[保存版]ミックスボイスを出す練習方法や仕組みを超解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

今回は、ミックスボイスを出すための練習方法や仕組みを超解説していきます。

ミックスボイスって何?長いことミックスボイスについて調べているけれど・・・

全然できない!そんな方に向けた記事になっています。

今まで沢山ミックスボイス関係の記事を書いてきましたがそれを一旦ここで

まとめてみることで、皆様にミックスボイスを習得するための手順や方法を

整理整頓していただきたいと思います。

保存版と謳うくらいなのでめっっちゃくちゃ細かく丁寧に解説するので

クソ長いなと思われるかもしれませんが、是非最後までゆっくりしていってくださいね。

1.ミックスボイスの定義を様々な角度からおさらいしよう

ミックスボイスって何?というところから話をすすめていきましょう。

様々な考え方があり、そのすべてが間違っているとはいいませんが

ネットなどの情報では時々トンデモ情報が流れていたりするので

自分なりのきちんとしたミックスボイスの定義・考え方を持っておきましょう。

1-1.声帯周りの筋肉の状態からミックスボイスを定義する

ミックスボイスを発声しているときの声帯周りの筋肉の状態からミックスボイスを定義してみましょう。

ミックスボイスを発声しているときの声帯周りの筋肉の状態は

 

低音域では地声系の甲状披裂筋などの筋肉が優勢に。

高音域では裏声系の輪状甲状筋などの筋肉が優勢に。

中音域では両方が拮抗してバランスをとった状態に。

地声 裏声
高音域 弛緩 優勢
中音域 拮抗 拮抗
低音域 優勢 弛緩

 

超簡単にご説明するとこんな感じです。

すなわち、地声系の筋肉群と裏声系の筋肉群のスムーズな入れ替えがミックスボイスの最低条件というわけです。

様々なケースがありますが、この状態を作ってあげられないことがミックスボイスを発声できない

大きな原因です。

1-2声区からミックスボイスを定義する

今度は声区からミックスボイスを定義してみましょう。

これも様々な考え方があり、ややこしいのですが

しっかりついてきてくださいね。

まず、声区とは車で言うところのギアだと思っていただければと思います。

走り出しは1速、スピードがのってきたら2速 さらに3速・・・といったように

ギアチェンジを手動なり自動なり行うことになりますよね。

声で言うところのこれが声区です。

1-2-1僕は1声区論の考え方をすすめます

一声区論とは低音域から高音域まで声が繋がった状態でこれをミックスボイスとする

考え方です。

 

ちょっと雑すぎる考え方じゃない?と思われる方は少なくないと思います。

しかし、僕は「この考え方、単純でわかりやすいじゃん!」と思うのです。

特に生徒さんに説明するときなんかはこの考え方をメインとしてお伝えしています。

1-2-2 二声区論とは?

一応二声区論というものもありまして・・・。こちらは

地声と裏声の2つの声区があってそれらを混ぜ合わせることがミックスボイスとする考え方です。

別に間違っているわけではないのですが、ここまで分けるのであれば

全ての声区で全部ちゃんと分けてもよくない?(実際に声区はいくつもあります)

と思うので中途半端だなと思うのが今のところの僕の見解です。

 

1-3.ミックスボイスってどんな声?

ミックスボイスはこんな声です。

[参考音源:MIXボイス]

「…??どこが裏声でどこが地声? よくわからん、、」

というのが感想じゃないでしょうか?

これがまさにミックスボイスの特徴でして

低音域から高音域まで声が一本化されているということなんですね。

2.ミックスボイスを出す練習方法とは

ミックスボイスまでの道のりは本当に人それぞれなのですが、大まかな道筋は

照らすことができると思っています。

是非参考にしてください。

2-1地声と裏声の分離作業をしよう

地声と裏声の分離作業が殆どの場合一番最初に行われるべき工程です。

地声と裏声はもともと分かれているようで、全く分離できていないことの方が多いです。

そのような状態を声の混合状態と呼びます。

混合状態に陥っている喉の代表的な症状をいくつか挙げてみます。

2-1-1息漏れのある裏声を発声することができない

息漏れのある裏声を発声することができない。この症状は

初回の無料カウンセリングでほぼ100%のお客様に当てはまっています。

是非この記事をご覧になっている皆様もできているか確認してみてください。

※以下の記事の参考音源と同じように発声できるかをチェックしてみてください。

輪状甲状筋の鍛え方|超スパルタ練習法【中・上級者向け】

特にA4 B4付近の小声での息漏れのある発声なんかは

 

・息しかでないよ!

・どうしても声帯がピッタリくっつく/芯がでてしまうよ!

 

この2つの症状に大まかに分かれると思います。

これらの症状は何を指しているのか。

それは、裏声系の筋肉である輪状甲状筋だけを使いたいにも

関らず、意図せずに一緒に地声系の筋肉が働いてしまうということなのです。

この「働いてしまう」というところが重要です。

 

「働いてしまう」→声の混合状態

「働かせる」→声の融合状態

 

 

意図して声をコントロールできるかどうかというところがポイントになってくるわけですね。

 

2-2-2息漏れの少ない地声を発声することができない

息漏れの少ない地声を発声することができない状態も

声の混合状態の代表的な症状と言ってしまっていいと思います。

この症状はどちらかというと女性に多いですが

僕のお客様では男性にも割とよくみられる症状なので

注意して確認してみてくださいね。

※以下の記事の参考音源と同じように発声できるかをチェックしてみてください。

チェストボイスを効率よく鍛えて力強くする3つの方法

さて、地声が弱弱しかったり、息が漏れてしまう場合

筋肉の状態で言うとどのようなことが起こっているのでしょうか。

様々なケースがありますが、

地声そのものの筋肉が脆弱であることと、裏声の筋肉が同時に働いてしまっている

ことの併発が多いです。

2-2地声と裏声の筋肉群の強化を行おう

地声と裏声の分離が進んでくる段階で、それぞれの筋肉群をきっちりと鍛えていく

ことがミックスボイスの発声には不可欠になってきます。

その際、喉頭懸垂機構と呼ばれる喉を吊り下げている筋肉群が存在していまして

それらを目覚めさせる様々な声の出し方(アンザッツ)を取り入れることで

効率的に地声と裏声の筋肉群の強化を行っていきます。

図1【喉頭懸垂機構】

図2【喉頭懸垂機構】

 

【アンザッツ1】

地声と裏声に大別するとしたら「地声」に該当する声です。

上記の喉頭懸垂機構の図で言うところの甲状舌骨筋と呼ばれる

喉頭を引き上げる筋肉が強く意識され、実際に喉頭は引き上げられます。

【参考音源:アンザッツ1】

 

【アンザッツ2】

アンザッツ1と同様に、地声に分類される声です。

深いの声色の中に明るさを感じ取ることができる声が特徴的です。

上記の喉頭懸垂機構の図で言うところの胸骨甲状筋が意識され、

実際に喉頭は引き下げられます。

【参考音源:アンザッツ2】

 

【アンザッツ3a】

上記2つのアンザッツ同様に地声に分類されます。

地声系の筋肉である甲状披裂筋を完全に活躍させることができ、

地声感は7つのアンザッツの中でも一番強いです。

上記の図で言うところの喉頭を引き下げる胸骨甲状筋が強く意識され

実際に喉頭は強く引き下げられます。

アンザッツ2よりも喉頭がさらに引き下がって深みを増した声が

アンザッツ3aと考えていただけるとわかりやすいのではないかと思います。

【参考音源:アンザッツ3a】

 

【アンザッツ3b】

アンザッツ3bもどちらかといえば地声の分類となります。

「どちらかといえば」というのがとても重要でして、裏声の要素もかなり含まれた

声です。喉頭懸垂機構のバランスがとれ、喉頭の機能が蘇りを果たした時に

現れる声です。

いわゆるミックスボイスはこの声と思っていただいてよいと思います。

【参考音源:アンザッツ3b】

 

【アンザッツ4】

アンザッツ4は地声と裏声に大別した場合、どちらかと言えば

裏声に分類されます。

上記の喉頭懸垂機構の図で言うところの胸骨甲状筋、茎突咽頭筋

口蓋咽頭筋が意識されます。

当然ながら喉頭の中の輪状甲状筋などの声帯をピンと引っ張り

高い音をだしたり、ピッチの調整をするような重要な筋肉も

働いています。

軽い裏声=アンザッツ4と考えていただいてよいかと思います。

 

【参考音源:アンザッツ4】

【アンザッツ5】

アンザッツ5もアンザッツ4と同様に裏声に分類されます。

上記の喉頭懸垂機構の図で言うところの甲状舌骨筋が意識され

そのことによって喉頭の中の側輪状披裂筋、披裂間筋などの動きが

活性化し、閉鎖を強めます。

裏声を基本としながらも、地声の要素も含んだ

響く声と思っていただければと思います。

『アンザッツ5のヒント』

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の目玉おやじ

【参考音源:アンザッツ5】

【アンザッツ6】

アンザッツ6もアンザッツ4.5と同様に裏声に分類されます。

上記の喉頭懸垂機構の図で言うところの

輪状咽頭筋、胸骨甲状筋が主に強く意識されます。

 

 

【参考音源:アンザッツ6】

 

 

 

7つのアンザッツを解説してまいりましたが、

この辺のことを詳しく解説されている本として

武田先生執筆の

最高の声を手に入れる フースラーメソード入門

ボーカリストのためのフースラーメソード

がありますので、詳しく自分で学びたいぞ!

という方は是非ご覧になってみてくださいね。

 

2-3声の融合を進めよう

ある程度地声系の筋肉群と裏声系の筋肉群がしっかりと育ってきたら

それぞれを適切に融合させていくトレーニングを行っていきます。

声の融合のトレーニングに関しては     の記事で詳しくご説明していますので

是非やってみてくださいね。

 

 

3.練習の参考になるミックスボイスで歌う歌手たち

ミックスボイスを習得するうえではモチベーションの維持も重要です。

今回は、ミックスボイスの練習をするうえで参考になるミックスボイスを

扱う歌手についておさらいしていこうと思います。

基本的に張り上げたり、ベルティング(地声感を限りなく残したミックスボイス)

を扱う歌手練習の段階では向かないので除外しています。

また、ミックスボイスで歌う歌手についての発声の状態など

を詳しく解説した記事 ミックスボイスで歌う歌手|実例から学ぶミックスボイス 

もおススメなのでよろしければご覧くださいね。

3-1平井堅さん

非常に柔らかい声で地声から裏声までをきれいに繋ぐミックスボイスが

魅力的ですよね。

歌うときはせっかくきれいなミックスボイスの持ち主の平井堅さんの雰囲気を壊さないという意味でも

地声で張り上げて歌うことはやめてくださいね!(笑)

3-2槇原敬之さん

槇原敬之さんも透き通るようなミックスボイスを発声する方ですよね。

今まで、なんであんなに軽く高い声がでるのだろう…?

と思っていらした方も多いのではないでしょうか?

安心してください、彼もミックスボイスですよ。(古い?)

 

3-3EXILE ATSUSHIさん

ミックスボイスの代名詞と言ってもいいでしょう。EXILEのATSUSHIさん。

EXILE TRIBEのボーカルは沢山いらっしゃいますが、

発声のレベルは頭一つ抜けているように感じます。

サビに限らず、低音域から裏声の要素を強く含んだ声が魅力的ですね。

3-4CHEMISTRY 堂珍義邦さん

 

個人的に一番ミックスボイスのお手本になるであろうと思っている

歌手の堂珍義邦さん。

柔らかい発声の中にも張りのある地声感をしっかり残しています。

高音域の発声も申し分なく、オールラウンダーです。

4.ミックスボイスを習得するまでの期間は?

ミックスボイスを習得するまでの期間について詳しくお話していきたいと思います。

4-1習得までの期間は人それぞれ。3年から6年が一つの目安。

ミックスボイスを習得するまでの期間は本当に人それぞれ異なります。

しかし、多くの方が満足するような発声を手に入れるためには

最低3年~6年かかると思っていただければよいのかなと思います。

こうお伝えすると、多くの方は「長い!絶対こいつインチキボイストレーナーだ!」

こう心の中で思われると思います(笑)

そのような方はこちらも求めていないのでいちいち説明することもないのですが

長いには長いだけの理由があるのです。

4-2ボイストレーニングは筋肉群の開発・調整・神経支配を行き渡らせる作業

ボイストレーニングとは、なにかを掴むためのキッカケ探しではありません。

長い時間をかけて、声帯周りの筋肉や喉頭(声帯が入っているお家)を吊っている喉頭懸垂機構の調整

それらを支配している神経支配を行き渡らせる作業

を行っていくことがボイストレーニングなのです。

ですから、それらを行っていくことにある程度の時間がかかること

はご理解いただけると思います。

声帯周りの筋肉は遅筋と言われているので、なかなか鍛えられていかないです。

本当に時間がかかりますが、その分得られるものは大きいですし

ゴールに向かっている途中も確実に成長を実感することはできますので

モチベーションは維持できると考えています。

4.まとめ

今回は、ミックスボイスを出すための練習方法や仕組みなどについてお話

してまいりました。

難しいお話がバンバン飛び出したので、「なんだか大変そう・・・」

思われた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、きちんとした練習方法でしっかりと時間をかけて

訓練してあげれば、喉は着実に育っていきます。

本気で声を変えたい方、お待ちしております。

今回も最後までご覧いただいてありがとうございました。

 

参考文献:

無料カウンセリング:最速でミックスボイスを手に入れる全手法

繋声~mastering mixedvoice~では、Skypeでの無料カウンセリングをご用意しました。

”あなただけのための”カスタマイズされた濃密なノウハウ

をすべて無料にてご提供しています。

発声のお悩みをじっくりとヒアリング

あなたの発声の状態を詳しく診断

あなたの発声の状態に最も効果のあるエクササイズを「すべて」提供

ミックスボイスを習得するために必要なこと・やってはいけないことをわかりやすく伝授

「スクールの説明だけで、何にも有益な情報を得られなかった!」

こんな経験をされた方は是非、繋声~mastering mixedvoice~の無料カウンセリング

に参加してみてください。

理論に基づいたあなた専用のトレーニングに、きっと感動していただけるはずです。


無料で悩みを相談してみる



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

【無料】ボイトレ無料カウンセリング
あなたに合ったトレーニングを。
無料カウンセリング
カスタマイズ型ボイトレ。