小声ミックスボイスからミックスボイスに移行する方法【動画付き】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

今回は、小声ミックスボイスからミックスボイスへ移行する方法についてお話していきます。

「小さな声では地声と裏声がきれいにつながるけど

大きな声では、つながらない、、。ひっくり返ったり張り上げてしまう。。

家とか風呂場では上手く歌えるのに、カラオケだと全然歌えん!どうして?!」

と悩んでいませんか?

 

小声ミックスボイスってもどかしいですよね。

現在ボイストレーナーとして活動している僕も、ボイトレを始めたころは

小さい声でおっかなびっくり声を出せば地声と裏声が繋がっていたものの、

カラオケで爆音の中歌うと、歌声が崩壊していました。

 

しかし、正しい訓練を重ねた結果、通常のミックスボイスを習得することができました。

だから、あなたも正しいノウハウとやる気さえあれば必ずミックスボイスを習得できます。

 

※ボイストレーナーの金子の歌声です。当記事を参考にするかどうかの判断基準としてください

【参考音源:ミックスボイスの歌唱例】

(音源の最高音は、A4(hiA、高いラの音)です。※純粋な地声で歌っておりません。ミックスボイスと呼ばれる発声法で歌っております。

動画で解説

公式Youtubeチャンネルでもミックスボイスを習得する方法を丁寧に解説しています。

ぜひご覧くださいね。

 

1.小声ミックスボイスとは

小声ミックスボイスとは、大きな声ではミックスボイスにならないけれど、

小さな声ではミックスボイスにすることができる状態のことをいいます。

[参考音源:小声ミックスボイス]

確かに声は繋がっているものの、弱弱しい感じが否めません( ;∀;)

 

2.小声だとミックスボイスになる理由

なぜ、小声だとミックスボイスになりやすいのかを説明します。

しっかりと原理がわかることで、今後どんなトレーニングを実践したらよいのかが分かります。

 

2−1. 理由① 地声と裏声の筋肉のバランスが整いやすい

小声で発声することによって、地声系の筋肉と裏声系の筋肉の発達具合のバランスが整いやすくなるので、

両方の筋肉をミックスして(同時に)使いやすいと考えられます。

下記の図解をご覧ください。

 

[図解:通常発声の筋肉の状態]

特に、男性の方は、普段しっかりとした地声らしい地声で話す方が圧倒的大多数であるため、

裏声の筋肉を使う機会に恵まれません。

 

ですから、地声に対して裏声が弱い状況にあるのが普通で、バランスが悪いわけですね。

 

そこで、下記の2つ目の図のように、声を小さくすることによって、地声の筋肉を抑えて上げることで、

弱い基準ではあるものの、地声と裏声の筋力バランスが整いやすくなります。

 

[図解:小声ミックスの筋肉の状態]

 

もちろん、逆のパターン

地声が弱くて裏声が強いということもありまして、

それは普段裏声寄りの奇麗な声で話す女性に多い症状です。

 

2−2.理由② 声帯の振動を邪魔する組織が減る

2つ目の理由は、声帯の振動を邪魔する組織の介入が減ることです。

声帯の近くには、仮声帯(声量を上げる際などに、声帯の補助をする組織)や喉頭蓋(誤飲を防ぐ組織)

などの組織があります。

【図解:仮声帯】

 

特に、仮声帯という組織は、声量を上げるときに声帯のサポートとして働き出すので、それが度をすぎると

常に声帯の邪魔をする可能性があります。

(常に、地声からバリバリ感がひどい。。という方はこれが原因である可能性が高いので、下記の動画も合わせてご覧になってくださいね。)

 

【参考動画】

 

だからこそ、声量を抑えることで、これらの声帯を邪魔をしてしまう可能性がある組織の働きをお休みさせることができるのですね。

 

3.小声ミックスを脱出するためには

小声ミックスボイスから抜け出して、本当の意味でのミックスボイスを習得するための

考え方やトレーニング法をお伝えします。

 

3−1.地声の筋肉をしっかりと働かせる訓練をする

地声の筋肉をしっかりと働かせる訓練をしましょう。

小声ミックスボイスの状態になっている方に多いのが、地声と裏声を繋げようとするあまり、

声量を抑えすぎて、地声の筋肉を弱めすぎている状態にあることです。

 

これでは、しっかりとした地声感のある発声になりません。

まずは、ミックスボイスの練習の前に、地声系統の筋肉を目覚めさせることから始めましょう。

地声を強化していくトレーニングの1つめは、「エ母音トレーニング」です。

コツは鼻にかけたような平べったい声で実践することです。

もちろん、この声で歌うわけではないので、安心してくださいね(笑)

あくまでも、トレーニングとして割り切って行いましょう。

 

地声の筋肉を働かせるトレーニング法

地声の筋肉をしっかりと鍛えていくトレーニング法をお伝えします。

 

[参考音源:「エ」母音トレーニング]

 

[参考音源:練習用音源]

練習にご活用ください。

 

また、下記でお伝えする注意点を守っていただくことで、トレーニングの効率が上がります。

ぜひ参考にしていただけたらと思います。

 

POINT① 喉仏を下げないようにする

[参考音源①:喉仏を下げてしまった例]

明らかに、普通の声(喉仏の位置が通常のポジション)になっているのが分かりますね。

このトレーニングでは、しっかりと、喉仏を上げるようにしてください。


人間は、喉仏を上げることで、間接的に声帯(声を作り出す2枚の振動する組織)が閉じやすくなるように
プログラムされています。
声帯がしっかりと閉じてくることで、息の漏れが少ない力強い声に変化していきます。
よく喉仏を下げなさいと言われますが、ときには喉仏(喉頭)を上げるアプローチも効果的なので、ぜひ実践されてみてください。

 

POINT② 最低音〜E4(真ん中のミ)でトレーニングする

チェストボイスを強化するトレーニングでは、あなたが発声できる最も低い音域から、

E4(真ん中のミ)で練習しましょう。

 

「地声で高い声を出すぞ!」とついつい、高音を頑張って練習してしまいがちなのですが、

グッと堪えてE4までで抑えて上げることで、トレーニングの効果がグッと高まります。

 

POINT③ 息を漏らさないようにする

[参考音源③:息を漏らしてしまった例]

息が漏れて弱弱しい声になっているのが分かりますでしょうか。

息を止めた状態で、しっかりした声を意識しながら発声しましょう。

 

POINT 高音で声を大きくしすぎないようにする

[参考音源③:高音になるにつれて声を大きくしてしまった例]

徐々に声が大きくなっているのが分かりますでしょうか。

声を極端に大きくしたり、張りあげることのないように注意しましょう。

 

他にも地声系統の筋肉を鍛えるトレーニングはありますので、よろしければ下記の記事からご覧ください。

 icon-angle-double-right チェストボイスを効率よく鍛えて力強くする3つの方法

 

3−2.小声ミックスを捨てる

「は?何言ってんの?」と思うかもしれませんが、まだページを閉じないでくださいね笑

はっきりと申し上げて、小声ミックスとミックスボイスは全くの別物です。

 

特に、あなたが求めているポップスやロックなどのジャンルで通用するようなミックスであればなおさらです。

 

基本的には、歌手が用いている発声は地声の延長にあるようなミックスボイスであることが多く、地声と裏声を丁寧に繋げるミックスボイスではありません。

だからこそ、小声でのミックスを力強くしようとしても、あなたの理想とするミックスボイスを習得することはできないのです。

 

(平井堅さん、ATSUSHIさん、スピッツの草野さんなど、裏声よりに聴こえる方でもお話は変わりません。)

じゃあ何からやればいいのよ?となると思いますので、よろしければ下記の記事を参考にしてくださいね。

 

4.ミックスボイスを習得するための3つのステップ

ミックスボイスを習得するための3つのステップを解説します。

あなたが本当の意味で自由に歌いたいのであれば、ミックスボイスを習得することは避けて通れません。

そこで、ここではSBMの3ステップでミックスボイスを効率的に習得するための方法を解説します。

ぜひ、参考にしていただけたらと思います。

 

 

.Separate

.Build up

.Mixed Voice

 

STEP① Separate (地声と裏声の分離)

Separateは、地声と裏声をはじめとする発声に関わるパーツ(喉頭蓋・仮声帯・軟口蓋・舌・唇・身体…etc)を独立して動かせるようにしていくことです。

 

ほとんどの方が、発声に関わる個々のパーツが「不適切に結びついている」状態でして、この状態でいくらミックスボイスの練習をしても効果が上がらない可能性が非常に高いです。

 

例えるならば、「グチャグチャに絡まった紐で、その状態でさらに綺麗に蝶結びしたい!」と言っているようなものです。

 

土台がグチャグチャですから、一見それなりに結べたとしても、必ずボロが出ます。

必ず、一旦地声と裏声を「分離」するようにしましょう。

 

STEP② Build up (パーツの強化)

Build upは、Separateで分離した地声と裏声をはじめとする様々なパーツを強化していくことです。

特に、ほとんどの方は、地声と裏声の筋力バランスに差がありすぎるので、それを同じくらいのバランスに整えてあげる必要があるんですね。

 

特に男性は、普段地声で話すことが多いので、地声の筋肉に対して、裏声の筋肉が弱いことが多いです。

このステップを徹底することで、次のステップであるミックスボイスのトレーニングの効果が劇的に上がりますから、頑張っていきましょう!

 

SETP③ Mixed Voice (地声と裏声の融合)

最後はいよいよ、地声と裏声の融合です。

STEP①やSTEP②で準備してきた素材を使って、作品を組み立てていく段階だと考えていただけたらと思います。

STEP①や②で実践してきたことが花開く段階ですから、きちんと取り組んでいきたいステップです。

 

「いや、言いたいことはわかったけど、何から始めればいいのよ?」という

ミックスボイスを習得したいあなたは、知識ゼロからミックスボイスを習得する方法を下記の記事でまとめました。

ぜひ、ご覧くださいね。

 

 icon-angle-double-right [保存版]ミックスボイスを出す練習方法や仕組みを超解説

 

必見:本気でミックスボイスの習得を目指すあなたへ

本気でミックスボイスの習得を目指すあなたのための無料メール講座「SBMでミックスボイスを習得する方法」

を開講しております。

 

ご参加いただいた方には、期間限定特典として有料級ボイストレーニング動画教材「SBM Regular」を”無料で”プレゼント

させていただきます。

 

綺麗なミックスボイスを身に付けたい

・長時間歌っても枯れない声が欲しい

パワフルな歌声を手に入れたい

 

1つでも当てはまるあなたは、ぜひお気軽に無料メール講座にご参加いただければと思います^^

 

 icon-angle-double-right 無料メール講座「SBMでミックスボイスを習得する方法」

 

最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

ボイトレ教材「SBM Regular」を無料プレゼント。

ミックスボイスを習得するためのボイトレの教科書「SBM Regular」を期間限定で無料でプレゼントしています。

 

・高い声を楽に出せる

・好きな曲を自由に歌えるようになる

・声枯れすることがなくなる

 

こんな理想の発声を手に入れるためのノウハウを詰め込みました。

 

「SBM Regular」は無料メール講座にご参加いただいた特典として、「期間限定」で無料で提供しています。

自由な発声を目指したい方は、ぜひお気軽にご参加くださいね。

 


無料メール講座に参加してみる



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. takafromlang8 より:

    金子さん、こんにちは。
    ネットで記事を見つけて、他のサイトにはない丁寧さと詳しさだったので最初から読もうと思って来ました。

    現在、自分は小声ミックスの状態にいます。それで声量を増やしたいと考えているのですが、出来るだけ少ない量の息でしっかり響くように変わるためには息の量を増やしたり、息を強く早く流したりしながら発声練習をした方が良いでしょうか?

    息でなんとかしようとすると数回練習しただけで喉が痛くなります。筋力アップには痛みは避けれないので、強く速い息を流すように頑張った方がいいでしょうか?

    最近は発声練習で息を流すことが怖くなってきました。ヒントを頂けたら嬉しいです。

    1. 金子太登 より:

      ご質問ありがとうございます。

      小声ミックスの状態では、大まかに分けると地声系の筋肉群が弱い、もしくは裏声系の筋肉が弱いために声量を落とすことでしか筋肉が拮抗した状態を作れないということが起こっています。
      その為、先ず最初に行わなければならないことは
      どちらの筋肉群の働きが弱いのかを見極めることです。その際のポイントとしては
      1.息漏れを強く感じる
      2.声量がでない
      3.芯を感じられない

      あくまで大まかなポイントになってしまいますが、
      これらの症状がある場合その筋肉群はまだまだ未発達と言えます。

      見極めることができれば、そちらの筋肉群を鍛えるツールをメインにを利用してトレーニングしていきます。

      効果的なツールに関しては
      僕の記事の
      http://mixedvoice-mastering.com/high-note-process/
      をご覧になってみてください。音声をお聴きになって是非真似してみてくださいね。

      ただ、発声ではうまくいくけれど、歌では使えないなどといった様々な問題に対処するには
      喉を吊り下げている喉頭懸垂機構なども平行して訓練していくことが必須となります。

      http://mixedvoice-mastering.com/voicetraining-book2/
      知識なども含めて僕の上記の記事をご覧になってみてください。

      結論として、今の小声ミックスは理想的とは言えないので、いったん離れて地声と裏声の分離から始めることが重要です。

      その方法は上記で述べましたが、僕もそうだったようにきっと難しいことだろうと推察されますので、いつでもお力になります。いつでもご相談くださいませ。

      ※現在独学で練習されている場合も上記のトレーニングは大変有効です。
      ただし、効果があるということは間違った方向にも効果を発揮する可能性は高いので練習する際は何度も録音してご自身の声に耳を傾けてくださいね。
      過去の僕のように遠回りしてほしくありません。

      今後とも繋声~mastering mixedvoice~をよろしくお願い申し上げます。

    2. 金子太登 より:

      補足

      息漏れのある声というのが僕の提唱するファルセットの話と仮定させていただいて、裏声の練習方法についてもアドバイスさせていただきます。

      基本的に練習の初期段階では誰しも
      疲れを感じたり、声が枯れたりといった症状はあります。
      慣れない筋肉を使う為、無理をすると
      痛みを伴うことさえあります。

      しかし、あまりにもその症状が酷い場合フォームを間違えている可能性や、
      現在の輪状甲状筋の発達具合に対して無理な音域を発声している可能性が考えられます。

      現在高音域を中心に練習されている場合は低音域から。

      発声している途中で母音を変えているようであれば、母音をしっかり固定する。

      声を聴いていないので、難しいなかなか難しいのですが(笑)こんなところに気をつけてみると改善が見られる可能性はあります。

      ボイストレーニングって難しすぎますよね。。
      僕も日々生徒さんのレッスンや
      自分自身の練習で「発声というのは奥が深すぎる、、」と実感しています。

      ただ、そのぶん年単位の努力が報われた時の喜びや日々の小さな成長は
      何にも変えがたい喜びです。

      共に頑張っていきましょう!(このサイトをご覧になってくださった時点で
      takafromlang8さんは仲間です!笑)

      これからもよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 4 件のコメントが寄せられています。
無料で有料級ボイトレ教材をプレゼント。
理想の発声を。
ボイトレ教材プレゼント。
楽な高音発声をあなたに。
無料で有料級ボイトレ教材をプレゼント。
理想の発声を。
ボイトレ教材プレゼント。
楽な高音発声をあなたに。