声帯のコントロール力を高める”3種類のオンセット”とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

 

 

オンセットとは、声の出し始め、つまり歌い始めの音程の取り方です。

 

今回は3種類オンセットについて整理していきましょう。

1.グロタル・オンセット

グロタル・オンセットとは、正門が閉じてから息が到達するタイプのオンセットです。

「は?」と思われるかもしれませんが、下記のトレーニングを試してみてください。

 

【参考音源:グロタル・オンセット】

 

一旦、咳払いをする直前で止めることを行ってみてください。

息を止めるのでもOKです。

その状態を維持したまま、声を発声していきましょう。

 

2.アスピレイト・オンセット 

アスピレイト・オンセットは、息が流れてから遅れて声門が閉じる(声が出る)タイプのオンセットです。

イメージとしてはウィスパーボイスに近いですね。

 

【参考音源:アスピレイト・オンセット】

「ハ」と言うつもり、で息を吐きつつ声を出してみましょう。

息を流したまま、声門が閉鎖されるのを待つイメージでもいいですね。

3.バランスト・オンセット

バランスト・オンセットとは、肺から流れてきた空気が、ちょうど閉じかけていた声門に到達し、

それと同時にすぐに声帯を振動させます。

 

難しく言いましたが、普通に声を出す時のオンセットです笑

息を吐くことと、声が出ることが同じタイミングで感じられるということです。

 

【参考音源:バランスト・オンセット】

 

特に意識することなく、「ア」で声を出してみましょう。

息を吐くと同時に声が出ることがわかりますね。

 

このように、声の出し始め(すなわちオンセット)をきちんと意識して整理できるようになることで、声帯が今どんな状態にあるのかということが頭の中で整理されます。

 

よって、声帯のコントロール力も高まっていきますので、地味なトレーニングですが、

あなたの普段の練習に取り入れてみてくださいね。

 

必見:本気でミックスボイスを習得を目指すあなたへ

「このままの練習方法でミックスボイスを習得できるのかな・・・」

「ボイトレの効果が出ている気がしない!」

 

そんなご相談を以前から、多数いただいておりました。

 

そこで、今回当スクールでMIX構築ノウハウSBMを販売させていただくことになりました。

 

体系的に整った効果のあるボイストレーニング方法で、自由に楽に高音を発声できるようになります。

 

今まで1000人を超える生徒様を指導してきた経験から、手本の音源はもちろんのこと、

想定されうる失敗例なども全て音源化し、収録することで、講師と生徒間の認識のずれを最小減に抑えました。

 

独学での練習で、間違った方向に歩を進めたくない方は、MIX構築ノウハウSBMをご利用ください。

(期間限定で、第1章を無料公開しております。)

 icon-angle-double-right MIX構築ノウハウSBM

最後までご覧いただいて、本当にありがとうございました。

無料カウンセリング:最速でミックスボイスを手に入れたいあなたへ

繋声~mastering mixedvoice~では、Skypeでの無料カウンセリングをご用意しました。

”あなただけのための”カスタマイズされた濃密なノウハウ

をすべてご提供しています。

発声のお悩みをじっくりとヒアリング

あなたの発声の状態を詳しく診断

あなたの発声の状態に最も効果のあるエクササイズを「すべて」提供

ミックスボイスを習得するために必要なこと・やってはいけないことをわかりやすく伝授

「スクールの説明だけで、何にも有益な情報を得られなかった!」

こんな経験をされた方は是非、繋声~mastering mixedvoice~の初回カウンセリング

に参加してみてください。

初回カウンセリング費用は、今なら無料。

理論に基づいたあなた専用のトレーニングに、きっと感動していただけるはずです。


無料で悩みを相談してみる



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

 0 件のコメントが寄せられています。
無料でボイトレ動画をプレゼント。
理想の発声を。
7日間の無料メール講座
ミックスボイスを習得しよう。