こんにちは、ボイストレーナーの金子です。

 

ブログやYoutubeで発信していて、一番いただく質問が

「何から手をつけていいか分からない」というものです。

 

確かに僕がボイトレを始めた頃も、

(今ほどじゃないとはいえ)たくさんの情報が溢れていて

どんなトレーニングから始めていいかさっぱり分かりませんでした。笑

 

だからこそ、ここでは歌唱力を効率よく高めるための最短ルートを置いておきたいなと

思ったんですね。

 

もちろん、ここで改めて解説するからには

僕の自信作を置いていきます。

 

まず間違いなく有料級の内容と考えていただいて大丈夫です。

 

今までボイストレーナーとして勉強に勉強を重ねて

いろんな分野の超がつく優秀な先生方から教えてもらった再現性の高いトレーニング法を

たっぷり詰め込んでいます。

 

正しく取り組んでもらえれば、着実に歌唱力は上がっていく内容です。

ミックスやベルティングなどの高音発声はもちろん、

あらゆる歌唱スキルの習得につながる内容に仕上がってるので安心して取り組んでくださいね。

“取り組み方”が全て

結論、まずこの動画を見ていただきたいです。

 

 


タイトルにもある通り、「ミックスボイスを習得するまでのロードマップ」を徹底的に

解説している動画なんですが、

これをやるだけで総合的に発声が良くなるように設計しています。

 

個別のテクニックの解説というよりも、そもそもの喉の機能を根本から

高めるような発声訓練を収録しているので

この動画の内容は、高音、低音、声量、声の響き、がなり、ビブラート、フェイク、、

全てのスキルの習得につながるめちゃくちゃ重要な内容です。

 

だから何からやっていいか分からない場合は、まずこの動画を見てみてくださいね。

忘れないように今すぐにブックマークしておいて、何度も何度も見ていただけたらと思います。

 

で、このページではここからも具体的なトレーニング方法をたっぷり伝えていくんですが、

その前に効率的に歌唱力を高めるための取り組み方について

少しだけ触れておきますね。

 

正直、今までは具体的なトレーニング方法を中心に解説することはあっても

その”取り組み方”まではあまり触れてきませんでした。

 

なぜかというと、一見すると地味だし多くの人が興味を持てない内容だろうな

と思っていたからです。

 

でもここであえて話すのは、

正直な話、トレーニング法も大事ですが

実はボイトレにおいてはそれ以上に「取り組み方」が本当に大事になってくるからです。

 

事実、僕の周りでも正しい取り組み方でトレーニング法を実践している人たちは

着実に発声が改善していくし、歌唱力も飛躍的に伸びています。

 

でも逆に、取り組み方を間違えてしまっている人たちを見ていると、

どんなに素晴らしいトレーニング法を知っていても、残念なことに全く歌唱力が伸びていません。

 

どんなに新鮮な素材があっても、料理人がオワコンでは

まずい料理が完成するのと同じように、

 

どんなに優れたトレーニング法を知っていても、

取り組み方を間違えると、5年経とうと10年経とうと成長しない、、なんてことは

ザラにあるんですね。

 

だからこそ、当時教えてもらっていた先生からトレーニングの「取り組み方」

に関しては口酸っぱく注意されてきたし、それを徹底して守ってきました。

常に聴く。聴く聴く聴く。

ここまで読んでいただいて、「具体的に何をやれば?」となると思うんですが、

それは“聴くこと”です。

 

僕が意識してやっていたこととして、先生がくれた練習用の音声や動画を

常に聴いていました。

 

本当に側から見たら、異常レベルで聴き込んでいたと思います。笑

 

それこそ、通学中の電車の中でも、大学の講義中でも

バイト中でも、いつでもどこでも

暇さえあればイヤホンを耳に突っ込んで先生のお手本の声を聴いていましたね。

 

当然、家にいるときはBGM代わりに

先生の音声を部屋で流しっぱなしにしていました。笑

 

で、なぜそこまでしたのか?というと、

結局、効率よく歌唱力を高められるかどうか?は、耳次第だからです。

 

たとえば一流のシンガーは耳がいい、なんてよく言われますが

それは耳がいいと楽曲の手本を再現しやすくなるからです。

 

で、これはボイトレも同じなんですね。

 

効率よく声を改善していくには、

トレーニングの手本を忠実に再現する、つまり手本を”徹底的に真似る”のが大事だと言われてます。

 

でも昔の僕もそうだったんですが、

そもそもちゃんと耳が養われてないと、多くの人はその「真似」がまずできないんですよね。

 

手本を聴いたところで、正解の声の出し方を盛大に”勘違い”して捉えてしまうんです。

 

だから真似しているつもりでも、悪い意味でオリジナリティ溢れる

正解とずれた声の出し方をしてしまうんですよ。笑

 

もちろん僕もその一人でした。

 

レッスンで教えてもらったことを自主練で再現しているつもりでも

次のレッスンで確認してもらうと

「全然できてない!」と先生に叫ばれたことが3000万回くらいはあったと思います。w

 

だからこそ、徹底的に先生のお手本が詰まった音声や動画を聴きまくって

着実に耳を養ってきたんですね。

 

そのおかげで、レッスン以外の自主練でも正しくトレーニングを再現できたので

効率よく歌唱力を高められたと思っています。

 

ちなみに、僕のトレーニング方法に関しては

冒頭でも話した通りで、

発声を改善していくために必要なトレーニング法を詰め込んだ動画をアップしています。

 


ありがたいことに本質まで踏み込んだ内容にも関わらず、

2万回以上再生いただき、多くの方から好評をいただいてます。

 

この動画でトレーニング方法を一からステップバイステップで学べるのはもちろん、

耳が良くなっていきます。


だから何からやっていいか分からない場合は、まずこの動画を見てみてくださいね。

 

もちろん、最初はラジオ感覚で聴き流すだけでも全然OKです。

最初はとことんハードル低くいきましょう。

 

ボイトレはマラソンと同じで、継続できたら勝ちです。

だからいきなりハードル高くして挫折しちゃうのが一番もったいないんですよね。

 

繰り返しになりますが、最初はハードル低く。これが大事。

 

でもその代わり、暇な時間が1分でもできたら、この動画を聴き流してみてください。

日常の細切れ時間でもいいから、何度も繰り返し聴いてほしいんですね。

 

というのも、耳をよくするにはとにかく手本の声を聴く接触頻度を高めることが大事だからです。

 

海外に行って、ずっと繰り返し繰り返し外人さんの会話を聴いていると徐々に

英語の発音が聞き取れるようになってくるのと近いですね。

 

聴き流していくうちに、どんどん耳が養われてきて

今まで聴き取れなかった音が徐々に鮮明に聞き取れるようになってくるはずです。

 

すると練習の質が上がるから着実に発声が良くなるし、

発声に余裕ができれば表現力にも集中できるから歌唱力も上がるし、

それは人前で歌う時の確かな自信につながります。

 

効果が出てくると、毎日のボイトレも楽しくなってきます。

ぜひこの感覚を味わってほしいなと思います。

 

ということで、話がそれましたが、繰り返しになりますが

最初は聴き流すだけでOKですからね。

途中で息切れしてボイトレ放棄しちゃうのが一番もったいないのです。

メモする癖をつけよう

これもめちゃくちゃ大事なんですが、聴くのとセットで

積極的にメモをとって記録するのを推奨してます。

 

たとえば、トレーニングをしたときの今の発声の感覚を

できるだけ言語化して記録しておくのはかなりお勧めですね。

 

実際に僕がやっているのは、先生から頂いたトレーニング音声の名前

(トレーニングの名前)を書いて、その下に

ざっくり音域とその体感を書く、というのをやってます。

 

例)ハミング、A4、声が震える、小声だと裏返りそう、鼻が詰まる感覚

みたいな感じです。

 

こんなふうにして、今の発声の感覚を記録しておくことで、

数ヶ月後の自分の発声の感覚との違いに気づくことができるんですよ。

 

そうすれば良くも悪くも、効果が出ているか?ハッキリ分かりやすいんですよね。

でも逆にメモしておかないと、人間すぐ忘れます。笑

 

僕も半年前の発声の感覚なんてもう遠い記憶の彼方ですからね。w

だから、昔のメモを見返すわけです。で、思い出すと。

 

そしてさらにいうと、実はこの記録はそのまま先生に送りつけています。笑

 

人に見られている、と思うと習慣化できるので

定期的に先生のアドレスに送りつけてるんですね。

(もちろん許可得てますw)

 

僕自身これのおかげでサボれなくなって、継続できてる部分は大きいので

ぜひ習慣化に自信がなさそうな人は僕に送りつけてください。笑

 

動画のコメント欄や、ブログのコメント欄、公式LINEなど、

どこでもいいのでメモ代わりに送ってもらってOKです。

 

綺麗にまとめなくていいし、殴り書きで大丈夫です。

 

もちろん返信は(物理的に)できませんが

僕は皆さん全員のメモに目を通しています。


だからこれをやることで明らかに皆さんも、見られている意識が発動して

継続しやすくなるし、

 

僕も皆さんの声の成長の過程や、現状をリアルに知れるので

それをまた今後のコンテンツに反映しやすくなります。

ぜひ送りつけてください^^

発声改善ルート(教科書)

歌唱力の土台である「発声」を改善していくための3ステップを解説したものです。

紹介した動画を見ながら、教科書として使ってみてください。

 

より理解が深まると思います。

学び方としては、動画と同じで繰り返し読むのを推奨しています。

 

実は僕自身も、習っている先生のブログは

片っ端から全部の記事を隅から隅まで読み込んで

何度も何度もアホみたいに繰り返し読んでいました。

 

特にトレーニングの注意点は、死んでも忘れないように

繰り返し読み込んで頭に叩き込んでました。

 

全記事を印刷して持ち歩いていたレベルなので

大事な記事は、もはや何も見なくても暗唱できるほどでしたね。笑

 

なんでもそうですけど繰り返すのは本当に大事ですね。

繰り返しになりますが、人間忘れますからね。

 

特にトレーニングの注意点を忘れると、間違った取り組み方をしてしまうので、

どんなに時間をかけて練習しても歌唱力が上がらない、、

みたいな惨劇が起きてしまうんですよ。

 

だから当時のエネルギッシュな僕に感謝です。w

 

ちなみに、僕のブログも繰り返し読んでくれている人がめちゃくちゃ多いみたいで、

 

「記事全部読みました!」

「繰り返し読み過ぎて、内容ぜんぶ暗記してました!笑」

 

みたいなメッセージをいただくことが多いです。

 

「昔の自分と同じじゃん!笑」と思いながらも、これは本当に嬉しいことですね。^^

ありがとうございます。

 

もしやる気があれば、僕のブログは発声改善や歌唱力アップの宝庫なので

全記事読み込むつもりで、ゴリゴリ読み漁ってみてほしいなと思います。笑

 

誇張抜きに、めちゃくちゃ歌上手くなりますよ。

ということで、教科書は下記からスタートです。

一緒にガッツリ学んでいきましょう!

STEP① パーツの分離

まず最初に、発声についてしまった癖をとっていきます。

実は、僕らの喉には強力な“発声の癖”がついてしまってるんですね。


たとえば、

2つ、3つ(複数)の喉のパーツが一緒に動いてしまう癖が分かりやすいですね。

 

分かりやすく言うなら、

開いた手の小指だけを曲げたいのに、一緒に薬指も曲がっちゃう…みたいな。

そんな癖が喉についていると考えてもらえればOKです。

 

たとえば、

・口を「い」にすると、一緒に喉もグイッと上がる

・100%の純粋な裏声を出したいのに、地声が勝手に混ざる


こんなふうに、一つの喉のパーツだけを動かしたいのに、

他のパーツまで一緒に動いてしまう”癖”が喉にあるんですよ。

 

早い話、喉のパーツがこんがらがってしまっているのです。

その喉のパーツを全部バラバラに動かせるように訓練していくのが大切になってきます。

 

というのもミックスの習得には、繊細な喉のコントロールが必要になってくるからです。

さっきお話したように、僕らの喉はかなり不器用です。

 

そのままでは当然、ミックスボイスの習得は難しくなってしまうんですね。

 

だから一見遠回りに思えても、しっかり喉のパーツをバラバラに動かせるように、

喉の整理整頓をしておくことが大切なんです。

 

じゃあどうやって喉のパーツをバラバラに動かせるようにすればいいのかを

これから解説します。

 

唇、舌、地声、裏声、顎、仮声帯、喉頭蓋、軟口蓋…etc

など、喉に関係するパーツを

全てバラバラに動かせるように訓練する具体的な方法を解説するので、

 

楽しみながら練習してみてください。

正直、このステップをやるだけでも

一気にミックスの習得に近づきますよ。

トレーニング内容

パーツの分離でやるべき具体的なトレーニング方法を解説しました。

上から順番にやってみてください。

地声と裏声の分離

仮声帯と声帯の分離

唇と喉の分離

STEP② パーツの強化

ステップ2では、ミックス発声に必要な喉の筋肉をトコトン鍛えていきます。

分かりやすく言えば、“喉の筋トレ”をやっていきます。

 

たとえば 力強い声を出すための地声の筋肉を鍛えたり、

高音を出しやすくする裏声の筋肉を鍛えたり。

 

ときには

喉を吊り下げている筋肉を鍛えたり。

 

そんなふうにしてミックス発声に必要な喉の筋肉を

一つ一つ丁寧に鍛えていくのが大切になってきます。

 

なぜなら喉の筋肉を鍛えないでミックスを習得するのは

あまりにも無理ゲーだからです。

 

歌うことって、スポーツと同じで筋肉運動なんですよ。

たとえば僕らが走るときは足や腕の筋肉を使いますよね。

 

歌でもそれと同じように、喉の筋肉を使って

いろんな種類の声を出していくのです。

 

高い声も、低い声も、大きな声も、小さな声も、

芯のある声も、息っぽい声も、ビブラートも、フェイクも、

がなりも、シャウトも


すべて喉の筋肉を使って出します。

 

で、その中でもミックス(高い声)は

喉の筋肉を“強力に”使う必要があるんですね。

 

つまりミックスを発声するためには

喉の筋肉がゴリゴリに発達してないといけないわけです。

 

ただ、僕らは喉の筋肉が弱いんですね。

 

残念なことに普通に話しているだけでは

ミックスに必要な喉の筋肉が鍛えられないのです。

 

だから喉の筋肉を鍛えずに

ミックスを発声するのは難しいんですよ。

 

実際、僕は喉の筋肉を鍛えずに

ミックスのコツを掴むようなトレーニングばかりやってましたけど、

いつまで経ってもミックスは習得できませんでした。

 

スケール練習で「ネイネイ」と声を出したり、

ひたすら裏声にエッジボイスを混ぜてみたり、

鼻に響かせてミックスを探ってみたり。

 

ミックスのしっぽを掴もうと思って努力しましたが、その努力は報われなかったんですよね。

 

だからミックスの練習をする前に 喉の筋肉をコツコツと鍛えていきました。

結果、ミックスに必要な筋肉が整って、高音を楽に出せるようになっていったんですね。

 

だからこそぜひ喉の筋トレをやってみてください。

 

ちなみに喉の筋トレのメインとなる、アンザッツトレーニングに関して

解説した動画をアップしています。

よかったら見て学んでみてくださいね^^

 

 

トレーニング内容

地声と裏声のバランスを整えよう

アンザッツとは?具体的なトレーニング方法を徹底解説

アンザッツ1の練習法

アンザッツ2の練習法

アンザッツ3aの練習法

アンザッツ3b(≒ミックスボイス)の練習法

アンザッツ4の練習法

アンザッツ5の練習法

アンザッツ6の練習法

 

STEP③ パーツの融合

ここでいよいよ、パーツの調整です。

ステップ①とステップ②でミックスの土台作りをしてきたわけですけど、

ついにその土台の上に、ミックスボイスを作っていくんですね。

 

僕らはすでに土台作りが済んでいるので、ミックスに特化した訓練をコツコツ積み上げていけば

普通にミックスは習得できます。

 

安心して、習得したいテクニックの訓練を進めてほしいと思っています。

トレーニング内容

ミックスボイスの王道習得法

ミックスボイスがガラガラするときの対処法

小声ミックスからミックスボイスに移行する方法

張り上げミックスボイスの改善法

さらに深く学びたいあなたへ

ここまででも基礎を網羅しているつもりですが、

さらに深くボイトレを学び、歌唱力を高めていきたい方向けに、

“理想通りに歌える3STEP”というボイトレ講座(無料)を開設しました。

 

公式LINEで毎日お届けするトレーニングをこなしていき、

ステップバイステップで歌唱力を高めていくことができる。

そんな構成になっています。

 

下記からお友達追加してみてくださいね。

自由な喉ボイストレーニング 公式LINE

 

それでは、ありがとうございました。