ミックスボイスは裏声なの??|裏声っぽいミックスを強化!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

今回は、ミックスボイスは裏声なのか、また裏声っぽいミックスボイスまで発声できている人は

どのようにしたらある程度強いミックスボイスになっていくのかをご紹介していきたいと

思います。

このテーマについては、問い合わせフォームからもよくご質問をいただくので記事にしてみました。

1.ミックスボイスは”裏声”ではない

 

ミックスボイスはあなたが想像するいわゆるスカスカの裏声では

ありません。

また裏声をキンキンさせて固めたものでもありません。

裏声から地声までをスムーズに行き来することができ、

低音から高音までを無理なく歌うことできる状態をミックスボイスと定義しています。

これだけだとわけがわからないと思うので、

今回は、ミックスボイスがどういったものかが分かるように音声をご用意しましたので

是非お聴きください。

 

聴いていただいた通り、僕のブログではおなじみのC4D4E4で発声を行っています。

なぜこの音域が重要なのかというと、純粋な地声の発声を保てる限界音であり

裏声の筋肉も働かせることができる音域だからです。

つまり、簡単に言えば地声でも裏声でも発声できる音域なので

地声系の筋肉群と裏声系の筋肉群がちょうど半分半分くらいの割合で

働くということです。

僕は低音から高音まですべての音をミックスボイスの中の一部と思っていますが

みなさんが想像するいわゆるミックスボイスの状態になっている音域はこの一帯にあります。

それ以上やそれ以下の音域ではどちらかの筋肉が優勢になって働いているということですね。

話がそれましたが、音声では地声から裏声に移行していく様子を聴いていただきました。

最初が地声100%で徐々に裏声の割合が増え、地声50%裏声50%の箇所が

純粋なミックスボイス 最後が裏声100%といった感じです。

こうして聞いてみるとミックスボイスは”裏声”ではないこと・裏声を

キンキンさせた声でないこともお分かりいただけたと思います。

2.裏声っぽいミックスボイスを強くしていく方法

裏声っぽいミックスボイスを強くしていく方法をご紹介していきたいと思います。

アプローチの仕方や練習の仕方によっては、裏声に近いミックスボイス

が先に出来上がってしまう(厳密にはミックスではない)場合があるようなので

これについてもお話させていただきます。

裏声っぽいミックスになっている時点で多くの場合声の混合といって

声の不自由な状態に陥っている場合がほとんどなので1からトレーニングするのがベスト

ではあります。1からミックスボイスを作り上げたいあなたは僕の記事の高い声の出し方|ミックスボイスまでのプロセスをご覧くださいね。

ですが、今回は裏声よりのミックスを強いものにしていくというテーマに絞ったトレーニングを

ご紹介していきたいと思います。

2-1メッサ・ディ・ボーチェ

メッサ・ディ・ボーチェというトレーニングをご紹介していきたいと思います。

といってもこのメッサ・ディ・ボーチェ。僕がこのサイトでご紹介している融合のトレーニングなんです。

 

【メッサ・ディ・ボーチェ】

①「ウ」の母音で漂うような弱弱しい裏声を発声します。

②裏返ることなく「ア」の母音の地声に移行していきます。

③最大限地声「ア」で膨らましきったらまた「ウ」の母音の裏声に裏返ることなく移行していきます(元に戻します)

 

 

説明はしましたが、このトレーニンメチャクチャ難しいです(笑)

最初はひっくり返ったり、喉がしまったりすることが多々あると思いますが

根気強く行ってみてください。

どうにも無理そうな場合は、やはり基礎が抜けているので僕の記事高い声の出し方|ミックスボイスまでのプロセス をご覧になって1からトレーニングを

積んでみましょう!遠回りなようで、絶対近道ですよ!

 

3.地声系の筋肉群を目覚めさせよう

地声系の筋肉群を目覚めさせましょう!

「ア」の口の形で「エ」で発声します。

力強く地声を発声するので、商店街のおじさんの「いらっしゃいいらっしゃい」みたいな

ニュアンスの汚い声でOKです(笑)

その声で、男性ならE4あたりまで 女性ならA4あたりまでの

無理のない音域で発声練習をします。

間違ってもミックスのようなきれいな声をだしてはいけませんよ!

裏声系の筋肉も働いているということは、地声系の筋肉に

負荷をかけることが難しくなるということなので注意が必要です。

他の記事でも口を酸っぱくして言っていますが、声を録音して

客観的に自分の声を聴いて声の状態をきちんと確認しましょう。

 

4.まとめ

 

今回はミックスボイスが裏声ではないこと・裏声のようなミックスボイスを

強くしていくトレーニング方法についてお話してきました。

今回ご紹介したトレーニングを適当にやっていれば

声が強くなるといった単純なものではありませんからそこは注意してくださいね。

正しいやり方を守り、きちんと長期間トレーニングすることによって

ようやく少し成果がでてきたかなというのが本当の意味でのボイストレーニングです。

ボイストレーニング=喉の声帯周りの筋トレ・調整です。

なので当然時間がかかるわけなんですね。

今日腹筋初めて明日シックスパックになっているということは

ないですからね(笑)ちなみに僕は横に腹が割れています。デブですw

最後は話がそれましたねw

スカイプでの無料カウンセリングを行っているので、

興味がある方は是非参加してみてくださいね。きっとあなたのボイトレに対する考え方

が180度変わることと思います。

今回も最後まで御覧くださってありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

無料カウンセリング:最速でミックスボイスを手に入れる全手法

繋声~mastering mixedvoice~では、Skypeでの無料カウンセリングをご用意しました。

”あなただけのための”カスタマイズされた濃密なノウハウ

をすべて無料にてご提供しています。

発声のお悩みをじっくりとヒアリング

あなたの発声の状態を詳しく診断

あなたの発声の状態に最も効果のあるエクササイズを「すべて」提供

ミックスボイスを習得するために必要なこと・やってはいけないことをわかりやすく伝授

「スクールの説明だけで、何にも有益な情報を得られなかった!」

こんな経験をされた方は是非、繋声~mastering mixedvoice~の無料カウンセリング

に参加してみてください。

理論に基づいたあなた専用のトレーニングに、きっと感動していただけるはずです。


無料で悩みを相談してみる



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

【無料】ボイトレ無料カウンセリング
あなたに合ったトレーニングを。
無料カウンセリング
カスタマイズ型ボイトレ。
【無料】ボイトレ無料カウンセリング
あなたに合ったトレーニングを。
無料カウンセリング
カスタマイズ型ボイトレ。