[悲報]ロングトーンにコツはない。王道の練習法を解説。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

今回は、ロングトーンの効果的な練習方法について解説します。

「ロングトーンが安定しないし

息も続かない。

呼吸法に問題があるのかな?

それとも発声法?あー!もうわからん!」

そんなあなたの疑問に答えます。

1.ロングトーンにコツはありません/(^o^)\王道の練習をしましょう。

残念ながらロングトーンにコツはありません。

基礎的なボイストレーニングを積み重ねることでしか

ロングトーンの改善はみられません。

1-1.ロングトーンを安定させる発声の状態

ロングトーンを安定させる発声の状態とは、「ミックスボイス」です。

「は?ミックスボイスって高い声専用の声でしょ?アホじゃん?」

と思われるかもしれません。

しかし、実際にミックスボイスを習得すると

裏声も地声も一本化されているので

裏声ではもちろんのこと、

地声においても裏返ったり過度に声が震えたりすることがなくなります。(同じ音程をキープしている場合の話)

常に、ある音程にあわせた地声と裏声の筋肉の配合具合を作り出せるので

抜群の安定感を実現することができるわけです。

1-2.ミックスボイスを習得するためのトレーニング

ミックスボイスを習得するためのトレーニングについてお話していきます。

[地声と裏声を強制的につなぐトレーニング]

地声と裏声を強制的につなぐ役割をするトレーニングです。

薄い地声を意識して、ひたすら鼻にかけたような平べったい声を出していくトレーニングです。

「ンガンガ」と発声しましょう。

[参考音源:地声と裏声を強制的につなぐトレーニング]

 

注意点として、地声と裏声を強制的につなぐトレーニングは

地声と裏声の分離や強化のトレーニングもキチンと並行して行っていかないと

声の混合状態という「超」声が不自由な状態になるので注意してください!

※声の混合状態については以下の過去記事に詳しくまとめておりますので、ご覧ください。

 icon-angle-double-right 声の混合とは|ミックスボイスと勘違いすると悲惨すぎ…【恐怖】

POINT地声と裏声を強制的につなぐトレーニングは効果も高いが
リスクもある。常に基本練習とセットで行う。

2.呼吸法を見直す前に、喉を見直してください。

呼吸法を見直す前に、喉を見直してください。

なぜなら、ロングトーンで起こる問題を含む発声のすべての問題は

喉が原因であることが圧倒的に多いからです。

例えば、ロングトーンが続かない!息が続かない!といった症状の人間に

呼吸法の改善を提案したところで、結局声帯が開いていてその間から息が漏れまくっていたら

意味がないわけですね。

どんなに息を効率的に取り込んで、吐いたところで息が漏れているわけなので、無駄になってしまうわけです。

これは一例でしかないですが、他にも様々な症状に当てはまります。

高い声を出すには腹式呼吸!

声量を出すには腹式呼吸!と連呼するトレーナーには要注意です(笑)

3.まとめ

この記事のポイントをまとめます。

 icon-check-square-o ロングトーンにコツはない。地道な練習をしよう。

 icon-check-square-o 呼吸法を見直す前に、喉の状態を見直そう

今回は以上となります。

最後までご覧いただいて、本当にありがとうございました。

無料カウンセリング:最速でミックスボイスを手に入れる全手法

繋声~mastering mixedvoice~では、Skypeでの無料カウンセリングをご用意しました。

”あなただけのための”カスタマイズされた濃密なノウハウ

をすべて無料にてご提供しています。

発声のお悩みをじっくりとヒアリング

あなたの発声の状態を詳しく診断

あなたの発声の状態に最も効果のあるエクササイズを「すべて」提供

ミックスボイスを習得するために必要なこと・やってはいけないことをわかりやすく伝授

「スクールの説明だけで、何にも有益な情報を得られなかった!」

こんな経験をされた方は是非、繋声~mastering mixedvoice~の無料カウンセリング

に参加してみてください。

理論に基づいたあなた専用のトレーニングに、きっと感動していただけるはずです。


無料で悩みを相談してみる



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

【無料】ボイトレ無料カウンセリング
あなたに合ったトレーニングを。
無料カウンセリング
カスタマイズ型ボイトレ。