アンザッツ3bの練習法を超解説!【動画•音声あり】

こんにちは、ボイストレーナーの金子です。

今回はアンザッツ3bの練習法を解説します。

 

アンザッツ3bはどんな声?

「アンザッツ3bとはどんな声ですか?」と

よく質問をもらいますが、簡単に言えば“ミックスボイス”です。

 

地声と裏声を繋ぐことを可能とする声、

“柔らかい地声”とも言えるかもしれません。

 

3b以外の全てのアンザッツの機能が蘇ったときに、初めて発声できる声と言われているのがこのアンザッツ3bです。

ということで、アンザッツ3bで歌ってみたので聴いてみてください。

 

【参考音源:アンザッツ3bで歌った例】

 

僕自身の感覚としては”軽い地声”で歌っている体感です。

 

アンザッツ3bは、間違っても西川貴教さんや遠藤正明さんみたいな

“太くて分厚い地声のような高音ではない”ということをハッキリ強調しておきます。笑

(地声感のある高音については、別途解説します。)

 

あくまでも薄い地声で、かといって完全な裏声でもない

地声と裏声が混ざったような声。

これこそがアンザッツ3bなんですね。

アンザッツ3bの練習法

最初にお話した通りで、アンザッツ3bは

軽い地声を意識して発声するとうまくいきやすいです。

 

最初は小声で発声することがポイントです。

C4〜E4(真ん中のドレミ)で小さい声で地声を発声していきましょう。

【参考音源:小声で地声(アンザッツ3b)】

 

あとこの時に一番大事なのは、

裏声にならないようにグッと踏ん張ることです。

 

というのも、

ほとんどの人がアンザッツ3bが出せない大きな理由の一つに

“リラックスしすぎ問題”があるからなんですよね。

 

確かに、一般的に楽に高音を出そうとする時、

「リラックスしよう」だとか、「肩の力を抜こう」

などなど、高音を出すためにはリラックスしなければいけない!絶対脱力!

みたいな風潮があります。

 

だからなのか、ミックスボイスだったりアンザッツ3bの訓練をするときに、

必要な力まで抜ききっちゃう方が本当に多いんですよ。

 

ただ、脱力して発声できるのは“理想系”の話であって、いきなり最初からそんな力の抜けた理想的な発声ができるわけがありません。

だからこそ、最初は多少苦しくても裏声にならないようにいい意味で力むことも必要なのです。

(ただ力み方を間違えると、声帯ポリープ一直線なのでご注意ください)

 

僕も最初は、ひたすら肩の力を抜いて、

喉の力を抜いて、、

と脱力を意識してましたが、

ただの裏声から抜け出すことはできませんでした。笑

 

力を抜きすぎて、ただのヘロヘロした裏声になってしまってたわけです。

 

だからこそ、先生の注意を守って

“多少力んでも仕方ない”の精神で、踏ん張ることを意識するようにしました。

 

その結果、アンザッツ3b、つまりミックスボイスのきっかけを掴むことができたのです。

今脱力を意識してうまくいってない方ほど、いい意味で力んでみてください。

 

曲に活かしてみよう

ある程度アンザッツ3bの発声に慣れてきたら、実際の曲で歌ってみるのがおすすめです。

 

叫ばずに、かといってひっくり返さずに、その中間の柔らかい地声で

歌っていくイメージです。

いきなり高音がポンポン出てくる曲だと失敗しやすいので、無理のない音域帯の楽曲を選んで歌うようにしてみてください。

まとめ

最後にアンザッツ3bのポイントをまとめておきます。

 

• アンザッツ3bは、他のアンザッツが完成したときに出せる

• アンザッツ3bは軽い地声を出すイメージ

• 脱力しすぎない。裏声にひっくり返らない程度に踏ん張る(力む)

 

こんなポイントに気をつけて練習してみてください。

それでは、ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

・地声のまま高音を発声できるベルティングボイス

・裏声体感で楽に発声できるミックスの習得方法

・自動でかかり続けるビブラートの習得方法

・力を入れずに、楽に爆発的な声量を出す方法

 

などを、動画講座として公式ラインで配信しています。

 

もちろん無料で友達追加できるので、よかったら覗いて見てくださいね。
下記から公式ラインの詳細をご覧いただけます。

公式LINE

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください