次回からは「自由な喉」とご検索ください。

声区融合を達成するためのトレーニング法。【参考音源付き】

こんにちは、ボイストレーナーのたいとです。

 

「地声と裏声は繋がるけど、歌に使えるミックスボイスにならない!」

 

このように悩んでいる方は多いと思います。

 

そこで、今回は声区融合を達成して、実際に歌で使えるミックスボイスを習得するためのトレーニング法を解説します。

 

ぜひ、最後までご覧くださいね。

 

※ボイストレーナー金子の歌声です。当記事を参考にするかどうかの判断基準としてください

【ミックスボイスでの歌唱例】

(音源の最高音は、A4(hiA、高いラの音)です。

 

動画で解説

動画では、記事よりもシンプルにミックスボイスの習得法について解説しています。

記事と併せてご覧くださいね^^

1. 声区融合は”仕組み”

声区融合のトレーニングに入る前に、声区融合の仕組みについてお話します。

声区融合は、簡単に言えば低音域の地声から高音域の裏声を繋ぐ発声のことです。

 

つまり、声区融合を達成するためには、地声から裏声まで自動的に繋がる「仕組み」を作ることが大切だということです。

 

【図解:声区融合の仕組み】

 

【参考音源:地声から裏声まで繋がる仕組み】

 

※この声だけ聞くと、頭がおかしい人間ですがきちんと繋がっているのが分かると思いますw

 

一度低音から高音までを繋がる仕組みを作ってしまえば、後は作った喉の仕組みに任せて歌うことができるので、歌うことに集中できるようになります。

ここからは、具体的に声区融合を達成するための3つのステップを解説していきます。

2.声区融合を達成する3つのステップ

声区融合を着実に達成していくための3つのステップをご紹介します。

ぜひご覧ください。

STEP① Separate(パーツの分離)

発声のパーツを分離しましょう。

なぜなら、多くの方は発声のパーツが”混合した状態”にあるからです。

 

例えば、

 

・息が漏れたような純粋な裏声を発声しようと思っても、地声が混ざって強い声になってしまう。。

・逆にパワフルな地声を発声しようと思っても、裏声が混ざって弱々しくなってしまう。。

 

このように、”意図した声”とは違う声が出てしまうことを混合と言うのですね。

手を広げて、小指だけを曲げたいのに全部の指を曲げてしまう。。そんなイメージですw

 

STEP② Build up(パーツの強化・確立)

発声のパーツを鍛えて確立していきましょう。

2つ目のステップでは、STEP①で整理整頓して分離したパーツを強化・確立させていきましょう。

 

例え、分離できたとしても、まだミックスボイスを習得する段階までパーツが育っていない可能性が高いので、

しっかりと融合できるような状態まで育ててあげます。

 

STEP③ Mixedvoice(パーツの調整)

発声のパーツを最終調整しましょう。

3つ目のステップでは、整理整頓してきたパーツを最終調整します。

ここでようやく、ミックスボイスの練習などが本当の意味で効果を発揮してきます。

 

また、具体的なトレーニング方法などは、下記の記事で解説しているのでぜひご覧くださいね。

 icon-angle-double-right [保存版]ミックスボイスを出す練習方法や仕組みを超解説

必見:ミックスボイスの習得を目指すあなたへ

読者様600人を記念して、無料動画講座をさらにパワーアップさせました。

 

✅低音から高音まで繋がるミックスボイス

✅パワフルな声量のある声

✅声嗄れしない声

✅キレのあるビブラート

 

これらの技術を身につけ、圧倒的な歌唱力を身につけるための全12本の動画を無料公開しています。

興味のある方は下記から参加してみてくださいね。

 icon-angle-double-right 喉を自由にして圧倒的な歌唱力を手に入れよう

最新情報をチェックしよう!
>
CTR IMG
動画講座プレゼント
ミックスボイスを習得しよう。
動画講座プレゼント
ミックスボイスを習得しよう。