の方が行ってもそもそも声がでない可能性がありますのでご注意ください。

1-1小声でファルセット

小声で「フー!」とファルセットを発声してみましょう。

ファルセットとは息もれのある裏声のことですね。

具体的にはB3からB4までの音域を目安にトレーニングを始めてみるのが

いいと思います。(慣れてきたらさらに高音域、低音域での発声をすることも効果的です。)

【小声でファルセット】

B3からB4までは裏声系の筋肉だけを働かせることができる音域だからです。

それ以外の音域になりますと、その他の筋肉群が働きだすことを意味します。

また、母音「ウ」を扱う理由としては、

「ウ」は純粋な裏声だけに負荷をかける最適な母音だからです。

しっかりと「フー」と息の抜けた裏声の練習をする大きな理由ですね。

 

 

練習する際の注意点

①芯のある声いわゆるヘッドボイスにならないように。

②高音に移行するにつれて声を大きくしないように。

③2~4秒程しか声は続かない!それ以上はヘッドボイスを疑うように。

④無意識に母音を変えないように。

⑤首周りに過度な力を入れないように。

⑥録音をするように

 

 

1つ1つご説明していきます。

 

①芯のある声いわゆるヘッドボイスにならないように

芯のある裏声(いわゆるヘッドボイス)にならないように注意しましょう。

地声と裏声をうまく分離することができない状態(このサイトでは声の混合状態と呼んでいます。)

になっている方の場合、小声でファルセットすなわち息もれのある裏声を発声することは

難しいことが多いです。

多くの場合キンキンした本来のヘッドボイスではないけれども芯のある裏声

ヘッドボイスもどきのような声になってしまうことが非常に多いです。

【小声で裏声に芯が出てしまった悪い例】

順次掲載予定です

小声でどうしても息だけが抜けて声がでない・もしくはヘッドボイスもどきのような声になってしまう

方はまずは呼気圧をしっかりとかけた声量のある息もれのある裏声を発声しましょう。

 

徐々に筋肉が発達し、やりやすさを感じてくるはずなので

その段階までトレーニングを継続したならば、徐々に小さな声でも

息もれのある裏声のファルセットを発声できるようにしていきましょう。

②高音に移行するにつれて声を大きくしないように。

高音に移行するにしたがって声も大きくしてしまうことは

避けましょう。

声の混合状態・輪状甲状筋が弱い方によくみられるケースです。

裏声発声で高音域に移行する際に詰まる感覚がある方は要注意です。

【高音に移行するにつれて声量が増してしまう悪い例】

順次掲載予定です

 

G5くらいまで普通の声量であれば無理なくファルセットを発声できるようであれば

今現在あなたができる小さなファルセットでの限界の音に根気強く取り組むことで

徐々に改善していくことが多いのですが

普通の声量でもファルセットがA4~C5くらいまでしか発声できません!

という方の場合、まずは呼気圧をしっかりとかけた声量のあるファルセットの発声音域を広げる

必要があります。

スタッカートでの練習もとても効果がありますので、是非取り組んでみてくださいね。

 

③2~4秒程しか声は続かない!それ以上はヘッドボイスを疑うように。

正しいファルセットであれば2~4秒程しか声をロングトーンで発声することはできませんので

それ以上発声できる場合、ヘッドボイスよりの発声になってしまっている可能性が非常に高いです。

この場合そもそも小さなファルセットでの練習をできない可能性が高いので

やはりここでも呼気圧をしっかりとかけた普通の声量でのファルセットの練習から入りましょう。

 

④無意識に母音を変えないように。

ファルセットの練習中に無意識に母音が変わってしまうことがないように

注意しましょう。

よくある悪い例として、「ウ」「ア」になることを挙げることができますが

これは無意識に裏声系の筋肉である輪状甲状筋で補いきれない分を地声系の筋肉である

甲状披裂筋などに頼った結果、甲状披裂筋が働きやすい母音である「ア」

に無意識に逃げてしまっているからです。特に高音域になるとこの症状は顕著に現れます。

このような状態で練習を続けていても輪状甲状筋だけでなく地声系の筋肉にも

負荷が逃げてしまっているのでよろしくないですので気をつけましょう!

➄首周りに過度な力を入れないように。

首周りに過度に力をいれないように注意しましょう。

これが一番最悪です(笑)

輪状甲状筋だけで発声できない

地声系の筋肉群に頼る(母音が「ア」に近づく・音質がするどくなるなどの変化が生じる)

それでも当てられない音は喉頭(声帯が住む家)を引き上げる補助として首周りの筋肉群をガチガチに固める

多くの方がこんな症状に当てはまると考えているわけですが

その中でも一番やってはいけないことが首周りに力が入ることなので

過度な力が首周りにかかるようであればこの練習は即刻中止してください。

この➄に当てはまる方は、そもそもの地声発声、裏声発声のフォームを固める

練習が必要なので 僕の記事の高い声の出し方 |ミックスボイスまでのプロセス などをご覧いただければと思いますが

このレベルからの独学は非常に困難を極めますのでトレーナーにつくことをおススメします。

⑥録音をしよう!

息漏れの裏声を発声して輪状甲状筋を鍛えるときは

必ず録音をしましょう。

①~⑤までの間違いを録音せずにあなた一人で気づくことはかなり難しいからです。

地声と裏声が悪い状態でこんがらがってしまう混合状態に陥る可能性も

あるので気を付けましょう。

created by Rinker
TASCAM
¥9,582 (2018/12/16 17:15:21時点 Amazon調べ-詳細)

また「完全に独学で練習していくぞ!」という場合は

輪状甲状筋に特化しているといってもいい「奇跡のボイストレーニング」

を使いながら行ってみてください。

 

初心者向け

中級者~上級者向け

上級者向け

本を読んでもつまづくところは以下の記事で詳しく解説しています。

本とセットで練習に使ってください。

ボイトレ本|ボイストレーナーが厳選した本をご紹介①

 

2.コラム 輪状甲状筋とは?

ボイストレーニングでちらほら目にする輪状甲状筋とは

どのような筋肉なのかを分かりやすくご説明します。

2-1声帯を引っ張る役割を担う

輪状甲状筋は甲状軟骨と輪状軟骨と言われる2つの軟骨の間に位置する筋肉の名称です。

赤い筋肉が輪状甲状筋ですね。

この筋肉は声帯を引っ張る役割を担っている筋肉です。

輪状甲状筋が収縮することで甲状軟骨が前に倒れます。そのとき声帯も一緒に引き伸ばされるわけですね。

声帯が引っ張られるということは声帯は薄く引き伸ばされますので

高い音が発声されます。(たるんだゴムをはじくよりも、ピンと張ったゴムをはじく方が高い音がでるのと

原理的には同様です)

つまり、この筋肉が弱いと声帯を十分に引っ張ることができないため

高音域での発声に問題が生じるわけです。

これが、ミックスボイスや高音発声において輪状甲状筋を鍛えること

が重要だと言われている所以です。

2-2ピッチ(音高)にも深い関りがあります!

輪状甲状筋はピッチ(音高)にも深い関りがあります。

輪状甲状筋は何も高い声を出すためだけに存在しているわけではありません。

声帯を引っ張る加減で音程が変化するわけですから

当然ピッチを調整するのも輪状甲状筋がメインとなって担っているお仕事なのです。

ピッチ感が悪いと悩まれていた僕の生徒様でも

裏声系のトレーニングをメインに組んだところ劇的な改善が図られたことは

何度も経験しています。

2-3間違った練習で輪状甲状筋を鍛えることは難しい

間違った練習方法で輪状甲状筋を効率的に鍛えることは

非常に難しいです。

よくある例として、裏声が鍛えられていない生徒さんに対して

すぐに鋭い裏声を体得させようと声帯を閉じさせて

ヘッドボイスもどきを習得させようとするトレーナーがいますが

これは大きな間違いと言わなければなりません。

芯のある裏声とは、ファルセットが鍛えられて徐々に発声されていくものだからです。

まずは、この記事やファルセットの意味とは|ヘッドボイスへ移行する練習法 などの記事を参考にしていただき

正しいファルセットの練習から始めていくことを強くお勧めします。

3.まとめ

今回は、主に中上級者向けとして記事を書かせていただきました。

人によってはかなり難しいツールかと思いますが

正しいフォームで練習を継続することができれば

輪状甲状筋を効率的に鍛えることができるだけでなく

僕がボイストレーニングの第一段階としている

声の分離も加速度的に進めてくれるので

是非これからのトレーニングに組み込んでみてくださいね。

今回も、最後まで御覧いただき、本当にありがとうございました。

無料カウンセリング:最速でミックスボイスを手に入れる全手法

繋声~mastering mixedvoice~では、Skypeでの無料カウンセリングをご用意しました。

”あなただけのための”カスタマイズされた濃密なノウハウ

をすべて無料にてご提供しています。

発声のお悩みをじっくりとヒアリング

あなたの発声の状態を詳しく診断

あなたの発声の状態に最も効果のあるエクササイズを「すべて」提供

ミックスボイスを習得するために必要なこと・やってはいけないことをわかりやすく伝授

「スクールの説明だけで、何にも有益な情報を得られなかった!」

こんな経験をされた方は是非、繋声~mastering mixedvoice~の無料カウンセリング

に参加してみてください。

理論に基づいたあなた専用のトレーニングに、きっと感動していただけるはずです。


無料で悩みを相談してみる



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

【無料】ボイトレ無料カウンセリング
あなたに合ったトレーニングを。
無料カウンセリング
カスタマイズ型ボイトレ。