聴こえている声と体感は分けて考えて!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ボイストレーナーの金子です。

 

先日、「メンバーからは声出ているからいいだろと言われているが、実際には数曲歌うだけでメチャクチャキツくなり、

どうにもならない。。」

 

とお悩みの方が僕のレッスンを初めて受けてくださいました。

 

僕の過去と重なったことも多いので、今回は体感と実際に聴こえてくる声についてお話します。

 

(※このお話の前提:すでにボイトレを初めて3年半経っていて、そこそこ効果は感じていましたし(自分比)

「うまい」とはいえなくとも、まあ、、友達に披露してもいいかな!くらいに勝手に思っていた頃のお話です。)

 

 

 

僕が高校生の頃に一度だけ興味本位で行った街のスクールにて。

 

 

そのトレーナーさんは、人間的にめちゃくちゃいい方だったのですが、僕の声を聴いて「リラックスしながら発声できてるよ〜」

と仰ったのですね。

 

 

しかし、僕的には「んんん?!普通に結構苦しいんですが!? なぜ? なぜ、この苦しみを分かってくれないの?!」

 

と思っていたのが正直なところですw

 

(そのトレーナーさん人間的に大好きで、歌も「今の」僕の1万倍上手かったので、尊敬はしましたが!笑)

 

 

ということで、今回はその当時の音声を掘ってきましたので、ぜひお聴きください!

※エコーきかせすぎで聴きにくいです!

 

【参考にならない音源:高校生の頃の金子の声】

 

 

 

ピッチ感がリアルに悪く、サビはところどころ張り上げ気味になっていますので、ないとは思いますが、

決して参考にしないでください。

 

そして低音域はなぜか喉頭の位置が深いですw 

 

ダンディな声を気取っていたのでしょうか。笑

 

 

 

 

しかし!

 

 

自分で言うのもなんですが、”すごい苦しそう”には聴こえなかったのではないでしょうか。

 

でも歌っている本人はわりと苦しかったのです。

 

 

何が言いたいかと言うと、

 

 

そこそこ歌える状態にあっても(僕の場合はそこそこも歌えてないですが)

喉が不自由なことは普通にあるということです。

 

 

もし、この記事をご覧になっている方の中に、「周りには褒められるけれど、自分としては納得いっていない」

という感覚がある方がいらっしゃったら、別にそれは普通のことなので、

 

ぜひボイストレーニングを始めてみてくださいね!

 

 

自分でも納得して出せる声のパターンが少しづつ増えていくと思います^^

 

僕もまだまだ全然ダメなので、頑張って歌を上手に歌えるようになろうと努力していますので、

あなたも一緒に頑張りましょう!

 

 

最後までご覧いただいてありがとうございました。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

 0 件のコメントが寄せられています。
無料で有料級ボイトレ教材をプレゼント。
理想の発声を。
ボイトレ教材プレゼント。
ミックスボイスを習得しよう。