【超理論派】甲状舌骨筋を鍛えるたった2つの練習法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

今回は甲状舌骨筋を鍛える2つの練習法を詳しく解説します!

「甲状舌骨筋って何?鍛え方は?

鍛えるとどんないいことがあるの?」

そんなあなたの疑問に答えます。

※ボイストレーナーの金子の歌声です。当記事を参考にするかどうかの判断基準としてください。

(音源の最高音は、A4(hiA、高いラの音)です。

1.甲状舌骨筋の役割とその効果とは

下記の図の赤四角で示した筋肉が甲状舌骨筋です。

難しい名前ですが、丁寧に解説しますので、安心してくださいね。

役割とそれを動かせるようにしていくことで発揮する効果を見ていきましょう。

 

甲状舌骨筋の役割

甲状舌骨筋の役割は、主に喉頭を引き上げることです。

また、喉頭が引き上がると同時に、喉頭の中にある筋肉(内喉頭筋)の地声系の筋肉が連動して働くようになっています。

つまり、下記のような働きをするわけです。

甲状舌骨筋が働く→喉頭が引き上がる→連動して声門の閉鎖が強まる

甲状舌骨筋の効果

甲状舌骨筋の役割の章でお伝えしました通り、地声の筋肉が働き閉鎖が強まることから下記のような効果を得ることができます。

 

icon-arrow-circle-o-right 声量の増大

icon-arrow-circle-o-right 声の響きの改善

icon-arrow-circle-o-right ロングトーンの改善

 

「声量が小さい」

「息が続かない」

上記のような悩みを抱えている方は、特にこのトレーニングで改善する幅が大きいことがあります。

2.「イ」母音トレーニング(地声)

上記の図の赤四角が甲状舌骨筋ですね。

喉頭を引き上げる働きと、それに連動して内喉頭筋(喉頭の中の筋肉)の声帯の閉鎖を強める筋肉を働かせる役割を持っています。

【参考音源:地声「イ」母音トレーニング】

また、このトレーニングを実践されるときは下記のポイントに注意してみてくださいね。

トレーニングの効果を上げることができます。

POINT① 無意識に母音を変化させない

無意識にでも、母音を変化させてしまうことのないように注意しましょう。

なぜなら、「イ」が喉頭を一番高い位置に保つことができる母音だからです。

喉の構造上、通常母音「イ→エ→ア→オ→ウ」の順番でそれに連動して喉頭が下がるようにできています。

 

つまり、「イ」以外の全ての母音はどれでも喉頭を下げる働きをしてしまうのです。

甲状舌骨筋は、喉頭を引き上げる働きをするときに働くのはご存知の通りです。

ですから、なるべく喉頭を高い位置に保つ「イ」をキープする意識をしてみてくださいね。

 

POINT② 息漏れさせない

トレーニングをするときは、息漏れをさせないように注意しましょう。

すでに解説しましたが、喉頭の中の閉鎖を強める筋肉が息漏れによってうまく使えなくなってしまうからです。

 

喉頭を引き上げることで、閉鎖が強まるという自然な流れを阻止しないように、

しっかりと息を止めるなどして声帯(声門)を閉じる意識をしておきましょう。

 

POINT③ トレーニングはE4までとする

トレーニングをするときは、E4(真ん中のミ)までで練習するようにしましょう。

なぜなら、E4以上の音域では、どうしても裏声系の筋肉が同時に働いてしまうからです。

POINT②でもお伝えしましたように、地声系の筋肉を働かせてあげることも大切なトレーニングです。

裏声の筋肉に負荷を分散させてしまわないように気をつけましょう。

 

2.「イ」母音トレーニング(裏声)

【参考音源:「イ」母音トレーニング】

音源を真似することから始めてみてください。

POINT① 無意識に母音を変化させない

無意識にでも、母音を変化させてしまうことのないように注意しましょう。

なぜなら、「イ」が喉頭を一番高い位置に保つことができる母音だからです。

喉の構造上、通常母音「イ→エ→ア→オ→ウ」の順番でそれに連動して喉頭が下がるようにできています。

 

つまり、「イ」以外の全ての母音はどれでも喉頭を下げる働きをしてしまうのです。

甲状舌骨筋は、喉頭を引き上げる働きをするときに働くのはご存知の通りです。

ですから、なるべく喉頭を高い位置に保つ「イ」をキープする意識をしてみてくださいね。

 

POINT② 息漏れさせない

トレーニングをするときは、息漏れをさせないように注意しましょう。

すでに解説しましたが、喉頭の中の閉鎖を強める筋肉が息漏れによってうまく使えなくなってしまうからです。

 

喉頭を引き上げることで、閉鎖が強まるという自然な流れを阻止しないように、

しっかりと息を止めるなどして声帯(声門)を閉じる意識をしておきましょう。

 

POINT③ 地声特有の重さを感じたら修正する

地声特有の”重さ” を感じたら、すぐに修正するようにしましょう。

そもそも、このトレーニングは裏声主体のトレーニングです。

 

確かに地声系の筋肉は働いているのですが、

いわゆる地声らしさを形作っている筋肉(内甲状披裂筋)は働かないはずの発声です。

ですので、あくまでも裏声の体感でしっかり芯がある声なんだということを抑えていただければと思います。

 

また、ミックスボイスの習得や発声の向上を目指すあなたは下記の講座で

ミックスボイスを習得するためのノウハウを無料公開していますので、

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

必見:本気でミックスボイスの習得を目指すあなたへ

本気でミックスボイスの習得を目指すあなたのための無料メール講座「SBMでミックスボイスを習得する方法」

を開講しております。

 

ご参加いただいた方には、期間限定特典として有料級ボイストレーニング動画教材「SBM Regular」を”無料で”プレゼント

させていただきます。

 

綺麗なミックスボイスを身に付けたい

・長時間歌っても枯れない声が欲しい

パワフルな歌声を手に入れたい

 

1つでも当てはまるあなたは、ぜひお気軽に無料メール講座にご参加いただければと思います^^

 

 icon-angle-double-right 無料メール講座「SBMでミックスボイスを習得する方法」

 

最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

無料カウンセリング:最速でミックスボイスを手に入れたいあなたへ

繋声~mastering mixedvoice~では、Skypeでの無料カウンセリングをご用意しました。

”あなただけのための”カスタマイズされた濃密なノウハウ

をすべてご提供しています。

発声のお悩みをじっくりとヒアリング

あなたの発声の状態を詳しく診断

あなたの発声の状態に最も効果のあるエクササイズを「すべて」提供

ミックスボイスを習得するために必要なこと・やってはいけないことをわかりやすく伝授

「スクールの説明だけで、何にも有益な情報を得られなかった!」

こんな経験をされた方は是非、繋声~mastering mixedvoice~の初回カウンセリング

に参加してみてください。

初回カウンセリング費用は、今なら無料。

理論に基づいたあなた専用のトレーニングに、きっと感動していただけるはずです。


無料で悩みを相談してみる



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

 0 件のコメントが寄せられています。
無料で有料級ボイトレ教材をプレゼント。
理想の発声を。
ボイトレ教材プレゼント。
ミックスボイスを習得しよう。