歌の練習と発声練習は分けて考えよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

今回は、歌の練習と発声練習は分けて考える方がいいですよ!

という内容で書いていきます。

是非、最後までゆっくりしていってくださいね。

 

1.歌では使えない声がトレーニングでは宝物

歌では使い物にならない声もトレーニングとしては大変有効なものが

沢山あります。

1-1.ファルセット

例えば、ファルセットです。いわゆる息もれのある裏声のことですね。

この声は歌ではほぼ使うことはないでしょうし、使うことは難しいと言わなければいけません。

(表現としてごく一部ファルセット寄りの声を使うことはありますが)

【ファルセットで歌った例】

息漏れしすぎて苦しいですwこの状態ではとても歌どころではありません。

そこで、世のボイストレーナーたちは「裏声を力強く!芯を出していきましょう!」

と口をそろえて言うわけですね。一般的にはヘッドボイスと定義される声でしょうか。

[ヘッドボイスで歌った例]

このように歌ではファルセットボイスはお呼びでないわけです。

しかし、このファルセット。トレーニングでは超重要な役割を果たします。

 

息漏れをさせることで、地声系の筋肉群の稼働をシャットアウトし

裏声系の筋肉群である輪状甲状筋だけに負荷をかけることができる

ピッチの調整に大きく輪状甲状筋が関わっているため

ピッチ感が非常に良くなる・また音痴の改善につながる

地声系の筋肉群と裏声系の筋肉群などが意図せずに両方動いてしまう状態(僕はこれを声の混合

と呼んでいます)を改善する効果がある→声の震え・意図しないビブラートなどが止む

 

 

こんな役割をファルセットが担っていることを皆さんはご存知でしたでしょうか?

 

だからこそ、この弱弱しいファルセットをトレーニングでは是非用いてほしいのです。

ファルセットのトレーニングについて詳しく知りたい方は

初級者向け→高い声の出し方 |ミックスボイスまでのプロセス

※高音発声のためのエクササイズをご紹介 声の分離のエクササイズのエクササイズ1をご覧になってください

中上級者向け→輪状甲状筋の鍛え方|超スパルタ練習法【中・上級者向け】

 

上記の記事にトレーニングの方法や注意点などを詳しくまとめてありますので

是非ご覧ください!

 

1-2ハイラリンクス(喉頭が引きあがった状態)

ハイラリは歌では、苦しそうな印象を与えたり

声が細く聴こえるので嫌われる傾向があります。(僕は求める声がハイラリでしか

手に入れられないのであれば、ハイラリでも別に問題ないと思っていますが)

[ハイラリンクスの例]

しかし、ことトレーニングにおいてはハイラリはメチャクチャ重宝されます。

喉頭を引き上げる筋肉は甲状舌骨筋などと呼ばれたりしますが、

 

・声量や響きをよくする

・ロングトーンの発声に役立つ

 

 

など様々な役割を担っている重要な筋肉なのです。

常にハイラリに「なってしまう」のであればそれは問題と言わなければいけません。

しかし、意識的にハイラリに「できる」ことは素晴らしいことなのです。

 

1-3ロウラリンクス(喉頭が引き下がった状態)

喉頭が引き下がった状態をロウラリと呼んだりしますが

この声は声楽などでは好んで用いられることがありますが

基本的にポップスで使うことは少ないのかなという印象です。

【ロウラリンクスの例】

ただし、この声もトレーニングとしては有効なので

僕のレッスンでも積極的に使っていきます。

喉頭を引き下げる筋肉は胸骨甲状筋などと呼ばれますが

この筋肉をゆっくりと目覚めさせていくと

 

・低音域ではもちろんのこと高音域での発声においても太さを確保できるようになる

・話し声がよくなる(今の言葉で言うとイケボっていうんですか・・?w)

 

 

などの効果を得られるようになっていきます。

 

 

などの効果をもたらしてくれるようになります。

是非、トレーニングに取れ入れてみてくださいね。

 

2.まとめ

今回は、歌の練習と発声練習は分けて考えようということを

テーマにお話をすすめてきました。

出したい声が決まっていて、こだわりが強い方ほど

同じ系統の声ばかりだしてしまい喉の固着化を招き、

喉の柔軟性を欠いてしまうことが多いです。

トレーニングでは、変な声に思える声も

喉を育てる大切な栄養源だったりするので

好き嫌いせずにしっかりと色々な声を出していきましょう!

今回も最後までご覧いただいて、誠にありがとうございました。

無料カウンセリング:最速でミックスボイスを手に入れる全手法

繋声~mastering mixedvoice~では、Skypeでの無料カウンセリングをご用意しました。

”あなただけのための”カスタマイズされた濃密なノウハウ

をすべて無料にてご提供しています。

発声のお悩みをじっくりとヒアリング

あなたの発声の状態を詳しく診断

あなたの発声の状態に最も効果のあるエクササイズを「すべて」提供

ミックスボイスを習得するために必要なこと・やってはいけないことをわかりやすく伝授

「スクールの説明だけで、何にも有益な情報を得られなかった!」

こんな経験をされた方は是非、繋声~mastering mixedvoice~の無料カウンセリング

に参加してみてください。

理論に基づいたあなた専用のトレーニングに、きっと感動していただけるはずです。


無料で悩みを相談してみる



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 藤井 より:

    とても有用な記事をありがとうございます。
    記事中、「ファルセットで歌った例」などと書かれている位置には、もしかして参考音源が埋め込まれているのでしょうか?
    FireFox、GoogleChrome、IE11など、ブラウザを複数変えて閲覧してみたのですが、いずれのブラウザでも参考音源が置いてある部分は空白(ただの広い行間に見えています)になっていて全く音源を聴くことができません。
    参考音源を聴かせていただくにはどうすれば良いのでしょう?

    1. 金子太登 金子太登 より:

      藤井様
      繋声~mastering mixedvoice~の記事をご覧いただいて誠に有難うございます。
      音声のことで大変ご迷惑をおかけしまして申し訳ございませんでした。
      本日この記事の音声に関しましては、アップし直しましたので、
      音声を聴くことができる状態になっていると思いますので
      お手数ですが、再度ご確認いただければ、幸いでございます。
      また、発声に関するご質問・当サイトのレッスンに関するご質問などがございましたら
      こちらのコメント欄もしくは予約フォームでお問い合わせいただければと思います。
      今後とも繋声~mastering mixedvoice~をよろしくお願い致します。

コメントを残す

*

【無料】ボイトレ無料カウンセリング
あなたに合ったトレーニングを。
無料カウンセリング
カスタマイズ型ボイトレ。