裏声エッジがミックスボイスでない本当の理由を特別に公開。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ボイストレーナーの金子太登です。

 

「裏声+エッジボイス =ミックスボイスって本当なの?」

「裏声に閉鎖を加えると、裏声エッジになってミックスボイスにならない。。」

 

このように悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

 

そこで、今回は

 

裏声にエッジボイス を足してもミックスにならない理由

本当の意味でのミックスボイスを構築する方法

 

この2点を徹底解説していきます。

ぜひ最後までご覧くださいね。^^

【参考歌唱音声:Pretender】

※ミックスボイスで歌った音源です。

1.裏声エッジがミックスボイスにならない理由

なぜ、裏声にエッジボイス を加えてもミックスボイスにならないのか。。

その理由は単純で、ミックスボイスの地声の要素は、エッジボイス の地声の要素とは違うからです。

 

筋肉の名前などを出すと小難しくなるので、ここでは控えますが、簡単に言えば、

 

STEP① 普通に「アー」と地声で発声してみてください。

 

STEP② エッジボイス で「ア゛ア゛ア゛ア゛  」と発声してみてください。

 

どうですか?

 

①は当たり前ですが「地声!」といった感じの声が出ますが、

エッジボイス の方は、自然の地声のような声っていうよりも、バリバリしただけでいわゆる地声っぽくはないですよね。

 

これはそもそも、①と②ではメインで働く筋肉が違うからなんですね。

 

ですので、地声感を足したいから、裏声にエッジボイス を足そう!と思うんじゃなくて、

むしろ使うべきは、①の普段普通にあなたが話しているような「普通の地声」です。

 

普通の地声+裏声の要素=ミックスボイス。

 

こう考えていただけると分かりやすいと思います。

 

僕も死ぬほど裏声にエッジボイス を混ぜようとして、キンキンした最悪なミックスもどきになった経験があるので、注意してくださいね笑

2.エッジボイスではなく地声を意識しよう

先ほどお話ししたように、エッジボイスではいわゆる地声らしさを作ることができないんですね。

だからこそ、ミックスボイスを習得するときは、エッジボイス ではなく地声を出す意識が必要です。

とはいえ、普通に地声を出していたのではただの張り上げになるんで、ミックスボイスにアプローチしやすいトレーニング方法をお伝えしますね。

 

2−1.小声で地声

小声で地声を出してみましょう。

小さい声で「アー」と発声してみてください。

 

【参考音源:小声で地声】

 

効果を上げるためのポイントがいくつかありますので、ご紹介しておきますね。

POINT① C4〜E4(真ん中のド〜ミ)でトレーニングする

C4〜E4でトレーニングしましょう。

真ん中のドレミですね。

この音は、いわゆる換声点といって声がひっくり返りやすいポイントです。

裏声と地声の両方を発声できる音域だからこそ、バランストレーニングとしては最適です。

難しいと思いますが、挑戦していきましょう!

 

POINT② 息漏れさせない

息漏れさせないように注意しましょう。

昔の僕もそうだったのですが、小さな声で地声を出すと、どうしても息が漏れてしまうことが多いです。

残念ながら、息を漏らすとミックスボイスの習得は難しくなるので、しっかりと息を止めた状態を意識してくださいね。

3.ミックスボイスを構築するための3つのステップ

第2章でお話しした小声での地声発声でも人によってはすぐにでも発声が改善することはあります。

しかし、残念ですが、全員が全員コツでうまくいくわけではないんですね。

ですので、ここでは正攻法で1からミックスボイスを構築していく3つのステップを解説します。

STEP① パーツの分離

まず最初に発声パーツを独立して動かせるようにしましょう。

いつも言っているイメージとしては、開いた手のひらの指を一本一本曲げていくイメージですね。

 

例えば、

 

小指を曲げようと思ったら小指「だけ」を曲げる

薬指を曲げようと思ったら、薬指「だけ」を曲げる

 

こんな感じ。

 

じゃあなんで発声のパーツを分離する必要があるのか。

 

それは、ほとんどの方がパーツがゴチャゴチャに絡まっている「声の混合」状態にあるからです。

 

地声を出そうと思っても、裏声が混じってしまう

裏声を出そうと思っても、地声が混じってしまう

 

こんな風に、本当に出したい声を出せない状態にあることが意外に多いんですよ。

 

【図解:声の混合】

だからこそ、ミックスを目指す前に、パーツを整理整頓していきましょう!

 

STEP② パーツの強化

分離したパーツを強化していきましょう。

パーツを分離したままでは、実戦に使えるほど鍛えられていないことがあります。

 

例えば、地声と裏声を綺麗に分けたとしても、

普段地声で話す男は地声が強くて裏声が弱い傾向にありますから、そのままではうまくミックスさせられないのです。

 

【図解:地声と裏声のバランスのイメージ】

逆も然りで、女性なら地声が弱いことも結構多いんですね。

このように、バランスが整わないまま、ミックスボイスの練習に突入しても上手くいかないことが多いので注意してくださいね。

 

STEP③ パーツの調整

最後にパーツの調整をしましょう。

調整の中で、やっぱり一番大きいのはミックスボイスのトレーニングですね。

分離して強化してきたパーツを調整することで、いきなりミックスボイスの訓練をするよりも相当にミックスしやすい状態になっていますよ。^^

 

このように、型にカチカチと当てはめてトレーニングをしてみてください。結果は出てきますよ^^

 

また、この3ステップの具体的なトレーニング方法は、書ききれないので下記の記事に解説音声付きで解説しています。

ぜひご覧くださいね^^

 icon-angle-double-right [保存版]ミックスボイスを出す練習方法や仕組みを超解説

今回は以上となります。お疲れ様でした。^^

圧倒的な歌唱力を手に入れる方法

無料オンライン講座読者様600人突破記念として、

喉を自由にし、圧倒的な歌唱力を手に入れるボイトレの教科書「SBM Regular」を無料でプレゼントしています。

 

力強い高音発声の習得方法

美しいミックスボイスの習得方法

声量のあるパワフルな声の構築方法

美しいビブラートのかけ方

何曲歌っても声が枯れない方法論

 

このような理想の発声を手に入れるためのノウハウを12本の動画講座に詰め込みました。

 

自由な発声を目指したい方は、ぜひお気軽に無料講座を読んでみてくださいね。


無料で教科書を読んでみる



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 0 件のコメントが寄せられています。
動画講座プレゼント
圧倒的な歌唱力を手に入れよう。
動画講座プレゼント
圧倒的な歌唱力を手に入れよう