腹式呼吸で高音はだせない!|正しい高音発声の考え方

こんにちは、ボイストレーナーの金子です。

 

今日は腹式呼吸で高音は出ないという話です。

なんとも衝撃的なタイトルなんですが、今回はほとんどのシンガー

が知らない超がつく重要な話ですよ。

 

僕自身、これまでに4000人以上の生徒さんを指導してきたんですが、

その中には、腹式呼吸を一生懸命練習していた生徒さんも多いです。

 

お腹をべこべこ凹ませたり、丹田にグッと力を入れて声を出したり、

腹式を意識するために寝ながら発声したり。

 

スクールの先生に教えてもらったことや、ネットの情報を

見ながら腹式発声を練習していた人がめちゃくちゃ多かったんですね。

 

ただ、それだけ練習しても、

 

「どうしても高音を出すときに喉に力が入ってしまいます」

「腹式やっても、高音が出るようになりませんでした。。」

と悩んでいる人も実はかなり多いです。

 

中には、腹式をやったことで高音が出しづらくなってしまった、、

なんてお悩みをいただくことすらあります。

 

さすがにこれだけの人が腹式をやっていて、効果が出ていない現実を

見て、この記事を見た人が一人でも多く高音を楽に出せるようになって

くれれば、、と思ったので書きます。

 

僕自身、腹式発声の練習をやめたら高音が伸びる、という

経験をしているんですが、この記事を読めばその理由もわかってもらえると

思いますし、何より楽に高音が出るようになりますよ。

腹式呼吸で高音は出ない

さっそく答えから言ってしまうと、タイトルで書いてある通り

腹式呼吸で高音は出せません。

 

いやー、、腹式呼吸にはなんだかんだ苦しめられましたね。苦笑

 

当時歌を始めた頃、死ぬほど腹式呼吸の練習をしていたんですが、

なかなか高音が出るようにならなかったんですよ。

 

すこーしだけ太い高音になった、、かな?

くらいで、あとはむしろ喉の力みが増した感じが強かったし、

高音は苦しいままでしたね。

 

どんなに脱力しようとしても、

結局は目をギュッとつぶって、首筋ムキムキに浮き出るくらい力を入れないと

高音は出なかったんです。汗

 

でも通っていたスクールの先生に、

「もっと腹式で!もっと丹田に力入れて!支えて!もっともっともっと!」

なんて言われるもんだから、「これ以上力んだら子供産まれるわ!」

と思ってました。笑

 

でもそれくらい腹式を頑張っていても、全然高音が出なかったのです。

 

でもそれは今考えると、当たり前だったなと思いますね。

 

というのも、高音を出るか否か?は、主に喉の筋肉”の問題だからです。

 

高音を出すための喉の筋肉があれば、出る。なければ出ない。

以外にシンプルな理屈なんですね。

 

歌はスポーツと同じで、喉の筋肉運動です。

たとえば、僕らが歩けるのは脚だったり腕の筋肉を動かせるからですよね。

 

歌もそれと同じで、喉の筋肉を使っていろんな声を出していくわけです。

 

もちろん高音もそうですし、それ以外にも低音、大きな声、小さな声、

息っぽい声、芯のある声、、etc

 

全部、喉の筋肉を動かして出していきます。

 

ただ僕の場合、肝心な喉の筋肉が鍛えられていなかったので、

どんなに腹式呼吸の練習をしても高音が楽に出るようにならなかったんですよね。

 

もちろん、呼吸法を全否定しているわけじゃないですよ。

呼吸は喉のサポートになるのは間違いないし、ちゃんと練習すれば一定の効果もあります。

 


ただ優先順位を考えたときに、多くの人の場合は高音を出すために必要な

喉の筋肉を鍛える方が先ということですね。

 

僕自身も、この事をとあるボイストレーナーに習ったことで知れたんですが、

そこからはひたすら喉の筋肉をコツコツ鍛えていきました。

 

すると地声の音域も伸びていって、歌える曲もどんどん増えていきました。

今ではカラオケで歌えない曲はほぼなくなりましたね。

 

喉も楽で、パワフルに地声感のある高音で歌えるようになったんです。

 

もちろん、超歌上手い人たちと自分を比べると、「自分まだまだだな、、」

なんて悔しくなったりするんですけどね。笑

 

でも元々は”男なら誰でも歌える”と言われていた、福山雅治の曲ですら

「サビが高すぎる!」と叫んでいたくらいのレベルだったので、

そこから比べたらとんでもない成長率です。笑

 

これは間違いなく、喉の筋肉をコツコツ鍛えてきたおかげです。

教えていただいた先生には感謝感謝です。泣

喉の筋肉をコツコツ鍛えよう

話がそれましたが、

今腹式発声の練習を頑張っていて上手くいっていないなら

喉の筋肉を鍛える「喉の筋トレ」からスタートしてみてください。

 

もちろん、「歌っているだけでも喉の筋肉は使ってるし鍛えられるじゃん?」

と思うかもですが、

 

実は、僕らの喉の筋肉って普通に話していたり歌っているだけだと

ほとんど鍛えられません。

 

いや、正確には鍛えられるんですけど、話し声や歌声で使う喉の筋肉は

高音に必要な喉の筋肉のほんの一部なので、

喉の筋肉のつき方に差ができてしまう、つまりバランスが悪くなってしまうんですよね。

 

わかりやすく言えば、ずっと右腕だけをダンベルで鍛えまくっているイメージですね。笑

これは中々厳しいわけです。

 

だからこそ、きちんとボイトレで喉の筋肉をバランスよく鍛えていくこと、

これがめちゃくちゃ大事になってくるんですね。

 

じゃあどうすれば?となると思うんですが、それは発声改善ルート

という記事でたっぷり解説しています。

 

喉の筋トレの前にやるべき「発声の癖取り」から分かりやすくステップバイステップ

で学べるようになっているので、よかったら学んでみてください。

 

それでは、ありがとうございました。

公式LINEに追加して歌唱力アップしよう

地声で高音をパワフルに発声できる「ベルティングボイス」の習得法

裏声体感で楽に高音を発声できる「ミックスボイス」の習得法

自動でかかり続けるビブラートの習得法

楽に爆発的な声量を出す方法

などを動画講座として公式LINEで配信しています。


無料で友達追加できるのでよかったら覗いてみてくださいね。

自由な喉ボイストレーニング 公式LINE


それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください