ミックスボイスがガラガラするときの解決策【解説音声】

 

ボイストレーナーの金子太登です。

 

昨日、読者さんから

「ミックスボイスの練習をしてると、どうしてもガラガラした雑音が入っちゃいます」

というお悩みをもらいました。

 

やっぱり、ミックスボイスのガラガラしたノイズってみんな悩みますよね。

 

僕自身も、今でこそ普通にミックスで歌えるようになったものの、

昔は、最悪でした。

 

地声と裏声を繋ぐ練習をしてた時に、声がひっくり返りそうなところで

ガラガラ…ガラガラ…

みたいにノイズが入っちゃうことが多くて、悩んでた時期が長かったんですよ。

 

で、結局は自分の力だけじゃどうにもならなかったんで、

ある先生のレッスンを受けることにして、

ガラガラの本当の原因を聞いてみたんですね。

 

そしたら、

ガラガラの正体は喉の中にある

仮声帯(かせいたい)という

パーツだったんです。

ミックスボイスのガラガラの正体

仮声帯っていう言葉自体、聴き馴染みがないかもしれないんですけど、

 

仮声帯は、声を出すために必要な声帯(せいたい)というパーツの

ちょっと上にあるパーツですね。

 

で、図をみてもらえればわかると思うんですけど、

仮声帯は声帯のすぐ近くにあります。

 

だから、

仮声帯が声帯の動きを邪魔しがちなんですよ。

 

これ、実は綺麗なミックスボイスを習得するのには最悪な状況なんですよね。

 

というのも、ミックスボイスって

とんでもないレベルで繊細な声帯のコントロールを要求される技術だからです。

 

ミックスボイスって、

綱渡りみたいなもんですよね。

 

ビルとビルの間を張った綱を、バランスをとりながら慎重に渡っていく…

 

でもちょっとでもフラッとバランスを崩したら

綱からすべって落下しちゃう。

 

つまり声で言えば、ひっくり返るか、張りあげることになる。

 

そんな絶妙なバランスを保って、声帯をコントロールしなきゃいけないのに、

仮声帯が、バリバリと声帯の邪魔をしてきたら、

ミックスどころの話じゃなくなっちゃいます。

 

これじゃまるで、

綱渡りしてるときに、大量のアンチから卵投げつけられるようなもんですよ。

 

だから、“仮声帯を声帯から離す”

ことを考えなくちゃいけないんですね。

仮声帯を声帯から離す方法

ということで、仮声帯を声帯から離す方法ですが、

“柔らかい地声でハミング”

これだけでOKです。

 

下の音源みたいに、柔らかい地声ハミングで、低音からスムーズに高音まで持っていってあげる。

【参考音源:ハミング】

 

で、この時のポイントは、地声から裏声に繋げようとするんじゃなくて、

軽い地声を高音まで薄く引き伸ばしていくイメージで練習することです。

 

やっぱり生徒さんにコレをやってもらっても、

地声と裏声を繋ごうと頑張っちゃう人が多いんですけど、

そういう人は声がひっくり返っちゃう人がほとんどなんですね。

 

だから

“柔らかい地声” で限界まで出せる音域まで発声してもらうことだけ意識してもらってるし、

そうやって意識を変えてもらうだけで、わりと短期間で上手くいくことが多いです。

 

地声と裏声を繋げようとするんじゃなくて、なるべく薄い地声を高音まで

持っていく。

 

そして、ちょっとずつ軽い地声の最高音を伸ばしていく。

そんなイメージでやってみてください。

 

動画でも詳しく解説してるので、よかったら練習方法を覗いてみてください。

今回は、こんな感じです。

また記事を更新しますね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

・地声のまま高音を発声できるベルティングボイス

・裏声体感で楽に発声できるミックスの習得方法

・自動でかかり続けるビブラートの習得方法

・力を入れずに、楽に爆発的な声量を出す方法

 

などを、動画講座として公式ラインで配信しています。

 

もちろん無料で友達追加できるので、よかったら覗いて見てくださいね。
下記から公式ラインの詳細をご覧いただけます。

公式LINE

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください