次回からは「自由な喉」とご検索ください。

[YUBAメソッド]息漏れのない裏声の出し方をプロが解説。

こんにちは。ボイストレーナーのたいとです。

今回は、YUBA先生の「奇跡のハイトーンボイストレーニング」で練習されている方から

「息漏れのない裏声がでないんですけど、どうしたらいいですか。」

とのご質問をいただきましたので、

息漏れのない裏声の出し方を徹底解説します。

【参考歌唱音声:Pretender】

※ミックスボイスでの歌唱例です。

息漏れのない裏声は勝手に習得できる

まず結論からお話ししちゃうと、息漏れのない裏声は、”勝手に習得できるもの”なんです。

 

というのも、息漏れのない裏声は、”裏声を徹底的に鍛え上げた結果”に過ぎないからです。

 

だから、コツで出そうとするものではないんですね。

 

僕もそうだったんですが、このことを知らなかったせいで、

最初から息漏れのない裏声をコツで探そうとしてしまっていたので、いつまでたっても息漏れのない裏声を出すことができなかったんです。

 

大事なことなので、もう一度お話ししますね。

 

息漏れのない裏声は、裏声を鍛え上げた「結果」です。コツではありません。

無意識で発声するのがポイント

じゃあ、どうすれば裏声を鍛え上げることができるのよって話ですよね。

これはめちゃくちゃ簡単です。

 

無意識で発声すればいいのです。本当に無意識で。

 

トレーニング法を載せておきます。

【参考音源:無意識の裏声】

※音源は、ナビキ(声を揺らすこと)を入れていますが、入れなくても大丈夫です。

 

ポイントは無理して声に芯を入れようとしたり、大きな声を出そうとしないことです。

この後お話する、音質の変化で成長を感じとる際に重要になってくるので、注意してくださいね。

音質の変化で成長を感じとる方法

裏声や地声は、音質の変化で成長しているのかどうかをある程度確認することができます

特に独学でトレーニングをされている方なんかは、ここはめちゃくちゃ重要だと思いますので、参考にしていただけたら嬉しいです。

 

【裏声が成長したときに起こる変化一覧】

変化① 息漏れが減る

変化②   母音を明確に発音できる

変化③   声量が出る

 

一つずつみていきましょう。

変化① 息漏れが減る

特に男性の場合は、最初は息混じりの弱々しい裏声しか発声できないことが多いんですが、

裏声が養われてくると、徐々に息漏れが減ってきます。

息漏れはわかりやすい指標なので、”息漏れが減ってきているのか”を確認しながらトレーニングを進めていくのがおすすめです。

変化② 母音を明確に発音できる

2つ目ですね。2つ目は、母音を明確に発音できるようになるということです。

裏声が鍛えられる前は、どうしても母音を明確に発音することができません。

 

「オ」と発音したつもりが、「ホ」になっている

「ア」と発音したつもりが、「ハ」になっている

 

こんな感じで、裏声が鍛えられていないうちは、母音をしっかりと発音することがかなり難しいです。

逆に言えば、徐々に母音をしっかりと発音できるようになってきたということは、裏声が育っているとも言えます。これも大きな指標になるので、

確認しながらトレーニングを進めていきましょう。

変化③  声量が出る

裏声が養われてくると、地声に負けないくらいしっかりと声量を出すことができるようになります。

これは一番分かりやすいですね。

 

で、ここからが重要なのですが、これらの変化は”同じ声の出し方”をしていてこそ正確に感じとることができるということです。

 

今日は、ちょっとパワフルに裏声を出してみよ!

今日は、ちょっと息っぽく裏声を出してみよ!

 

こんな風に、毎回毎回裏声の出し方を変えていては、それがトレーニングによる変化なのか、その時の声の出し方による変化なのか判断できません。

 

だからこそ、「無意識で裏声を出してください」とお話ししたんですね。

 

無意識で裏声を発声することによって、毎回裏声の出し方を同じにすることができれば、

「音質の変化はトレーニングによるものだ」と判断することができますからね。

 

ぜひ改めて注意して取り組んでみてくださいね。

今回は以上となります。お疲れ様でした^^

最新情報をチェックしよう!
>
CTR IMG
動画講座プレゼント
ミックスボイスを習得しよう。
動画講座プレゼント
ミックスボイスを習得しよう。