チェストボイスを効率よく鍛えて力強くする3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

あなたはこのようなことで悩んでいませんか?

 

icon-arrow-circle-o-right 地声が弱々しい。力強くカッコいい声で歌いたい!

icon-arrow-circle-o-right ミックスボイスらしきものは出るようになった。でもなんかパワーがないんだよな。。

 

でも、大丈夫です。正しいトレーニング方法を学ぶことで、あなたの声は力強くなっていくので、安心してくださいね。

 

実際にチェストボイスを鍛えることで、下記のような効果を得ることができます。

icon-arrow-circle-o-right 地声で発声できる限界の音域まで伸びる

icon-arrow-circle-o-right 力強いミックスボイスが習得できる(好みで裏声寄りにもできます。)

 

そこで、今回はチェストボイスを効率よく鍛えて力強くするノウハウをご紹介します。

ぜひ、最後までご覧ください。

※ボイストレーナーの金子の歌声です。当記事を参考にするかどうかの判断基準としてください

(音源の最高音は、A4(hiA、高いラの音)です。

 

1.「エ」(喉頭上げ)トレーニング

地声を強化していくトレーニングの1つめは、「エ母音トレーニング」です。

コツは鼻にかけたような平べったい声で実践することです。

もちろん、この声で歌うわけではないので、安心してくださいね(笑)

あくまでも、トレーニングとして割り切って行いましょう。

 

[参考音源:「エ」母音トレーニング]

 

[参考音源:練習用音源]

練習にご活用ください。

 

また、下記でお伝えする注意点を守っていただくことで、トレーニングの効率が上がります。

ぜひ参考にしていただけたらと思います。

POINT① 喉仏を下げないようにする

[参考音源①:喉仏を下げてしまった例]

明らかに、普通の声(喉仏の位置が通常のポジション)になっているのが分かりますね。

このトレーニングでは、しっかりと、喉仏を上げるようにしてください。


人間は、喉仏を上げることで、間接的に声帯(声を作り出す2枚の振動する組織)が閉じやすくなるように
プログラムされています。
声帯がしっかりと閉じてくることで、息の漏れが少ない力強い声に変化していきます。
よく喉仏を下げなさいと言われますが、ときには喉仏(喉頭)を上げるアプローチも効果的なので、ぜひ実践されてみてください。

 

POINT② 最低音〜E4(真ん中のミ)でトレーニングする

チェストボイスを強化するトレーニングでは、あなたが発声できる最も低い音域から、

E4(真ん中のミ)で練習しましょう。

 

「地声で高い声を出すぞ!」とついつい、高音を頑張って練習してしまいがちなのですが、

グッと堪えてE4までで抑えて上げることで、トレーニングの効果がグッと高まります。

 

POINT③ 息を漏らさないようにする

[参考音源③:息を漏らしてしまった例]

息が漏れて弱弱しい声になっているのが分かりますでしょうか。

息を止めた状態で、しっかりした声を意識しながら発声しましょう。

 

POINT 高音で声を大きくしすぎないようにする

[参考音源③:高音になるにつれて声を大きくしてしまった例]

徐々に声が大きくなっているのが分かりますでしょうか。

声を極端に大きくしたり、張りあげることのないように注意しましょう。

 

2.「オ」(喉頭下げ)トレーニング

深い声を意識して喉仏を下げます。その状態を保って「オー!」と発声しましょう。

[参考音源:「オ」トレーニング]

[参考音源:練習用]

練習にご活用ください。

 

POINT① 喉仏(喉頭)がなるべく上がらないようにする

喉仏はなるべく上がらないように注意しましょう。

高音になるにつれて、喉仏が上がってきて「軽い音色の声」になりがちですが、

それと反対方向の下方向に抑え込む意識が大切です。

[参考音源:喉仏が上がってしまった例]

喉仏(喉頭)が上がって、声が軽くなっているのが分かりますね。

 理論:なぜ喉仏を下げるのか

喉仏を引き下げる意識をすることで、喉仏を引き下げるための筋肉である胸骨甲状筋が鍛えられます。そのため、発声の土台の一部が整うので、地声らしさだけでなく、声の太さ・深さも同時に獲得できるということです。

POINT② 息が漏れないようにする

地声のトレーニング全般に言えることですが、なるべく息が漏れないように気をつけましょう。

“息を止めた状態で”トレーニングすることがオススメです。

【参考音源:息が漏れてしまった例】

 

POINT③ 張り上げて大きな声にならないようにする

高音になるにつれ、極端に声を大きくすることは避けましょう。

声帯に大きな負担がかかりますので気をつけてくださいね。

 

3.声門打撃トレーニング

[参考音源]

また、トレーニングをするときは、今からお伝えするポイントを守っていただくことで、

効果を上げることができます。ぜひ参考にしてみてください。

 

POINT① しっかりと区切る 

発声するときは、一回一回きちんと区切るようにしましょう。

毎回息を止めるつもりでOKです。

【参考音源:区切れていない例】

POINT② 喉仏を上げすぎない

喉仏を上げすぎないようにしましょう。

【参考音源:喉仏が上がりすぎてしまった例】 

 

POINT③ 喉仏を下げすぎない

喉仏を下げすぎないようにしましょう。

【参考音源:喉仏を下げすぎてしまった例】

 

4.時には張り上げも有効

「お前何言ってんの?」と思うかもしれませんが、時には地声で張り上げ気味の声を出してみることも有効です。

あの声はダメ。この声はダメ。と無意識に制限をかけていると、喉そのものがどんどん不自由になるからです。

 

様々な声を使って、喉そのものを自由にしていくことによって、最終的には取り出したい声を何も考えなくても、自動的に取り出せるようになっていきます。

(これを喉の自動化と呼んでいます。)

 

4−1.徐々に高い地声を発声していく

徐々に高い地声を発声していきましょう。

いきなり、高音を地声であてると、喉を痛める恐れもあるので、気をつけてください。

最初は、あなたが楽に発声できる音域から始めましょう。

 

【参考音源:張り上げ気味の地声】

 

 

4−3.究極的にはベルティング(地声での高音発声)もオススメ

僕はあまり使わない言葉なのですが、いわゆる地声の発声をなるべく保ったまま高音を発声するベルティングも

練習してみるといいですね。

歌手が使う声は、大体こっち系の声なので、いつまでも地声と裏声をヘロヘロ繋げて歌いたくねえ!という

硬派なあなたは、取り入れてみましょう。

 

【参考音源:ベルティング】

 

 

また、ミックスボイスの習得を目指すあなたは、下記をご覧ください。

ミックスボイスを知識ゼロから目指す方法を無料で公開しています。

 

必見:本気でミックスボイスの習得を目指すあなたへ

本気でミックスボイスの習得を目指すあなたのための無料メール講座「SBMでミックスボイスを習得する方法」

を開講しております。

 

ご参加いただいた方には、期間限定特典として有料級ボイストレーニング動画教材「SBM Regular」を”無料で”プレゼント

させていただきます。

 

綺麗なミックスボイスを身に付けたい

・長時間歌っても枯れない声が欲しい

パワフルな歌声を手に入れたい

 

1つでも当てはまるあなたは、ぜひお気軽に無料メール講座にご参加いただければと思います^^

 

 icon-angle-double-right 無料メール講座「SBMでミックスボイスを習得する方法」

 

最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

ボイトレ教材「SBM Regular」を無料プレゼント。

ミックスボイスを習得するためのボイトレの教科書「SBM Regular」を期間限定で無料でプレゼントしています。

 

・高い声を楽に出せる

・好きな曲を自由に歌えるようになる

・声枯れすることがなくなる

 

こんな理想の発声を手に入れるためのノウハウを詰め込みました。

 

「SBM Regular」は無料メール講座にご参加いただいた特典として、「期間限定」で無料で提供しています。

自由な発声を目指したい方は、ぜひお気軽にご参加くださいね。

 


無料メール講座に参加してみる



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 0 件のコメントが寄せられています。
無料で有料級ボイトレ教材をプレゼント。
理想の発声を。
ボイトレ教材プレゼント。
ミックスボイスを習得しよう。
無料で有料級ボイトレ教材をプレゼント。
理想の発声を。
ボイトレ教材プレゼント。
ミックスボイスを習得しよう。