アンザッツ5の練習法を超解説!【動画•音声あり】

こんにちは、ボイストレーナーの金子です。

今回は、アンザッツ5の練習法を解説します。

 

アンザッツ5の練習法

 

やり方は、シンプルです。

母音「イ」でペラペラした薄っぺらい変な裏声を出します。

 

声を当てる方向は、完全に”鼻 ”ですね。

逆に、うなじだったり後頭部だっり、

声を後ろに引いてしまわないように注意してください。

 

【参考音源:アンザッツ5】

 

こんなペラペラした裏声を出してあげると、

高い声を出すために必要な、輪状甲状筋

声帯を閉鎖させる披裂筋群

 

喉を引き上げる”甲状舌骨筋”なんかが一気に鍛えられて、

声量の強化を中心に、絶大な効果があります。

 

アンザッツの中でもかなり重要なトレーニングなので、力を入れてガッツリ取り組みましょう。

 

注意点:アンザッツ5は”裏声体感”で

あとこれが一番重要なんですが、アンザッツ5は裏声体感で発声してください。

 

というのも、アンザッツ5で鍛える地声の筋肉群は、いわゆる地声っぽさを担当する

内筋(ないきん)ではなくて、(もちろん多少は鍛えられるが)

側筋や間筋といった、裏声の息漏れを減らしたり、声量を上げるような

役割を果たす筋肉だからです。

 

もしこれが地声体感で発声してしまうと、内筋が介入してきてしまうので、

アンザッツ5で鍛える目的の筋肉、側筋や間筋を鍛えられません。

 

実際、初めてきてくれる生徒さんも、

みんな重たいミックスボイスっぽい声を出してしまっていて、

「3年間かけた時間が全て無駄でした」と

嘆く人も多いです。

 

やっぱり

アンザッツ5ってそれっぽい声色を再現するのはめちゃくちゃ簡単なので、

本人はなんとなくできているつもりになっちゃうんですよね。

 

もちろん、僕もそうでした。

「とりあえず、キンキンした変な声出しときゃいいのね」的な。笑

 

でも実際はフォームをちょっとでも間違えると、トレーニングどころか、

地声と裏声がごちゃごちゃに絡まって最悪な”声の混合”状態に陥ってしまいます。

 

そのためにも、注意するポイントは他にも色々とあるわけですけど、

最低限、裏声体感で発声することだけでも気を付けてみてください。

 

いいですか。

アンザッツ5は、裏声ベースです。裏声裏声裏声裏声裏声裏声!!!!笑

 

あくまでもアンザッツ5は、裏声に芯を与えたもので、

地声側の声ではないのです。

 

ぜひこれを頭に刻み込んでください。

 

僕自身、ここをミスして、

低音は地声体感で出してしまっていて、そのせいで全くトレーニングになっていない期間があって、

泣きました。笑

 

最悪、地声と裏声が悪い状態で絡まる”混合”になりかねないので、発声フォームには注意してくださいね。

 

まとめ

今回の内容をまとめると、

 

• アンザッツ5は、前上方向に喉を上げる甲状舌骨筋を鍛えることができる

• 裏声体感で発声する

 

この2点がかなり大事になってきます。注意して練習してみてください。

それでは、ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

・地声のまま高音を発声できるベルティングボイス

・裏声体感で楽に発声できるミックスの習得方法

・自動でかかり続けるビブラートの習得方法

・力を入れずに、楽に爆発的な声量を出す方法

 

などを、動画講座として公式ラインで配信しています。

 

もちろん無料で友達追加できるので、よかったら覗いて見てくださいね。
下記から公式ラインの詳細をご覧いただけます。

公式LINE

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください