次回からは「自由な喉」とご検索ください。

ミックスボイスがガラガラするときの解決策2つ【解説音声】

こんにちは、ボイストレーナーのたいとです。

 

今回は、

 

「ミックスボイスは出せるんだけど、声がガラガラする。。」

「地声と裏声を繋げようとすると、換声点でガラガラする。。」

「ガラガラをとって綺麗でパワフルなミックスボイスを出したい」

 

これ、まさに僕の過去の悩みです笑

 

そこで、今回はミックスボイスのガラガラを取り除いて、美しい声で歌えるようになるためのトレーニング法を解説します。

 

ぜひ、最後までご覧くださいね。

※ボイストレーナー金子の歌声です。当記事を参考にするかどうかの判断基準としてください

【ミックスボイスでの歌唱例】

 

1.小声で「イ」

小声の地声で「イ」と発声します。

そのまま徐々に音程をE4(真ん中のミ)ほどまで上昇させていきます。

 

【参考音源:小声で「イ」】

POINT①  笑顔でトレーニングする

笑顔でトレーニングしましょう。

笑顔になって口角をあげると、仮声帯が開く(働かなくなる)ことが分かっているからです。

ぜひ笑顔で美味しいものでも想像しながらハッピーな気持ちでやってくださいw

(感情も仮声帯とリンクしているようです。これはネタではありません。)

 

POINT②   息を漏らさない

息を吐きすぎて、「スー」と息が漏れる音がしたらNGです。

なぜなら、息が漏れるということは、声帯が開いているということ。

 

声帯が仕事を休めば、代わりにその仕事を仮声帯がやろうとしてしまうのです。

間接的に仮声帯を働かせることになってしまうので、絶対に息を漏らさないようにしましょう!

 

POINT③ 高音でも軽い地声を意識

高音の裏声的な声でも、軽い地声でいる意識は必要です。

裏声に移行するという考えではなく、うすーく地声を引きのばしつつ高音に入っていくイメージで練習しましょう!

 

2.笑顔でハミング

笑顔でハミングをしましょう。

 

【参考音源:笑顔でハミング】

 

ハミングで口を閉じることで、息の通り道が塞がれるので小さい声の状態に持っていきやすいです。

さらに、笑顔を作れば先ほどの「イ」トレーニング同様仮声帯が開いて、バリバリ感は減っていきます。

 

ぜひ試してみてくださいね。

 

また、ミックスボイスを習得するための3つのステップを下記の記事で丁寧に解説しています。

興味のある方は、下記からぜひご覧くださいね。

 

 icon-angle-double-right [保存版]ミックスボイスを出す練習方法や仕組みを超解説

必見:ミックスボイスの習得を目指すあなたへ

読者様600人を記念して、無料動画講座をさらにパワーアップさせました。

 

✅低音から高音まで繋がるミックスボイス

✅パワフルな声量のある声

✅声嗄れしない声

✅キレのあるビブラート

 

これらの技術を身につけ、圧倒的な歌唱力を身につけるための全12本の動画を無料公開しています。

興味のある方は下記から参加してみてくださいね。

 icon-angle-double-right 喉を自由にして圧倒的な歌唱力を手に入れよう

最新情報をチェックしよう!
>
CTR IMG
動画講座プレゼント
ミックスボイスを習得しよう。
動画講座プレゼント
ミックスボイスを習得しよう。