小声ミックスボイスからミックスボイスに移行する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

今回は、小声ミックスボイスからミックスボイスへ移行する方法についてお話していきます。

「小さな声では地声と裏声がきれいにつながるけど

大きな声では、つながらない、、。ひっくり返ったり張り上げてしまう。。

家とか風呂場では上手く歌えるのに、カラオケだと全然歌えん!どうして?!」

と悩んでいませんか?

 

小声ミックスボイスってもどかしいですよね。

現在ボイストレーナーとして活動している僕も、ボイトレを始めたころは

小さい声でおっかなびっくり声を出せば地声と裏声が繋がっていたものの、

カラオケで爆音の中歌うと、歌声が崩壊していました。

 

しかし、正しい訓練を重ねた結果、通常のミックスボイスを習得することができました。

だから、あなたも正しいノウハウとやる気さえあれば必ずミックスボイスを習得できます。

ぜひ、当記事で真のミックスボイスを習得してください。

※ボイストレーナーの金子の歌声です。当記事を参考にするかどうかの判断基準としてください

【参考音源:ミックスボイスの歌唱例】

(音源の最高音は、A4(hiA、高いラの音)です。※純粋な地声で歌っておりません。ミックスボイスと呼ばれる発声法で歌っております。

【参考音源:ミックスボイス単体】

1.小声ミックスボイスとは

小声ミックスボイスとは、大きな声ではミックスボイスにならないけれど、

小さな声ではミックスボイスにすることができる状態のことをいいます。

[参考音源:小声ミックスボイス]

確かに声は繋がっているものの、弱弱しい感じが否めません( ;∀;)

2.小声だと地声と裏声をミックスさせやすい理由

小声であればなぜミックスボイスになりやすいのか。

理由は単純でして、地声と裏声の筋肉のバランスを”弱い基準で”整えることができるからです。

[図解:通常発声の筋肉の状態]

特に男性の場合、話し声はしっかりとした地声であることがほとんどなので

その影響で、普段使うことのない裏声系の筋肉に比べて

地声の筋肉が発達していることが多いです。

そういったワケで、図解のようにバランスの悪い筋力の状態になっているわけですね。

[図解:小声ミックスの筋肉の状態]

小声ミックスボイスでは、声量を抑えることで

地声の筋肉を緩めて、裏声の筋肉とそろえてあげることができます。

弱い基準で揃えることができるとお話したのはそういうことです。

もちろん、逆のパターン

地声が弱くて裏声が強いということもありまして、

それは普段裏声寄りの奇麗な声で話す女性に多い症状です。

3.小声ミックスを脱出するためには

小声ミックスボイスを脱出するためには、まずは

地声と裏声をきれいに分けるところから始め、

それぞれを強化して、融合させてあげる

この3つのSTEPをこなしていく必要があります。

3-1.地声と裏声を分離する

地声と裏声を分離させましょう。

分離させる理由は、多くの人は地声と裏声が”混合状態”にあるからです。

声の混合状態は簡単に言えば、地声と裏声が悪い状態で結びついてしまうことを

指します。

(詳しくは過去記事にまとめているので、ぜひご覧ください。)

 icon-angle-double-right 声の混合とは|ミックスボイスと勘違いすると悲惨すぎ…【恐怖】

[図解:声の混合状態]

図解の左の図は、純粋な100%の地声を出そうとしても、裏声が混ざってしまう状態で、

右の図は純粋な100%の裏声をだそうとしても地声が混ざってしまう状態です。

つまり、意図した声をだせないということでして、良い発声を目指すのであれば

致命的です/(^o^)\

3-2.分離した地声と裏声を強化する

分離した地声と裏声を強化することで、

先ほどの図解のバランスの悪い筋力バランスを整えます。

バランスが悪いまま、地声と裏声を結び付けようとしても

ミックスボイスを習得することはできないので

気を付けましょう。

3-3.地声と裏声をミックスさせる

しっかりと整えた地声と裏声をミックスさせます。

実際の融合訓練については、下記の記事で詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

 icon-angle-double-right [保存版]ミックスボイスを出す練習方法や仕組みを超解説

4.小声ミックスボイスのメリット/デメリット

小声ミックスボイスのメリットとデメリットについてお話します。

4-1.小声ミックスボイスのメリット

小声ミックスボイスのメリットはぶっちゃけないんですが

しいて挙げるとすれば、力みにくく地声で張り上げて喉を故障する恐れがない

くらいですね(/・ω・)/

4-2.小声ミックスボイスのデメリット

小声ミックスボイスのデメリットは、

声の混合(=固着)が起きたまま定着しやすいということですね。

僕のクライアント様でも、小声でささやくような声しかだせない

方はやはり以下のような症状がありました。

 icon-check-square-o 声を意図的に裏返せることができない(声を裏返せることは重要です。詳しくは  にまとめております。

 icon-check-square-o 強い声を出せない、声量が出ない

 icon-check-square-o 息漏れのある純粋な裏声を出せない

こういった症状があるかたは、今回ご紹介したトレーニングから始めて

一から仕切りなおすくらいの気持ちでいかなければいけません。

小声ミックスという産物にしがみついて

そのまま小声ミックスを徐々に大きな声に…ということはできませんので。

もったいない気がするかもしれませんが、結果的に効果的なボイトレ法を選ぶようにしましょう!

練習頑張ってくださいね。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

6.ミックスボイス養成noteのお知らせ(第1章無料公開)

(※第1章は無料で公開しております。ぜひご覧ください。)

「ボイトレ本は持っているし、練習もしている。。でもレッスンを受けるのは難しい。

でもやっぱりミックスボイスを習得したい。」

そんな要望を1年程前から、多数いただいておりました。

 

そこで、今回当スクールでミックスボイス養成noteを販売させていただくことになりました。

ボイトレ本はもちろん素晴らしいツールなのですが、当たり前ですが、「多くの人が悩みそうな症状」を

解決するために一点集中で悩みを解決できるような訓練法をのせることができません。

 

しかし、当noteは基本的には1テーマで1記事をベースにしているため、人それぞれの症状に合った

訓練法を提供することができるようになりました。

 

さらに、今まで1000人を超える生徒様を指導してきた経験から、手本の音源はもちろんのこと、

想定されうる失敗例なども全て音源化し、収録することで、講師と生徒間の認識のずれを最小減に抑えました。

 

独学での練習で、間違った方向に歩を進めたくない方は、ぜひミックスボイス養成noteをご利用ください。

 icon-angle-double-right ミックスボイス養成note

最後までご覧いただいて、本当にありがとうございました。

無料カウンセリング:最速でミックスボイスを手に入れたいあなたへ

繋声~mastering mixedvoice~では、Skypeでの無料カウンセリングをご用意しました。

”あなただけのための”カスタマイズされた濃密なノウハウ

をすべてご提供しています。

発声のお悩みをじっくりとヒアリング

あなたの発声の状態を詳しく診断

あなたの発声の状態に最も効果のあるエクササイズを「すべて」提供

ミックスボイスを習得するために必要なこと・やってはいけないことをわかりやすく伝授

「スクールの説明だけで、何にも有益な情報を得られなかった!」

こんな経験をされた方は是非、繋声~mastering mixedvoice~の初回カウンセリング

に参加してみてください。

初回カウンセリング費用は、今なら無料。

理論に基づいたあなた専用のトレーニングに、きっと感動していただけるはずです。


無料で悩みを相談してみる



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. takafromlang8 より:

    金子さん、こんにちは。
    ネットで記事を見つけて、他のサイトにはない丁寧さと詳しさだったので最初から読もうと思って来ました。

    現在、自分は小声ミックスの状態にいます。それで声量を増やしたいと考えているのですが、出来るだけ少ない量の息でしっかり響くように変わるためには息の量を増やしたり、息を強く早く流したりしながら発声練習をした方が良いでしょうか?

    息でなんとかしようとすると数回練習しただけで喉が痛くなります。筋力アップには痛みは避けれないので、強く速い息を流すように頑張った方がいいでしょうか?

    最近は発声練習で息を流すことが怖くなってきました。ヒントを頂けたら嬉しいです。

    1. 金子太登 金子太登 より:

      ご質問ありがとうございます。

      小声ミックスの状態では、大まかに分けると地声系の筋肉群が弱い、もしくは裏声系の筋肉が弱いために声量を落とすことでしか筋肉が拮抗した状態を作れないということが起こっています。
      その為、先ず最初に行わなければならないことは
      どちらの筋肉群の働きが弱いのかを見極めることです。その際のポイントとしては
      1.息漏れを強く感じる
      2.声量がでない
      3.芯を感じられない

      あくまで大まかなポイントになってしまいますが、
      これらの症状がある場合その筋肉群はまだまだ未発達と言えます。

      見極めることができれば、そちらの筋肉群を鍛えるツールをメインにを利用してトレーニングしていきます。

      効果的なツールに関しては
      僕の記事の
      http://mixedvoice-mastering.com/high-note-process/
      をご覧になってみてください。音声をお聴きになって是非真似してみてくださいね。

      ただ、発声ではうまくいくけれど、歌では使えないなどといった様々な問題に対処するには
      喉を吊り下げている喉頭懸垂機構なども平行して訓練していくことが必須となります。

      http://mixedvoice-mastering.com/voicetraining-book2/
      知識なども含めて僕の上記の記事をご覧になってみてください。

      結論として、今の小声ミックスは理想的とは言えないので、いったん離れて地声と裏声の分離から始めることが重要です。

      その方法は上記で述べましたが、僕もそうだったようにきっと難しいことだろうと推察されますので、いつでもお力になります。いつでもご相談くださいませ。

      ※現在独学で練習されている場合も上記のトレーニングは大変有効です。
      ただし、効果があるということは間違った方向にも効果を発揮する可能性は高いので練習する際は何度も録音してご自身の声に耳を傾けてくださいね。
      過去の僕のように遠回りしてほしくありません。

      今後とも繋声~mastering mixedvoice~をよろしくお願い申し上げます。

    2. 金子太登 金子太登 より:

      補足

      息漏れのある声というのが僕の提唱するファルセットの話と仮定させていただいて、裏声の練習方法についてもアドバイスさせていただきます。

      基本的に練習の初期段階では誰しも
      疲れを感じたり、声が枯れたりといった症状はあります。
      慣れない筋肉を使う為、無理をすると
      痛みを伴うことさえあります。

      しかし、あまりにもその症状が酷い場合フォームを間違えている可能性や、
      現在の輪状甲状筋の発達具合に対して無理な音域を発声している可能性が考えられます。

      現在高音域を中心に練習されている場合は低音域から。

      発声している途中で母音を変えているようであれば、母音をしっかり固定する。

      声を聴いていないので、難しいなかなか難しいのですが(笑)こんなところに気をつけてみると改善が見られる可能性はあります。

      ボイストレーニングって難しすぎますよね。。
      僕も日々生徒さんのレッスンや
      自分自身の練習で「発声というのは奥が深すぎる、、」と実感しています。

      ただ、そのぶん年単位の努力が報われた時の喜びや日々の小さな成長は
      何にも変えがたい喜びです。

      共に頑張っていきましょう!(このサイトをご覧になってくださった時点で
      takafromlang8さんは仲間です!笑)

      これからもよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

*

無料でボイトレ動画をプレゼント。
理想の発声を。
ボイトレ動画プレゼント。
理想的な発声を。
無料でボイトレ動画をプレゼント。
理想の発声を。
ボイトレ動画プレゼント。
理想的な発声を。