換声点を克服できるトレーニング法とは【音声付き】|プロが徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

あなたは、換声点でこんな悩みを抱えていませんか?

 

・声が盛大にひっくり返る

・張り上げる

・ガラガラした雑音が混じる

・弱弱しくなって声を張れない

 

実はこれ、僕が換声点を克服するためにすべて経験してきたことなんです笑

しかし、現在では換声点を克服し、数多くの生徒さんに発声を教える立場として活動することができています。

 

だから、あなたも「正しいノウハウ」×「継続できるやる気」さえあれば、必ず換声点は克服することができます。

当記事では、換声点を克服するための具体的なノウハウをご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

※ボイストレーナーの金子の歌声です。当記事を参考にするかどうかの判断基準としてください

【参考音源:ミックスボイスの歌唱例】

(僕の地声の換声点はE4です。音源の最高音は、A4(hiA、高いラの音)です。

 

Youtubeで解説

動画でも解説しております。ぜひブログと合わせてご覧ください。

 

1.なぜ換声点が生まれるのか

換声点が生じる理由は、大きく下記の2つに分けられます。

 

①地声と裏声(を中心とする筋肉)の筋力バランスが悪い

地声と裏声の筋力バランスが悪いと、換声点が生じます。

 

図をご覧になるとわかりますが、地声に比べて裏声の筋肉が弱いですよね。

この状態でミックスボイスの練習をしても、地声のパワーに裏声が負けてしまうので

永遠にミックスボイスにならないわけです。

 

②筋肉の使い方が悪い

筋肉の使い方が悪い場合も、換声点が生じる大きな理由になります。

基本的に、ミックスボイスは地声と裏声の筋肉をスムーズに入れ替える操作ができないと失敗します。

イメージとしては下記の通りです。

[図解:ミックスボイス発声時の筋肉の変化]

低音域から、高音域になるにつれて、徐々に地声の筋肉を緩め、代わりに裏声の筋肉を強めていくイメージです。

 

[参考音源:純正のミックスボイス]

※単体で聴くと頭がおかしい声なのですが、歌うと記事冒頭の音声や下記の音声くらいにはなりますのでご安心くださいw

 

[ミックスボイスで歌った例]

 

[図解:ミックスボイス発声失敗時の筋肉の変化]

地声で踏ん張れる音域まで頑張って、限界になると急に裏声の筋肉にバトンタッチしているので

音色が一気に変わります。

[参考音源:ミックスボイス失敗]

※訓練を重ねた発声なので、若干ミックスになっています。ご了承ください。

2.換声点を克服する方法とは

2−1.小声で地声の発声をする

【参考音源:小声での地声発声】

 

まず最初にとっかかりやすいトレーニング法として、小声で地声の発声をするというものがあります。

 

 icon-arrow-circle-o-right 大きな声→地声の筋肉が優勢に働く

 icon-arrow-circle-o-right 小さな声→裏声の筋肉が優勢に働く

 

これらの関係から、地声を発声することで、地声の筋肉を働かせつつ、同時に小さな声にすることによって、裏声の筋肉も地声の筋肉と同時に使うことができるのですね。

 

トレーニングの注意点

トレーニングの効果を最大化させるポイントを解説します。

 

POINT① 息を漏らさないようにする

息を漏らさないように注意しましょう。

息を漏らすことで、声帯の動きを邪魔するケースが多い”仮声帯”という組織が、働き出してしまう

ことがあるのです。

詳しくは、下記の記事で解説しています。

 icon-angle-double-right 不自由な声には仮声帯と声帯の混合を疑おう

 

POINT② C4〜E4(真ん中のドレミ)で練習する

真ん中のドレミの音で練習するようにしましょう。

この音域は、いわゆる換声点で、純粋な100%の地声も出せる音域で、

尚且つ、純粋な100%の裏声も出せる音域でもあるので、ミックスボイスの練習に最適だからです。

 

POINT③ 無意識に声量を上げないようにする

無意識に、声量を上げてしまわないように注意して練習しましょう。

声量をあげると、地声の筋肉が優勢に働いて、裏声系の筋肉とのバランスが取りづらくなります。

 

3.うまくいかない場合の処方箋

小声での地声をやってみたはいいものの、声が裏返ってうまくいかないという方に向けた、トレーニングツールを

ご紹介します。

 

3−1.笑顔で「Nay」

【参考音源:笑顔で小声での「Nay」】

唇を「イ」と開いてにっこり笑いながら、「ネイ」と発声してみましょう。

もちろん、小声で実践するのは変わりません。

 

笑顔になると、生理学的に仮声帯が開くので、声帯の動きを邪魔する要素を一旦省くことができます。

それによって、うまくいけば換声点付近が発声しやすくなることを狙っています。

 

そして、「ネイ」という発声で、声帯を薄く使い、

声帯の閉鎖を促すことができるので、声のひっくり返りに効果的です。

 

笑顔で「Nay」の注意点

笑顔で「Nay」発声をする際の注意点を解説します。

POINT① 薄っぺらい変な声で発声する

薄っぺらい変な声で「ネイ」と発声しましょう。

この声の状態では、喉仏(喉頭)が上がりやすくなり、より声帯を薄く伸ばすことができるので、

高音発声に向いた状態にすることができます。

さらに、喉仏が上がると、連動して声帯の閉鎖が強まるので、声のひっくり返りも抑えやすくなります。

 

POINT② 笑顔を保って練習する

笑顔になると、生理学的に仮声帯が開くので、声帯の動きを邪魔する要素を一旦省くことができます。

それによって、換声点付近を発声しやすくなることを狙っています。

 

3−2.笑顔で「GA」

【参考音源:笑顔で「GA」】

こちらも、同じく笑顔で「ガ」と発声します。

ガ行も声帯をぴったりとくっつける作用がありますので、ネイと同時にお試しください。

 

POINT① スタッカートで発声する

スタッカートで発声するようにしましょう。

一回一回息を止める意識をすることで、声帯の閉鎖が促されます。

POINT② 「KA」にならないように注意する

「カ」と発声しないように注意しましょう。

Kと発音してしまうと、声帯の閉鎖が弱まってしまうからです。

特に声がひっくり返りそうで悩んでいる方は、注意してください。

 

必見:本気でミックスボイスの習得を目指すあなたへ

本気でミックスボイスの習得を目指すあなたのための無料メール講座「SBMでミックスボイスを習得する方法」

を開講しております。

 

ご参加いただいた方には、期間限定特典として有料級ボイストレーニング動画教材「SBM Regular」を”無料で”プレゼント

させていただきます。

 

綺麗なミックスボイスを身に付けたい

・長時間歌っても枯れない声が欲しい

パワフルな歌声を手に入れたい

 

1つでも当てはまるあなたは、ぜひお気軽に無料メール講座にご参加いただければと思います^^

 

 icon-angle-double-right 無料メール講座「SBMでミックスボイスを習得する方法」

 

最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

無料カウンセリング:最速でミックスボイスを手に入れたいあなたへ

繋声~mastering mixedvoice~では、Skypeでの無料カウンセリングをご用意しました。

”あなただけのための”カスタマイズされた濃密なノウハウ

をすべてご提供しています。

発声のお悩みをじっくりとヒアリング

あなたの発声の状態を詳しく診断

あなたの発声の状態に最も効果のあるエクササイズを「すべて」提供

ミックスボイスを習得するために必要なこと・やってはいけないことをわかりやすく伝授

「スクールの説明だけで、何にも有益な情報を得られなかった!」

こんな経験をされた方は是非、繋声~mastering mixedvoice~の初回カウンセリング

に参加してみてください。

初回カウンセリング費用は、今なら無料。

理論に基づいたあなた専用のトレーニングに、きっと感動していただけるはずです。


無料で悩みを相談してみる



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

 1 件のコメントが寄せられています。
無料で有料級ボイトレ教材をプレゼント。
理想の発声を。
ボイトレ教材プレゼント。
ミックスボイスを習得しよう。
無料で有料級ボイトレ教材をプレゼント。
理想の発声を。
ボイトレ教材プレゼント。
ミックスボイスを習得しよう。