[保存版]ミックスボイスを出す練習方法や仕組みを超解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ボイストレーナーのたいとです。

今回は、ミックスボイスを習得する3つのステップを丁寧に解説していきます。

 

「高音が喉声になって苦しい」

「中音がヘロヘロする」

 

という方は、ミックスボイスを習得することで、完璧に悩みを解決することができます。

低音から高音まで自由に歌えるようになります。

 

今回は、そんなミックスボイスを習得するための具体的なトレーニング方法を音声付きで解説するので、ぜひ最後まで集中してご覧くださいね^^

ミックスボイスって何?

 

そもそも、ミックスボイスを習得するにはミックスボイス が何なのかを理解する必要があります。

 

ずばり、結論から言っちゃいますね。

 

ミックスボイスとは、低音の「地声」から高音の「裏声」までが繋がる仕組みです。

 

地声から裏声からズルズル勝手に繋がる仕組みです。

 

 

具体的には、

 

地声系の筋肉=TA

裏声系の筋肉=CT

 

を徐々にバトンタッチさせるようにしてあげると、地声と裏声で一気にガクッとひっくり返ることがなくなります。

 

 

【図:ミックスボイスのイメージ】

 

【参考音源:ミックスボイス】

 

ただ多くの人は、この地声と裏声の筋肉を一気に入れ替えてしまうんですね。だから声がひっくり返ったり、地声で頑張り続けてしまいます。

 

【図:TAとCTを急に入れ替えてしまう】

 

 

【参考音源:声が裏返る】

 

低音の地声と高音の裏声がズルズル一本に繋がった状態のミックスボイスを習得すれば、

 

声が裏返ったり、

声を張り上げて叫んだり

することがなくなって、低音から高音までスムーズに歌えるようになりますからこれから一緒に頑張りましょう。^^

 

ミックスボイスを習得するまでの流れ

まずは、ミックスボイスを習得するための流れをざっくりとおさえてしまいましょう。

基本的に、ミックスボイスを習得するためのステップは下の3つです。

 

手順① 地声と裏声を分ける

手順②  地声と裏声を鍛える

手順③ 地声と裏声を混ぜる

 

地声と裏声を分けて、鍛えて、混ぜる。

 

これがミックスボイスを習得するまでの道のりです。

 

これをざっくりと把握してもらった上で、一つ一つのステップを詳しくみていきましょう!

手順① 地声と裏声を分ける

まず最初に、地声と裏声を分けていきましょう。

というのも、実はほとんどの人は、地声と裏声がごちゃごちゃに絡まった状態にあるんですね。

 

その地声と裏声がゴチャゴチャに絡まった状態から、地声と裏声をミックスさせるのは難しいんです。

 

例えば、

ゴチャゴチャに絡まった靴ひもがあるとしますよね。

 

で、「そのごちゃごちゃに靴ヒモが絡まった状態から綺麗に靴ヒモを結べるか?」

って言われたらかなり難しいですよね。

 

そこでまず最初に、

靴ヒモをしっかり”ほどいてから”結べば、綺麗にヒモを結ぶことができます。

 

それと、地声と裏声も同じです。

ごちゃごちゃに地声と裏声が絡まった状態から、地声と裏声を綺麗に混ぜることは本当に難しいのです。

 

ですから、まず最初に地声と裏声を徹底的に分けていきましょう。

①100%の裏声を出してみよう

ということで、さっそくトレーニングに入りましょう。

 

裏声と地声を出し分けていくのですが、

まずは100%の純粋な裏声から出していきましょう。

 

100%の裏声は、息がたくさん漏れたような声で「フー」と声を出します。

音域は、B3〜B4(下のシ〜高いシの音)でやっていきます。

 

難しいことは考えずに、音源の真似をすればOKですからね。

では、やってみましょう。

 

【参考音源:100%の裏声】

 

②100%の地声を出してみよう

次は、100%の地声ですね。

100%の地声は、大きな地声で「ア」と発声します。

 

このとき、息がたくさん混じったような声にならないように注意してください。

それだけ注意できればとりあえずOKです^^

 

音域は、出しやすい低音(どこでもOK)〜 E4(mid2E/真ん中のミ)まで

では、やっていきましょう。

 

【参考音源:100%の地声】

 

いかがでしょうか。

 

・100%の地声

・100%の裏声

 

完全に、切り離して発声できることができれば、手順①はクリアです。^^

手順②にすすみましょう。

手順② 地声と裏声を鍛える

手順②では、分けた地声と裏声を鍛えていきます。

そもそも、地声と裏声の筋肉のバランスが悪いことが多いからです。

 

男性は、普段地声で話すので、地声が強くて裏声が弱い、、なんてことが多いですし、

女性は、普段から上品に話すので、裏声が強くて地声が弱い、、ということもあります。

 

ともかく、この地声と裏声の筋力のバランスが同じになるまで、徹底的に鍛えてあげることが大切です。

 

そうすることで、ミックスボイスを習得しやすくなりますからね。^^

 

では、一緒にやっていきましょう。

①裏声を鍛えよう

では、裏声を鍛えていきましょう。

やり方は、”特に何も考えずに”無意識で「ホー」と発声します。

【参考音源:裏声の強化】

 

ここでポイントなのは、本当に何も考えないこと。

「裏声を力強く出そう!」

「もっと弱く出してみようかな?」

とか考えてはいけません笑

 

何も意識せずに、ありのままで発声してください。

②地声を鍛えよう

では、次は地声を鍛えていきましょう。

地声に関しては、地声と裏声を分けようの地声と同じく「ア」で発声していきましょう。

ただ、今回はなるべく大きな声で力強く発声することを意識してみてください。

ありったけの地声を出すイメージです。

 

音域は、出しやすい音域(どこでもOK)〜 E4(真ん中のミ)でやってみましょう!

 

【参考音源:地声の強化】

 

できましたか?次は、地声と裏声を混ぜていきましょう!

手順③ 地声と裏声を混ぜる

では、いよいよ、地声と裏声をミックスさせていきましょう。

様々な手法があるのですが、ここでは一番取り組みやすい方法をご紹介します。

 

小さな地声でミックスを習得!

小声で地声を出していきます。

音域は、C4〜E4(真ん中のド〜ミ)でやってみましょう。

 

注意点は、

大きな声で張り上げないこと

裏声にひっくり返らないこと

 

この2つです。この2つを守っていただければOKです。

では、やっていきましょう!

【参考音源:小声で地声】

 

この声が取り出せたら、完璧とは言えなくてもミックスボイス的な発声になっているかと思います。

小声を大きくしていく

先ほど発声した小声を大きくしていきましょう。

小さな地声から大きな地声に移行するときに、裏返らないように注意してください。

もし裏返ることなく安定して発声できたら、ミックスボイスといっていいでしょう^^

 

【参考音源:小声を大きくしていく】

 

 

いかがでしょうか。ここまでできていれば、(クオリティは考えなければ)もうミックスボイスは習得していると考えていいです。

今回は以上となります。最後までご覧いただいてありがとうございました。^^

ミックスボイスを習得する方法

無料オンライン講座900人登録記念として、

喉を自由にし、圧倒的な歌唱力を身につけるための動画講座を期間限定で無料でプレゼントしています。

 

☑︎力強い高音発声

☑︎透明感のある美しいミックスボイス

☑︎音波のようなビブラート

☑︎遠くまでよく響く声量のある声

 

このような技術を手に入れて、高い歌唱力を身につけたい方のためのボイトレノウハウを全12本の動画講座にギュッと凝縮しました。

 

ぜひ、一緒に圧倒的な歌唱力を目指しましょう。


無料講座の詳細はこちら



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ごでぃす より:

    最近歌を練習し始めて色々動画を見たんですがこれが一番わかりやすかったです!頑張って練習します!

    1. 金子太登 より:

      コメントいただきありがとうございます^^ そう仰っていただけて嬉しいです^^ これからもどうぞよろしくお願い致します。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 2 件のコメントが寄せられています。
動画講座プレゼント
圧倒的な歌唱力を手に入れよう。
動画講座プレゼント
圧倒的な歌唱力を手に入れよう