【太い声を作れ!!】輪状咽頭筋を効率的に鍛える方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

今回は、輪状咽頭筋を効率的に鍛える方法というテーマでお話していきます。

「輪状咽頭筋って何?鍛え方は?

鍛えるメリットは?」

こんなあなたの疑問に答えます。

 

※ボイストレーナーの金子の歌声です。当記事を参考にするかどうかの判断基準としてください。

(音源の最高音は、A4(hiA、高いラの音)です。

 

1.輪状咽頭筋とは

輪状咽頭筋とは喉頭を下後方へ引く役割を担う筋肉のことです。

下の図の赤囲みの部分が輪状咽頭筋です。

 

 

 

2.輪状咽頭筋を効率的に鍛える方法とは

輪状咽頭筋を効率的に鍛える方法をご紹介します。

【裏声発声で「チャー!」と後ろに引くイメージで発声する】

裏声発声で「チャー!」と後ろに引くイメージで発声してみましょう。

 

【参考音源:裏声発声で「チャー!」と後ろに引くイメージで発声する】

順次掲載予定です

 

このトレーニングは喉頭を後ろに引く意識を強く持つことが重要です。

輪状咽頭筋を全く意識したことがないというあなたは、

もしかしたら後ろに引くという感覚が全く分からないかもしれません。

しかし、最初は意識するだけでもOKとしています。

筋肉が発達し、後ろに意識がいくようになったらガンガン引いていきましょう。

 

 

3.輪状咽頭筋を鍛えることで得られるメリットとは

輪状甲状筋を鍛えることで得られるメリットは下記の通りです。

 

・深い声や太い声などを発声しやすくなる

・細くなりがちな高い声を力強く発声しやすくなる

 

実際に喉頭を後ろに引くイメージで声を出していただくと、同じ音程で普通に発声した

ときよりも声が太く深く聴こえるのが分かると思います。

 

高い声が弱い・細いと感じているあなた・もっと深い声を習得したいと考えているあなたにとっては

この筋肉はカギとなりますので、意識して鍛えていくようにしてくださいね。

必見:ミックスボイス養成noteのお知らせ(第1章無料公開中)

(※第1章のノウハウを無料で公開しております。ぜひご覧ください。)

「ボイトレ本は持っているし、練習もしている。。でもレッスンを受けるのは難しい。

でもやっぱりミックスボイスを習得したい。」

そんな要望を1年程前から、多数いただいておりました。

 

そこで、今回当スクールでミックスボイス養成noteを販売させていただくことになりました。

ボイトレ本はもちろん素晴らしいツールなのですが、当たり前ですが、「多くの人が悩みそうな症状」を

解決するために一点集中で悩みを解決できるような訓練法をのせることができません。

 

しかし、当noteは基本的には1テーマで1記事をベースにしているため、人それぞれの症状に合った

訓練法を提供することができるようになりました。

 

さらに、今まで1000人を超える生徒様を指導してきた経験から、手本の音源はもちろんのこと、

想定されうる失敗例なども全て音源化し、収録することで、講師と生徒間の認識のずれを最小減に抑えました。

 

独学での練習で、間違った方向に歩を進めたくない方は、ぜひミックスボイス養成noteをご利用ください。

 icon-angle-double-right ミックスボイス養成note

最後までご覧いただいて、本当にありがとうございました。

無料カウンセリング:最速でミックスボイスを手に入れたいあなたへ

繋声~mastering mixedvoice~では、Skypeでの無料カウンセリングをご用意しました。

”あなただけのための”カスタマイズされた濃密なノウハウ

をすべてご提供しています。

発声のお悩みをじっくりとヒアリング

あなたの発声の状態を詳しく診断

あなたの発声の状態に最も効果のあるエクササイズを「すべて」提供

ミックスボイスを習得するために必要なこと・やってはいけないことをわかりやすく伝授

「スクールの説明だけで、何にも有益な情報を得られなかった!」

こんな経験をされた方は是非、繋声~mastering mixedvoice~の初回カウンセリング

に参加してみてください。

初回カウンセリング費用は、今なら無料。

理論に基づいたあなた専用のトレーニングに、きっと感動していただけるはずです。


無料で悩みを相談してみる



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

 0 件のコメントが寄せられています。
無料で有料級ボイトレ教材をプレゼント。
理想の発声を。
ボイトレ教材プレゼント。
ミックスボイスを習得しよう。