こんにちは、ボイストレーナーの金子です。

 

最近、

「ボイストレーニングを始めたいのですが、

何からやっていいか分かりません」

こんなお悩みを沢山もらいます。

 

そこで、ここではこれから本格的にボイトレがやる方がやるべきトレーニングを

順序立てて解説します。

 

上から順番にトレーニングしていくことで、着実に歌唱力が高まっていくように設計してるので、

どの項目もスキップせずに実践してみてください。

パーツの分離

唇、舌、地声、裏声、顎、仮声帯、喉頭蓋、軟口蓋…etc

など、喉に関係するパーツを

全てバラバラに動かせるように訓練するところからスタートします。

 

というのも、僕らの喉のパーツはごちゃごちゃに絡まってるからです。

 

試しに、

手をパーに開いた状態から「小指だけ」を曲げてみてください。

 

どうですか…?

おそらくいっしょに薬指まで曲がってしまったと思うんですね。

 

こんなふうに、一つのパーツを動かそうと思っても

他のパーツまで一緒に動いてしまうことを“混合(こんごう)”と呼んだりします。

そして、まさに僕らの喉は混合しているのです。

 

たとえばこんな具合。

 

・口の形を変えれば、連動して喉のポジションまで変わってしまう…

・地声の筋肉だけ使いたいのに、裏声の筋肉まで一緒に動いてしまう…

・声帯だけ使いたいのに、仮声帯も動いてしまう…

 

ちなみにこれ、全部むかしの僕の喉の状態です。汗

 

これ以上の混合があるか?ってくらい、喉が混合していました。

それに気づかず

地声と裏声を混ぜるミックスボイスのコツを含めて、

表面的なテクニックばっかり追い求め、練習してきました。

 

でもそれは、

走り込みや筋トレを一切しないで、

いきなり、イチロー選手のバッティングフォームを真似し続けるようなものだったのです。

 

基礎がないのだから、その上に成り立つ応用が

うまくいくわけがなかったんですね。

 

恥ずかしい話ですけど、

知識不足だった当時の僕は、ミックスボイスなどの高等テクニックを習得するための

土台が大事だなんて夢にも思いませんでした。

 

だからこそ、このブログで学んでいただいている方には、

面倒でも喉のパーツをひとつひとつ

バラバラに動かせるようにする”パーツの分離”からボイトレをスタートしてほしいと

思っています。

トレーニング内容

パーツの分離でやるべき具体的なトレーニング方法を解説しました。

上から順番にやってみてください。

地声と裏声を分けてみよう

仮声帯と声帯を分けてみよう

唇と喉を分けてみよう

パーツの強化

歌に使える状態に持っていくために、パーツを鍛える”喉の筋トレ”を行なっていきます。

トレーニング内容

地声と裏声のバランスを整えよう

あらゆるスキルを習得できる”土台”を完成させよう

アンザッツ1の練習法

アンザッツ2の練習法

アンザッツ3aの練習法

アンザッツ3b(≒ミックスボイス)の練習法

アンザッツ4の練習法

アンザッツ5の練習法

アンザッツ6の練習法

パーツの調整

ここでいよいよ、パーツの調整です。

つまり、ミックスボイス、ビブラート、フェイク…

など、みんなが求めている華やかなテクニックを習得していく段階に入るわけです。

 

僕らは、すでにパーツの分離も強化も済んでいるわけなので、

たとえば

ミックスボイスに特化した練習をしても、ベルティングボイスに特化した練習をしても

土台がない人よりも、一気にスキルを習得できるようになってます。

 

安心して、習得したいテクニックの訓練をゴリゴリと進めてほしいなと思います。

トレーニング内容

ミックスボイスの王道習得法

ミックスボイスがガラガラするときの対処法

小声ミックスからミックスボイスに移行する方法

張り上げミックスボイスの改善法

さらに深く学びたいあなたへ

ここまででも基礎を網羅しているつもりですが、

さらに深くボイトレを学び、歌唱力を高めていきたい方向けに、

“理想通りに歌える3STEP”というボイトレ講座(無料)を開設しました。

 

公式LINEで毎日お届けするトレーニングをこなしていき、

ステップバイステップで歌唱力を高めていくことができる。

そんな構成になっています。

 

下記からお友達追加してみてくださいね。

歌唱力を高めるための3STEP

 

それでは、ありがとうございました。