これが音域を広げるための3STEPです。

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

今回は、音域を広げる方法という何とも抽象的で曖昧なテーマで

お話していきたいと思います。(笑)

発声できる音域が広がれば広がるほど

歌える曲のレパートリーが増えますし

歌を歌うことに余裕ができます。

※ボイストレーナーの金子の歌声です。当記事を参考にするかどうかの判断基準としてください

(音源の最高音は、A4(hiA、高いラの音)です。

 

1.STEP①  Separate 

Separateは、地声と裏声を分離することと、それ以外の発声の個々のパーツ(声帯・軟口蓋・喉頭蓋・仮声帯・舌など)を分離することです。

 

ほとんどの人は、例えば地声と裏声のが不適切に混ざっていたり、個々のパーツを動かしたくないのに、

一緒に動かしてしまうことで、発声に悪影響を及ぼす状況にあります。

 

ですから、最初の段階で全ての組織を分離して独立して動かせるようにしていくことが大切なんですね。

このステップを飛ばして、ミックスボイスの練習だけを実践しても声が悪化する恐れもありますので、注意してくださいね。

 

 

2.STEP② Build up

Build upは、STEP①で分離したパーツの中で、鍛えられるものをしっかりと育てていく段階です。

その中でも、地声と裏声の筋肉をバランスよく鍛えていくことは、ミックスボイスの習得に必須の作業になります。

ほとんどの人は、地声と裏声の筋肉の発達のバランスが著しく崩れています。

 

例えば、男性であれば、普段地声で話すことはあっても、裏声で話すことは少ないでしょう。

それがそのまま筋肉の発達にも影響していることが多いということですね。

 

しっかりとバランスを見ながら喉を育てていくことを怠らないようにしましょう。

 

3.STEP③ Mixed Voice

いよいよ、最後のステップは地声と裏声をミックスさせていく段階です。

 

基本的には、STEP①やSTEP②などの土台がきちんと固まっていれば、正しいミックスボイスのトレーニングをすることで、地声と裏声は連結されていきます。

 

しかし、もちろん裏声+エッジボイス =ミックスボイスなどという「都市伝説」を信じて練習していれば

上手くいくものも上手くいかなくなります。

 

効果のあるミックスボイスのツールを実践するようにしましょう。

公式LINEに追加して歌唱力アップしよう

地声で高音をパワフルに発声できる「ベルティングボイス」の習得法

裏声体感で楽に高音を発声できる「ミックスボイス」の習得法

自動でかかり続けるビブラートの習得法

楽に爆発的な声量を出す方法

などを動画講座として公式LINEで配信しています。


無料で友達追加できるのでよかったら覗いてみてくださいね。

自由な喉ボイストレーニング 公式LINE


それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください