アンザッツ1の練習法を超解説!【動画•音声あり】

こんにちは、ボイストレーナーの金子です。

今回は、アンザッツ1を解説します。

動画で解説

 

アンザッツ1の練習法

【図解:アンザッツ1】

アンザッツ1では、前上方向に喉を引きます。

 

【参考音源:アンザッツ1】

 

「イ」母音を使って、ペラペラした変な地声を出してみてください。

というのも、「イ」という母音が、喉を引き上げやすいとされているからです。

 

だからこそ、前歯を全部見せるつもりで

思い切り「イ」と口を横に開くように注意しましょう。

 

この時「イ」以外の母音に近づくと、喉が上がりにくくなってトレーニングにならないので、最悪です。笑

 

僕の生徒さんでも、「イ」と発声しているつもりで、

実は「ウ」っぽくなっていたり、「エ」っぽくなっていることがよくあります。

 

そして、その度に何度も何度も母音を強制してもらって、生徒さんが完全な「イ」で発声できるようになると、

みんな一気にトレーニングの効率が上がって、効果が出てきます。

 

それくらい母音は重要なんですね。

意味のないトレーニングほど悲しいことはないです。母音には気をつけましょう。

 

注意点:喉の痛みについて

喉が上がる動きと連動して

仮声帯(声帯の少し上に位置するパーツ)が、過剰に介入してくることがあります。

 

すると、いわゆる”喉締め”になって、

初めのうちは喉にピリピリとした痛みが出ることがあります。

 

僕の場合、仮声帯が過剰に働きすぎて喉がやられて

1日中喉がヒリヒリして痛かったこともあったくらいです。

 

だからこそ、ちょっとでも喉が痛いと思ったら

すぐにトレーニングをやめてください。

 

そして、小声で練習するようにしてみてください。

 

仮声帯は、大きな声になればなるほど介入してくる性質があるので、

ここでは逆に声を小さくしてあげて、仮声帯の介入を防いであげるのです。

 

そして小声のアンザッツ1に慣れてきたら、少しずつ声量を上げていけばOKです。

まとめ

正直、最初にアンザッツを学んだときは、

「こんな変な声出して、なんの役に立つの?

効果ないでしょ」と思ってました。笑

 

でもアンザッツをやってなかったら、今頃僕はミックスボイスも習得できていないし、

一生上手く歌えることはなかったと思います。

 

アンザッツは僕のような凡人に光を与えてくれたトレーニングの一つです。

これは断言できます。

だから騙されたと思って、やってみてください。

 

それでは、ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

・地声のまま高音を発声できるベルティングボイス

・裏声体感で楽に発声できるミックスの習得方法

・自動でかかり続けるビブラートの習得方法

・力を入れずに、楽に爆発的な声量を出す方法

 

などを、動画講座として公式ラインで配信しています。

 

もちろん無料で友達追加できるので、よかったら覗いて見てくださいね。
下記から公式ラインの詳細をご覧いただけます。

公式LINE

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください