ミックスボイスで低音域が出ない!|プロが解決法教えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!ボイストレーナーのかねこ(金子太登)です。

 

「高い声は力強く張った声で出せるんだけど、低音域が弱々しくなる。。」

「低音域のミックスボイスで声量が出ない。。」

「そもそも低音域のミックスボイスなんて存在するの?」

 

このように過去の僕のように悩んでいる方は沢山いると思います。

 

そこで今回の講義では、低音域のミックスボイスを劇的に安定させるための考え方を解説します。

ただし、「胸に響かせよう!」「鼻に響かせよう!」といった

小手先のテクニックではなくて、着実に、そして確実にミックスボイスを習得するための本質的な方法をお伝えします。

 

他のボイストレーナーが絶対に教えてくれない貴重な情報をお届けしますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

 

※ボイストレーナー金子の歌声です。当記事を参考にするかどうかの判断基準としてください

【ミックスボイスでの歌唱例】

(音源の最高音は、A4(hiA、高いラの音)です。

1. 低音域のミックスボイスを克服するための”仕組み”とは?

低音域のミックスボイスを力強く発声するには、地声から裏声まで「自動的に」繋がる仕組みを作る必要があります。

 

なぜなら、一度頑張って地声と裏声が自動的に繋がる仕組みを作ってしまえば、あとはあなたが何も考えないで普通に歌えば低音から高音まで楽に自由に歌えるようになるからです。

 

これだけだと意味不明ですよね笑

丁寧に解説しますので、下記の図をご覧ください。

 

【図:仕組みによって地声と裏声が繋がった状態】

 

 

【参考音源:地声と裏声が繋がった状態】

 

これだけ聞くと、頭がおかしくなった僕の変な声ですが、これは特に何も意識しなくても地声と裏声が繋がった状態です。

_

このように正しいボイストレーニングで、低音域の地声から高音域の裏声まで自動的に繋がる仕組みを作っておけば、

低音域は完全に地声で発声して歌っていても、何も考えずに高音までスムーズに昇っていけるわけですね。

 

つまり、低音域は完全な地声で発声できるのですから、低音域で声が弱々しくなるわけがないのです。

この辺りをもう少し、深掘りします。

 

1−1.低音域でも力強い声が手に入る

一度低音から高音まで自動で繋がる仕組みを作ってしまえば、低音域から力強い声で歌えます。

理由は単純で、低音から高音まで声の切り替えを行う必要が一切なくなるからです。

 

今あなたが話している地声で普通に歌い始めれば、高音にいくときは作っておいた仕組みが勝手に高音にいけるように裏声の成分を増やしてくれます。

 

だからこそ「低音域もミックスボイスで発声しなきゃ。。」などと考える必要がなくなるのです。

 

仕組みを作ってしまえば、これからは低音域は普通に地声で発声して大丈夫です。

 

もちろん、高音から低音に戻ってくるときも声のパワーが抜けることはありません。

同じく勝手に仕組みが地声の成分を増やしてくれるからです。

 

1−2.低音域でも声量がでる

仕組みを作れば、低音域でも声量を出すことができます。

 

理由は一緒で、低音域でどんなにフルパワーで歌ったとしても、ガッチリと仕組みを作っておくことで、

裏声が必要最小限、勝手に入ってきますから、ただの張り上げになることがないのです。

 

また、仕組み作りを究極まで極めると、下記の音声のようにがっつり張り上げて高音を発声できるようにもなります。

 

【参考音源:地声の延長のような高音発声】

 

もちろん、僕は何も考えずに張り上げっぽく発声しているだけなのですが、勝手に喉の仕組みが必要最小限の裏声の筋肉を働かせてくれるので、

喉を痛めることもなければ、喉が苦しいといったこともありません。

2.ゼロからミックスボイスの仕組みを作る3つのステップ

ここからは、ゼロからミックスボイスの仕組みを作る3つのステップを徹底解説します。

この順番通りに、きっちりトレーニングをしていくことで、喉そのものを根本から自由にすることができるので、ミックスボイスの仕組みは余裕で完成させることができます。

STEP① パーツを分ける(Separate)

まずは発声に必要なパーツを分けましょう。

 

(例:地声と裏声を「完全に」分けて発声できるようにする)

 

過去の僕もそうなのですが、ミックスボイスを練習する前の段階で、調整したいパーツがごちゃごちゃに絡まってしまっている方がほとんどです。

 

その状態を”混合”といったりしますが、その状態でミックスボイスを目指しても、綺麗なミックスボイスは完成しません。

 

・声がキンキンして細くなる

・声量が出ない

・裏声っぽい

 

などの悩みを抱えてしまう方が多いのは、いきなり「パーツの分離」をすっ飛ばして、いきなりミックスボイスの練習をしてしまうからです。

 

ですから、一見遠回りに見えるパーツの分離をしっかりと行なっていきましょう。^^

 

STEP② パーツを強化する(Build up)

次に、分けたパーツを強化しましょう。

 

例:STEP①で分けた地声と裏声を鍛える

 

STEP①でパーツを整理しただけでは、歌で使えるような状態まで持っていくことができません。

そこで、整理整頓したパーツを鍛えてあげる必要があるわけですね。

 

STEP③ パーツを調整する (Mixedvoice)

STEP②で強化したパーツを最終調整します。

 

例:STEP②で強化した地声と裏声をミックスさせる(ミックスボイス)

 

最終的に、ミックスボイスをはじめとする様々な技術に対応できる喉を調整していきます。

 

このように、3つの手順を踏んでいくことで、着実にミックスボイスを習得することができます。

 

具体的なトレーニング方法まで解説するとあまりに長くなってしまうので下記の記事で解説しています。

ぜひご覧くださいね。

 icon-angle-double-right [保存版]ミックスボイスを出す練習方法や仕組みを超解説

必見:本気でミックスボイスの習得を目指すあなたへ

本気でミックスボイスの習得を目指すあなたのための無料メール講座「SBMでミックスボイスを習得する方法」

を開講しております。

 

ご参加いただいた方には、期間限定特典として有料級ボイストレーニング動画教材「SBM Regular」を”無料で”プレゼント

させていただきます。

 

綺麗なミックスボイスを身に付けたい

・長時間歌っても枯れない声が欲しい

パワフルな歌声を手に入れたい

 

1つでも当てはまるあなたは、ぜひお気軽に無料メール講座にご参加いただければと思います^^

 

 icon-angle-double-right 無料メール講座「SBMでミックスボイスを習得する方法」

 

最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

ボイトレ教材「SBM Regular」を無料プレゼント。

ミックスボイスを習得するためのボイトレの教科書「SBM Regular」を期間限定で無料でプレゼントしています。

 

・高い声を楽に出せる

・好きな曲を自由に歌えるようになる

・声枯れすることがなくなる

 

こんな理想の発声を手に入れるためのノウハウを詰め込みました。

 

「SBM Regular」は無料メール講座にご参加いただいた特典として、「期間限定」で無料で提供しています。

自由な発声を目指したい方は、ぜひお気軽にご参加くださいね。

 


無料メール講座に参加してみる



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 0 件のコメントが寄せられています。
無料で有料級ボイトレ教材をプレゼント。
理想の発声を。
ボイトレ教材プレゼント。
楽な高音発声をあなたに。