地声ミックスの出し方|プロのボイストレーナーが解説

こんにちは、ボイストレーナーの金子太登です。

 

今回は、リクエストが多かった”地声ミックスボイスの出し方”を解説していきます。

 

「地声と裏声は繋がっているけど、中音域がヘロヘロする…」

「高音が裏声っぽくなるから、もっと地声っぽい高音を出したい!」

 

そんな方には、今回の講座はぴったりかと思います^^

 

ぜひ、最後までご覧ください。

1. 地声ミックスの落とし穴

そもそも、地声ミックスボイス とは、限りなく地声に近いミックスボイスのことを言います。

張り上げ一歩手前と言ってもいいかもしれません。

 

【参考音源:地声系のミックスボイス】

※かなりわざとらしくやってます。

 

でも、こういうと、

「あ、やっぱり地声でガンガンアプローチしていきゃいいわけね。」と思われてしまうのですが、

それこそが落とし穴なんです汗

 

というのも、喉の構造上、E4(mid2E)以上は、どんなに地声に聞こえても「裏声の成分(筋肉)」が入り込まないと

発声できないんです。

 

それは、あの松崎しげるさんだろうが、髭男の藤原さんだろうが、人間ならみんな一緒です(笑)

 

なので、地声のような高音を出したければ、出したいほどに裏声の訓練を大切にしましょう。

 

まずは、この前提をしっかりと理解してもらった上で、

地声のような高音の訓練に入っていきましょう!

2. 地声ミックスの出し方

トレーニングはとってもシンプルで、いますぐできるものです。

解説と音声を聴きながら、ぜひ試してみてください。

 

STEP①  両手をグッと強く押す

まずは、手のひらを合わせてグッと手を力強く押しましょう。

ちょうど神様に手を合わせる感じでやってみてください。

 

STEP②  両手を押したまま、力強い地声を意識して声を出す

次に、STEP①の両手を強く合わせたまま、力強い地声を意識して声を出しましょう。

 

最初は、無理のない音域でやってみてください。例えば、G4(mid2G)が限界ならG4(mid2G)以内でやる…といった感じです。

 

【参考音源:無理のない音域で練習】

 

STEP③ 下からサイレンで繋ぐ

これは、最初に例として紹介した音源ですね。

母音「エ」で、低音から高音まで繋いで発声します。

 

イメージとしては、裏声に繋ぐという感覚はなく、

地声を無理なく持ち上げる、、といった感覚に近いですね。

 

【参考音源:低音から高音まで繋ぐ】

 

正直、このSTEP③は死ぬほど難しいのですが、しっかりと練習すればできるようになるので頑張っていきましょう。

 

個人的には、地声感のある高音は、時間をかけてでも習得する価値があると思ってます。

 

やっぱり地声感のある発声ができると、歌詞がストレートにお客さんに伝わりやすいので、お客さんの心をグッと掴めるので、

さらに歌うことが楽しくなりますよね。^^

 

ぜひ、練習して習得してしまいましょう!

 

さらにベルティングボイス(地声での高音発声)の詳しい習得方法や、

歌唱力を高めていくための方法を公式LINEで動画解説してるので、もしよかったら覗いてみてくださいね。

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

・地声のまま高音を発声できるベルティングボイス

・裏声体感で楽に発声できるミックスの習得方法

・自動でかかり続けるビブラートの習得方法

・力を入れずに、楽に爆発的な声量を出す方法

 

などを、動画講座として公式ラインで配信しています。

 

もちろん無料で友達追加できるので、よかったら覗いて見てくださいね。
下記から公式ラインの詳細をご覧いただけます。

公式LINE

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください