ミックスボイスで低音域がつらいあなたがやるべき練習法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(※この記事は2018年10月30日に更新されています。)

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

先日お問い合わせフォームより「ミックスボイスで低音域をだすのがつらいです、出しにくいです!」

というご質問をいただきました。

 

そこで今回は、ミックスボイスで低音域を出すのがつらいあなたがやるべき練習法

というテーマでお話していきます。

「低音域のミックスボイスってどうだすの?

低音域をミックスボイスで出そうとすると弱弱しくなる、、

解決を教えろ」

こんなあなたの疑問に答えます。

 

1.ミックスボイスで低音域を発声する→ミックスについてもう一度考えよう

 

ミックスボイスとはどんなものなのかをもう一度丁寧に考えることで

今回の疑問を解消することができます。

 

1-1ミックスボイスの定義

ミックスボイスとは低音域から高音域まで自由に歌うことのできる

発声の状態を指しています。

 

つまり、ミックスボイスという声が単独で存在するわけではないのです。

ということは、すべての音域がミックスボイスの一部というわけなので

低音域の地声と言われている声もミックスボイスですし

高音部の裏声またはヘッドボイスと言われている声もミックスボイスです。

 

ということで、結論。

低音域をきちんと発声できないということは、それはミックスボイスではないということです。

 

2.「ミックスボイスで低音域をだせない」と嘆く人の発声

 

「ミックスボイスで低音域をだせない!」と嘆く人の発声の状態

のあるあるについてお話していきます。

 

2-1低音域での地声発声で息漏れがある&弱弱しい

低音域での地声発声において、息漏れを感じたり

地声発声が弱弱しく感じるという特徴があります。

 

声帯の内筋(地声の要素のメイン)の働きが弱いことが多いので

地声系のエクササイズを適切に組んでやると改善されます。

 

 

3.低音域の問題をクリアするための練習法

低音域の問題をクリアするための練習法についてお話していきます。

3-1地声を鍛える

地声系の筋肉群を鍛えましょう。

地声系の筋肉群をしっかりと鍛えることで、しっかりと声帯を閉じる力をつけることができるので

低音域での息漏れやスカスカ感はかなり軽減されるでしょう。

 

地声の筋肉群の鍛え方や注意点は過去記事にしておりまして、

ミックスボイスの低音問題を改善するための地声訓練法

からよければどうぞ。

 

3-2低音域の裏声を鍛える

低音域の裏声は超重要事項です。絶対に鍛えておきましょう。

なぜなら、低音域の裏声を単体でしっかりとだせるようになることで

低音域の早い段階から地声と裏声をしっかりと混ぜることができるようになるからです。

 

この辺のことも過去記事にまとめてありますので

興味があるあなたはぜひご覧になってみてください。

ミックスボイスの低音問題を改善するための低音域の裏声発声とは

 

 

4.まとめ

この記事のポイントをまとめます。

 

・ミックスボイスで低音域をだしにくいというあなたは、ミックスボイス自体の認識を誤っていてミックスボイスを習得できていないということ

・低音域の諸問題を解決するためにはそれぞれにあったトレーニングを適切に行う必要がある

 

今回は以上となります。

最後までご覧いただいて、本当にありがとうございました。

無料カウンセリング:最速でミックスボイスを手に入れる全手法

繋声~mastering mixedvoice~では、Skypeでの無料カウンセリングをご用意しました。

”あなただけのための”カスタマイズされた濃密なノウハウ

をすべて無料にてご提供しています。

発声のお悩みをじっくりとヒアリング

あなたの発声の状態を詳しく診断

あなたの発声の状態に最も効果のあるエクササイズを「すべて」提供

ミックスボイスを習得するために必要なこと・やってはいけないことをわかりやすく伝授

「スクールの説明だけで、何にも有益な情報を得られなかった!」

こんな経験をされた方は是非、繋声~mastering mixedvoice~の無料カウンセリング

に参加してみてください。

理論に基づいたあなた専用のトレーニングに、きっと感動していただけるはずです。


無料で悩みを相談してみる



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

【無料】ボイトレ無料カウンセリング
あなたに合ったトレーニングを。
無料カウンセリング
カスタマイズ型ボイトレ。