裏声ベースのミックスボイスを習得する方法【解説音声付き】

こんにちは、ボイストレーナーの金子太登です。

 

今回は裏声ベースのミックスボイスを習得する方法を徹底解説します。

 

「裏声ベースのミックスボイスって何?」

「裏声ベースのミックスボイスを習得するにはどうすれば??」

 

こんな疑問を完全に解決していきますので、最後までご覧ください。

【参考歌唱音声:Pretender】

※ミックスボイスで歌った歌唱例です。

裏声ベースのミックスボイスとは?

裏声ベースのミックスボイスとはいうものの、どんな声?と思うかもしれません。

結論から言ってしまうと、裏声ベースのミックスボイスは、シンプルに裏声に近い普通のミックスボイスのことです。

 

と言っても意味が分からないですよね汗

 

ですから最初に一緒に音源を聞いてしまいましょう。

 

【参考音源:裏声ベースのミックスボイス】

 

 

聞いていただければ分かる通り、地声感は薄くて裏声に近い繊細なミックスボイスです。

 

ただ、ここで注意なのが

 

裏声ベースというと、

 

裏声を地声のように聞かせた声

裏声を加工した声

 

のようなイメージが強いと思いますが、全く違います。

 

 

先ほどもお話しましたが、

単純に、裏声に近い普通のミックスボイスが裏声ベースのミックスボイスと呼ばれているだけなのです。

 

特別な発声方法でもなんでもないです。

 

 

ですから本来は、

 

裏声ベースのミックスボイス

地声ベースのミックスボイス

 

と細かく分けるのではなくて、普通にミックスボイスを習得する事ができれば、

 

あとはそれを

裏声っぽく発声するか

地声っぽく発声するか

 

という調整ができるようになるので、「これが裏声ベースだ!」「これが地声ベースだ!」とスイッチを切り替えるようなことはしなくてよくなります。

 

地声に近いミックスボイスから裏声に近いミックスボイスまでグラデーションをかけながら自由に行ったりきたりする事ができるようになりますからね。

 

【参考音源:裏声から地声まで調整できる】

 

 

小声で地声がおすすめ

ただ、今回はあくまでも裏声に近いミックスボイスをピンポイントで習得するための方法をご紹介したいと思って記事を書きました。

ですから、ここでは裏声に近いミックスボイスをピンポイントで習得するための方法をお伝えします。

 

STEP①  小声で地声を出してみる

出しやすい音域でOKですので、まずは小さな声で地声を出していきましょう。

 

【参考音源:小声で地声】

 

STEP②  声を高くしていく

小声で地声を出せたら、徐々に声を高くしていきましょう。

基本的には無理のない範囲で限界まで上げていけばOKですが、基準としてはE4(真ん中のミ)まで発声できればかなりいい感じですね。

 

【参考音源:声を高くしていく】

 

 

STEP③ 歌で使っていく

STEP②で軽い地声を出せるようになったら、歌で使っていきましょう。

 

【参考音源:小声の地声で歌う】

 

 

 

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

・地声のまま高音を発声できるベルティングボイス

・裏声体感で楽に発声できるミックスの習得方法

・自動でかかり続けるビブラートの習得方法

・力を入れずに、楽に爆発的な声量を出す方法

 

などを、動画講座として公式ラインで配信しています。

 

もちろん無料で友達追加できるので、よかったら覗いて見てくださいね。
下記から公式ラインの詳細をご覧いただけます。

公式LINE

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください