ヘッドボイスの出し方・コツをプロが徹底解説。【音声付き】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 こんにちは!ボイストレーナーのたいとです。

 

「ファルセットに閉鎖を加えても、ヘッドボイスにならない。。」

 

「ミッキーマウスが歌っているみたいな変な声になる。。」

 

「軟口蓋を上げる?喉仏を下げる?ネットの情報が多すぎてパニック!」

 

このように悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

 

僕もあなたと同じように、ヘッドボイスがどんな声なのか分からずにとても苦労していました。

 

しかし、正しい練習方法で取り組めば、誰でもヘッドボイスを習得することはできます。

 

そこで今回は、ヘッドボイスの出し方や練習のコツまでを徹底解説します。

 

他のボイストレーナーが絶対に教えてくれないような情報も提供していきますので、ぜひ最後までご覧くださいね^^

【参考歌唱音声:Pretender】

※ミックスボイスでの歌唱例です。

1.ヘッドボイスとは?

ヘッドボイスは、基本的に芯のある裏声と考えていただいてOKです。

 

・息の漏れが少ない

・声量が出る

・柔らかい声

 

こんな特徴を持っている声です。

【参考音源:ヘッドボイス】

 

「は?俺が目指しているのはこんな声じゃない!」

と思いますよね笑 力強い声に関してもこの講義で後ほど解説しますので安心してくださいね。)

 

ヘッドボイス =ファルセットが鍛えられた結果

ここで、要注意なのは、

決して、ヘッドボイス !という特別な声の出し方があるわけじゃないということです。

 

というのも、ヘッドボイス は弱々しい裏声(ファルセットボイス)をきちんと鍛えた時に

自然と発声できるようになる強い裏声のことだからです。

 

つまり、ヘッドボイス =弱々しい裏声(ファルセット)をきちんと鍛えた人が出せる声と考えてOKです^^

2.ヘッドボイスの出し方

ヘッドボイスの練習方法を徹底解説します。

正しい練習方法であれば、誰でもヘッドボイスを習得することはできますので、ぜひ取り組んでみてくださいね。

 

2−1.無意識の裏声

何も考えずに、無意識の状態で「ホー」と裏声を発声してみましょう。

(出しやすい音程でOKです)

 

【参考音源:無意識の裏声】

 

この時、どうしても息が漏れてしまう。。弱々しくなってしまう。。と思っても最初はそれでOKです。

 

継続して同じ出し方をしていくだけで、徐々に強い裏声になってきてヘッドボイス と呼ばれる声になりますからね^^

 

「あ!でた!」といったようにコツで発声するものではないんですね^^

 

徐々に作っていくイメージです。

 

とはいえ「練習の」コツ・ポイントのようなものはありますので、ぜひご覧ください。

 

ポイント① 無理に芯を加えようとしない

無理に芯を加えようとしないでください!

ヘッドボイスは強い声であるべき!と頑張って声を強めている方が多いのですが、

それだと裏声が鍛えられているのかどうか確認できなくなります。

 

あくまでも何も考えずに、リラックスした状態で裏声を発声することを継続してください。

その結果として、徐々に声が強くなっているのであれば、それがヘッドボイスです。

 

ポイント② 無理のない高さで練習する

無理のない高さで練習しましょう。

ヘッドボイスというと「高音!」というイメージがあるので、どうしても無理な高音域で練習しがちです。

しかし、それではかえってヘッドボイスの習得を遅らせてしまうので、気をつけましょう。

3.力強い高音にはミックスボイスを。

ヘッドボイス の習得方法はわかったけど、「俺は力強い地声のような高音を出したいんだ!」という方はめちゃくちゃ多いと思います。

そして、その力強い声で高音を歌うには、ミックスボイスを習得することが必須です。

 

ミックスボイスは、低音の地声から高音の裏声までが自動的に繋がる仕組みのことです。

 

【図:地声から裏声まで自動で繋がる仕組み】

 

【参考音源:ミックスボイス】

※音量注意

 

地声と裏声が完全につながっているので、

高い声で叫んだり

裏声にひっくり返る心配がなくなります。

 

ぜひこのミックスボイスを習得していきましょう。

 

STEP①地声と裏声を分ける

まず最初に、地声と裏声を綺麗に分けられるようにします。

 

というのも、実はほとんどの方が、地声と裏声がごちゃごちゃに絡まった状態になっていて、綺麗に切り離して発声することができないからです。

 

  • 地声を出そうとしても、裏声が混ざってしまう
  • 裏声を出そうとしても、地声が混ざってしまう

 

こんな状況にある方が多いんですね。

【図解:地声と裏声が絡まった状態】

 

 

だからこそ、いきなり地声と裏声を混ぜようとするのではなくて、地声と裏声をちゃんと分離することを第一に考えるべきなんですね。

STEP② 地声と裏声を鍛える

STEP①で分離した地声と裏声を丁寧に育てて強化していきます。

ほとんどの方は、地声と裏声の筋力バランスに差がありすぎるので、それを同じくらいのバランスに整えてあげる必要があるんですね。

 

【図:地声と裏声の筋力バランスが悪い】

地声と裏声のバランスが悪い状態ですね。

 

【図:地声と裏声の筋力バランスが良い】

(トレーニングによって、地声と裏声のバランスが取れた状態です。こちらを目指していきます。)

 

特に男性は、普段地声で話すことが多いので、地声の筋肉に対して、裏声の筋肉が弱いことが多いです。

このステップを徹底することで、次のステップであるミックスボイスのトレーニングの効果が劇的に上がりますから、頑張っていきましょう!

SETP③ 地声と裏声を混ぜる

最後はいよいよ、地声と裏声を混ぜていきます。

今まで整えてきた素材を使って、地声と裏声を綺麗につなげることができるミックスボイスのトレーニングをしていきます。

 

そうすることで、低音から高音までひっくり返ったり張り上げたりすることなく歌えるようになります。

 

「いや、言いたいことはわかったけど、何から始めればいいのよ?」という

 

ミックスボイスを習得したいあなたは、知識ゼロからミックスボイスを習得する方法を無料公開しています。

ぜひ、下記よりご覧くださいね。

 icon-angle-double-right [保存版]ミックスボイスを出す練習方法や仕組みを超解説

今回は以上となります。最後までご覧いただきありがとうございました^^

必見:本気でミックスボイスの習得を目指すあなたへ

自由な喉を構築して、ミックスボイスを習得するためのノウハウをギュッと動画講座に凝縮しました。

 

ミックスボイス

声量

ビブラート

フェイク

 

など様々なスキルを身につけて高い歌唱力を手に入れたい方は、ぜひ下から詳細をご覧くださいね。

冒頭部分のノウハウを無料公開しているので、読むだけでも勉強になると評判いただいています。^^

「自由な喉」養成講座

ミックスボイスを習得する方法

無料オンライン講座900人登録記念として、

喉を自由にし、圧倒的な歌唱力を身につけるための動画講座を期間限定で無料でプレゼントしています。

 

☑︎力強い高音発声

☑︎透明感のある美しいミックスボイス

☑︎音波のようなビブラート

☑︎遠くまでよく響く声量のある声

 

このような技術を手に入れて、高い歌唱力を身につけたい方のためのボイトレノウハウを全12本の動画講座にギュッと凝縮しました。

 

ぜひ、一緒に圧倒的な歌唱力を目指しましょう。


無料講座の詳細はこちら



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 0 件のコメントが寄せられています。
動画講座プレゼント
圧倒的な歌唱力を手に入れよう。
動画講座プレゼント
圧倒的な歌唱力を手に入れよう