2年間毎日歌の練習をした結果…【無事死亡】

こんにちは、ボイストレーナーの金子です。

 

今日は2年間毎日歌の練習をしたのに、歌が上手くならなかった理由

というテーマで話していきます。

 

これを読んでくれている人の中には、

一生懸命カラオケやスタジオで歌の練習をしている人も多いんじゃないかな

と思います。

 

ただ、昔の僕と同じように

「いくら歌の練習してもなかなか歌が上手くならないです」

とお悩みを抱えている人たちからめちゃくちゃ質問が届くんですね。

 

だからこそ今回、僕が2年間毎日歌の練習をし続けても上手くならなかった

理由と、その対策について話していこうと思います。

 

僕の実体験に基づいた話で、めちゃくちゃ重要な話をしますので

ぜひ最後まで読んでみてもらえると嬉しいです。

 

これは僕が歌を始めた頃の話なんですけど。

当時、毎日カラオケま●きねこに通って歌の練習をしてたんですね。

 

恥ずかしい話なんですが、当時は

キーの高い曲を歌いまくって入れば、高音が伸びる!と本気で信じてました。

 

だからひたすらに自分の限界の音域の曲を真っ赤にして歌いまくってたんですよね。笑

 

ただ、それだけ練習しても

なかなか歌唱力は伸びなかったんですよ。

 

冗談抜きに、まともに歌い切れる曲は一曲もないほど音域が狭いままだったし、

キンキンした細い声質のまま改善しないし、

2、3曲歌うだけで喉が痛くなるのも変わらなかったし、最悪な状況は改善しませんでしたね。苦笑

 

そんな状況もあって「このままだと、いよいよ何年経とうと歌が上手くならないんじゃないか…?」

と急激に不安になってきて、

それでボイトレを始めたわけなんですね。

 

実際に先生に教えてもらいながら、根本的な「発声」の改善をしていったんですよ。

 

喉の筋肉を適切に鍛えて、音域を広げたり

声量を出せるようにしたり、、と、

 

歌の土台である発声、つまり声の出し方を根本的に変えていくトレーニングを続けました。

 

すると、僕の場合指導力の高い先生に教えてもらえたのもあって

ぐんぐん歌唱力が伸びていったんですよ。

 

今までだったら逆立ちしても歌えなかった高音の曲も

鼻歌感覚で楽に歌えるようになったり、

狙い通りの声質で歌えるようになったり、何曲歌っても声枯れしなくなりました。

 

今まで毎日のようにカラオケで歌い込んでも上手くならなかったのに、

急に歌唱力が上がり始めたので、この時は本当に嬉しかったですね。

 

で、僕はこの経験を通じて

「ただやみくもに歌い込んでも歌は上手くならない」という基本的な事実を

初めて身をもって実感したんです。

 

というのも、

自由に歌うためには”発声”、つまり声の出し方のレベルを上げておかないといけないんですよね。

 

そして、そのいい発声を手に入れるためには、結局ボイトレをしないと改善しないわけです。

 

そもそも理想的な発声というのは、喉の筋肉がバランス良く鍛えられた状態

初めて成り立つんですよね。

 

たとえば喉の筋肉がA、B、C、Dと存在する時、

ABCDの筋肉全てが満遍なくバランス良く鍛えられてないといけないんです。

 

でも普通に歌い込んでいるだけでは、その鍛えたい全体の筋肉のうちのほんの一部しか

鍛えられません。

 

特に僕の場合、好きなアーティストの発声を無意識に真似してたのもあって

余計に偏った喉の筋肉の使い方しかできてなかったんです。

 

例えるなら、喉の筋肉Aだけを使って歌っている感じだったんですね。

 

これじゃ両手両足あるうちの”片足だけ”を使って

全速力で走ろうとしているようなものです。笑

 

だから、毎日のようにカラオケに通っても一向に上手くなることはなかったんですね。

 

だからこそ僕自身、それからは

きちんと発声を高めるボイトレ的な練習と、歌の練習(ボーカルトレーニング)

はきっちり分けて考えるようになりました。

 

そしてそれはレッスン生の皆に対しても同じです。

 

高音が出なかったり、声量が出なかったりと

そもそも発声に問題がある生徒さんには、

 

当たり前ですけど、やみくもに歌わせることはせず

まずは発声の改善を促すトレーニングをトコトンやってもらってます。

 

そして発声が改善してから、表現力を高めるための歌い込みの練習をしてもらってるんですね。

 

あくまでも順番は

発声改善→歌い込みですね。

 

この順番がめちゃくちゃ大事です。

 

だからもし、毎日のように歌っているのに歌が上手くならない人が

いるとしたら

それは歌い込みをやる前に「発声」を治した方が圧倒的に早いかもしれないので

気をつけてみてくださいね。

 

じゃあ具体的に何をしたらいいのか?というと、

このお話でも触れましたが、適切に「喉の筋肉」を鍛えていくことです。

 

そのステップには3つのステップがあって、それも欠かせないステップなんですが

全部話すと長すぎるので興味がある人は下の記事にまとめておいたので

読んでみてくださいね。

 

発声改善ルート

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

公式LINEに追加して歌唱力アップしよう

地声で高音をパワフルに発声できる「ベルティングボイス」の習得法

裏声体感で楽に高音を発声できる「ミックスボイス」の習得法

自動でかかり続けるビブラートの習得法

楽に爆発的な声量を出す方法

などを動画講座として公式LINEで配信しています。


無料で友達追加できるのでよかったら覗いてみてくださいね。

自由な喉ボイストレーニング 公式LINE


それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください