次回からは「自由な喉」とご検索ください。

[保存版]ミックスボイスを出す練習方法や仕組みを超解説

こんにちは!ボイストレーナーのたいとです。

 

「裏声にエッジボイス を混ぜようとしているけれど、全然ミックスボイスにならない。。」

「ミックスボイスで息が漏れる。。」

「ガラガラした成分が混じってきて、汚い声になる。」

「どのサイトの練習方法が正しいのか分からない。。」

 

こんなふうに、ミックスボイスの情報が沢山ありすぎるので、混乱してしまっている方も多いのではないでしょうか。

でも、心配する必要はありません^^

 

この講義では、ミックスボイスの仕組みからミックスボイスを習得するための3つのステップまでを分かりやすく丁寧に解説します。

【参考歌唱音声:Pretender】

※純正のミックスボイスの参考音源です。

1.ミックスボイスの仕組み

ミックスボイスの仕組みをサクッと理解してしまいましょう。

1−1ミックスボイスは地声と裏声が繋がる仕組み

ミックスボイスは、地声と裏声が繋がる”仕組み”です。

 

【図:ミックスボイスの仕組み】

 

【参考音源:地声と裏声が繋がる仕組み】

 

当然、仕組みなので、一度作ってしまえばあなたが特別何かを意識して声をだす必要は無くなります。

 

「本当かよ?!」と思うかもしれませんが、”普通に歌っているだけでミックスボイスになっている”という状態を作り出すことができるのです。

 

ですから、ミックスボイスは

 

・とにかく鼻に響きを集めようと鼻腔共鳴させることでもなく

・腹式呼吸を頑張って発声するものでもなく

・裏声にエッジボイス を混ぜていくようなものでもない

 

ということです。

 

また、適切なボイストレーニングで、ミックスボイスに限らず、どんどん喉そのものが自由になる仕組みを作っていけば、地声のような声で張り上げても

喉を壊すことなく安全に楽に発声できます。

 

【参考音源:地声の延長での張り上げに聞こえる声】

 

ただし、そのためには自由な喉を作っていくための手順を守って練習しなければいけません。

 

次の2章では、自由な喉を作り、ミックスボイスを習得するための3つのステップ「SBM」を解説します。

2.自由な喉を作るための3ステップ

では、自由な喉を作り、ミックスボイスを習得するための3つのステップを解説します。

 

 

ステップ①:パーツの分離

ステップ②:パーツの強化

ステップ③:パーツの調整

 

 

発声に必要なパーツを

”分けて”

”鍛えて”

”調整する”

 

たったこれだけです。

色々なパーツを分解したり調整するのですが、ここでは地声と裏声に絞ってトレーニング法をお伝えします。

 

ステップ① パーツの分離

パーツ(仮声帯、声帯、地声、裏声、喉頭蓋、、、)などなど様々なパーツを分離します。

ここでは、地声と裏声の分離の方法をお伝えします。

 

純粋な地声発声

まずは、純粋な地声「ア」と発声してみましょう。

【参考音源:100%の地声で発声】

 

POINT① E4(真ん中のミ)まで

E4までで発声するようにしましょう。

なぜなら、E4以上の音域はどんなに地声のように聞こえても裏声の筋肉が働いてしまうからです。

つまり、地声に負荷をかけようと思っても、裏声に負荷が逃げてしまうのです。

 

POINT② 息を漏らさない

息を漏らさないようにしましょう。

息を漏らすと、地声系の筋肉を働かせることが難しくなります。

しっかりと息を止めた状態を保ったまま声を出すイメージで練習しましょう。

 

純粋な裏声発声

次に、100パーセント純粋な裏声を目指して息がたくさん漏れた裏声「フー」発声してみましょう。

 

【参考音源:100%の裏声で発声】

 

POINT①  思いきり息を漏らす

思い切り息を漏らしましょう笑

息を漏らすことで、声帯が開くので地声の筋肉を排除することができます。

つまり、純粋な裏声を取り出せるということです。

 

POINT②  声に芯が入らないように注意

声に芯が入って、力強い声にならないように注意しましょう!

芯が入っているということは、地声が混じっているということです。

最初は大げさでもいいので、息を一気に吐き切り、力強い声にならないように注意してください。

 

ステップ② パーツの強化

ステップ①で分解したパーツを、強化していきます。

喉の周りにも、沢山の筋肉が存在しているのですが、ほとんどの方は歌で自由に使えるほどには筋肉が発達していません。

だからこそ、せっかくバラバラに分解して動かせるようにした筋肉などのパーツを鍛えてあげる必要があるのです。

 

ここでは、地声と裏声に絞って強化の方法をお伝えします。

 

地声の強化

地声を強化していきましょう。

「ア」の口の形で「エ」と発声します。

 

【参考音源:地声の強化】

 

 

POINT① E4(真ん中のミ)まで

E4までで発声するようにしましょう。

なぜなら、E4以上の音域はどんなに地声のように聞こえても裏声の筋肉が働いてしまうからです。

つまり、地声に負荷をかけようと思っても、裏声に負荷が逃げてしまうのです。

 

POINT② 息を漏らさない

息を漏らさないようにしましょう。

息を漏らすと、地声系の筋肉を働かせることが難しくなります。

しっかりと息を止めた状態を保ったまま声を出すイメージで練習しましょう。

 

 

地声の強化は、注意すべきポイントはSTEP①の分離と同じなのですが、ありったけの声量で大きな声を出すことを意識してください。

 

やはり、地声を強化・確立していくということはそれなりの負荷をかけなければいけないので、無理はいけませんがしっかりと負荷をかけることを意識してトレーニングをしましょう。

裏声の強化

出しやすい高さで大丈夫なので、裏声で「ホー」と発声しましょう。

【参考音源:裏声の強化】

 

出しやすい高さで大丈夫なので、裏声で「ホー」と発声しましょう。

 

POINT① ”無意識で”発声する

これが最大のポイントです。”何も考えずに”発声しましょう。

何も考えずに発声することで、現在の裏声の声量や芯の入り方を正確に測ることができます。

また、そのまま同じ発声を継続していくことで、徐々に声に芯が入ってきてパワフルで声量のある声になっていきます。

 

POINT② 意識して強い裏声にしない

意識して強い裏声にしてはいけません。

これはPOINT①と繋がってきますが、意識して強い裏声にしてしまったら、その強さは

トレーニングによって鍛えられたものなのかどうか判断できなくなってしまうからです。

 

ですから最初は弱々しくてもいいので、無意識の状態で裏声を発声していくようにしましょう。

 

ステップ③ パーツの調整

ステップ①とステップ②で整えてきたパーツの最終調整をします。

ここで、やっとミックスボイスなどのトレーニングが出てくるわけですね。^^

 

ステップ①や②で自由自在にパーツを動かせるように整理した状態で、ミックスボイスのトレーニングをすることでスムーズに技術を習得できるようになります。

 

多くの方が「高い声が出ない。。ミックスボイスは難しい。。」と仰るのは、ステップ①とステップ②をすっ飛ばして、いきなりミックスボイスの練習をしてしまっているからなんです。

 

ここでは、ミックスボイスを習得するトレーニングのうち取り組みやすいものをご紹介します。

 

【参考音源:ミックスボイスのトレーニング】

 

C4〜E4(真ん中のド〜ミ)で、裏声→地声→裏声と移行するトレーニングをしましょう。

 

POINT① 息漏れさせて誤魔化さない

息を漏らさないように注意しましょう!

裏声から地声に移行する時に、息をガッツリ吐いてしまう方が多いのですが、

それで誤魔化しても練習にならないので、息は止めておくぐらいの意識でOKです。^^

 

POINT② 小さな地声からスタートしない

小さな地声からスタートしてしまう方も多いです。

あくまでも、裏声からスタートして徐々に地声に膨らませる意識で練習しましょう。

本当に難しいトレーニングなのですが、効果は絶大です。w

 

 

また、本当はもっともっとお伝えしたいことがあるんですが、

ここまでですでに6000文字でして(w)、これ以上は到底トレーニングを書ききれないので、

もっとがっつりとミックスボイスの習得をはじめとする高い歌唱力を目指したい方向けの講座を用意しています。

 

もちろん、無料なので興味のある方は参加してみてくださいね^^

無料動画講座 |圧倒的な歌唱力を手に入れよう

今回は以上となります。お疲れ様でした^^

ミックスボイスを習得する方法


 

無料オンライン講座読者様600人突破記念として、

喉を自由にし、ミックスボイスを習得するためのボイトレの教科書「SBM Regular」を無料でプレゼントしています。

 

力強い高音発声の習得方法

美しいミックスボイスの習得方法

声量のあるパワフルな声の構築方法

美しいビブラートのかけ方

何曲歌っても声が枯れない方法論

 

このような理想の発声を手に入れるためのノウハウを12本の動画講座に詰め込みました。

 

自由な発声を目指したい方は、ぜひお気軽に無料講座を読んでみてくださいね。

 

最新情報をチェックしよう!
>
CTR IMG
動画講座プレゼント
ミックスボイスを習得しよう。
動画講座プレゼント
ミックスボイスを習得しよう。