アンザッツ4の練習法を超解説!【動画•音声あり】

こんにちは、ボイストレーナーの金子です。

今回はアンザッツ4について解説します。

 

アンザッツ4はどんな声?

アンザッツ4は喉を後ろ上方向に引き上げる口蓋咽頭筋と、喉を前下に引き下げる胸骨甲状筋が働いて、

漂うような裏声になるのが特徴ですね。

ミッキーマウスみたいな裏声発声をイメージしてもらえると分かりやすいと思います。

 

【参考音源:アンザッツ4】

 

アンザッツ4の練習法

アンザッツ4番で練習するときは、

後頭部の方に声を当てるイメージで漂うような裏声を出します。

 

【参考音源:アンザッツ4】

 

ポイントは、しっかりと軟口蓋(喉ちんこ)方向に

声を当てることです。

つまり、声を”後ろ”に引っ張らなければいけないんですね。

 

ここで一番やりがちな間違いは、喉を逆方向の前上(アンザッツ1)方向に

引いてしまうことです。

 

【失敗音源:アンザッツ1寄りのペラペラした声】

 

これをやってしまうと、全く口蓋喉頭筋や茎突咽頭筋を鍛えられなくなるので、

トレーニングの意味がなくなっちゃうんですよ。

 

僕の生徒さんでも、最初は前上方向に声を飛ばしてしまって、なかなか後ろ上方向に声を当てられなくなってしまう方が

かなり多いですね。

やっぱりみんなめちゃくちゃ苦戦してます。笑

 

ただ他のアンザッツと同じで、正しい意識を何度も伝えて修正してもらううちに、どんどん声を後ろに当てられるようになってくるので、

そこまで心配しなくて大丈夫です。

まずはどんどん声を出してみましょう。

 

まとめ

 

• アンザッツ4で働くのは、口蓋咽頭筋 • 輪状咽頭筋 • 胸骨甲状筋

•アンザッツ4は 女性ソプラノ歌手(もしくはミッキーマウス)のような柔らかい声

• 声を真上(アンザッツ1寄り)に当てないように注意

 

この記事でアンザッツ4を少しでも理解してもらえたら嬉しいです。

それでは、ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

・地声のまま高音を発声できるベルティングボイス

・裏声体感で楽に発声できるミックスの習得方法

・自動でかかり続けるビブラートの習得方法

・力を入れずに、楽に爆発的な声量を出す方法

 

などを、動画講座として公式ラインで配信しています。

 

もちろん無料で友達追加できるので、よかったら覗いて見てくださいね。
下記から公式ラインの詳細をご覧いただけます。

公式LINE

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください