次回からは「自由な喉」とご検索ください。

西島隆弘(Nissy)さんの発声・歌い方をボイストレーナーが超解説!

こんにちは、ボイストレーナーの金子たいとです。

今回は、リクエストいただいていたNissyさんの発声・歌い方分析を徹底して解説していきます。

 

まずどこよりも具体的で今日から実践できる内容にしたつもりですので、実践してもらえれば今日からでも一歩でも二歩でもNissyさんの声に近づけると思います。

 

音を2つでとることで一気に垢抜けた歌声に。

まずNissyさんの歌い方の最大の特徴として、”音を2つで捉える”というものがあります。

正直、この音の捉え方をマスターするだけでも、一気に歌に立体感や躍動感が出て、歌声がグッと垢抜けます。

 

では、違いを分かりやすく極端に実践してみます。

 

【参考音源①:音を普通に(一つで)とる】

 

 

【参考音源②:音を2つでとる】

 

聴いてもらえれば分かると思いますが、

なんとなく、①はのっぺりとして聞こえますよね。なんか平坦というか。

 

それに比べて、②は躍動感があって一気に垢抜けた歌い方に聴こえませんか?

 

これが、音を1つでとっているか、2つで捉えているかの違いです。

もちろん、Nissyさんは、参考音源②の音を二つで捉えるピッチ(音程)の取り方をしています。

洋楽のアーティストさんなんかが使うテクニックをポップスに取り入れて応用しているイメージなので、お洒落で垢抜けますよね。

音を2つでとるトレーニング

とはいえ、「じゃあどうしたら音を2つでとれんのよ?」という話ですね。

そこで、ここでは音を2つでとるトレーニングを解説します^^

基本的に、音を2つでとる場合、下の2パターンを覚えておけばOKです。

 

【パターン1:音を2つでとる練習(上から下)】

 

音源1は、音を 「上→下」の順でとっています。

最初はゆっくりやってみて、徐々に早くしていけばOKです。

 

 

【パータン2:音を2つでとる練習(下から上)】

 

音源2は、音を「下 → 上」の順でとっています。

 

 

基本的には、この二つの組み合わせだけ身体に覚え込ませておけばOKです。

暇な時間を見つけてひたすらに反復練習しましょう。^^

実際の曲で音を2つでとってみよう

基本的な2つのパターンを覚えたら、さっそく実際の曲で使い込んで、馴染ませましょう!

 

【参考音源:実際の曲で音を2つで捉える】

 

これを待ってたでしょ? 呆れるほどを超えたね

 

待ってたの「て」と「た」はそれぞれ

 

「て・え」

「た・あ」

と音を2つでとります。

 

ちなみに、この「て」と「た」はパターン①の「上→下」です。

上から下に音をずらすようにして音を2つでとりましょう。

 

 

夜を越えたねの「よる」は

それぞれ「よお」「るう」と音を2つでとります。

 

こっちは、パターン②の「下から上」ですね。下から上に音をとりましょう。

 

最初はゆっくりでいいので、確実に音を2つで立体的に捉えられるようになりましょう。

 

最初は「ちょっとくどいかな〜わざとらしいかな〜」くらいで全く問題ないので、がっつりと全ての音を2つでとる練習をしてください。

この「音を2つでとる」という歌唱スタイルは、洋楽を歌う時なんかはかなり出てくる歌い方なんですが、

それをポップスに美しい形で応用しているのがNissyさんなんですね。めちゃくちゃ歌い方が激変するので、ぜひマスターしてみてください。^^

素早いトリルを極めてNissyさんに近づこう

Nissyさんは素早いトリルを、曲の中で何度も連発します。

トリルというのは、フェイクまでは長くない素早い歌い回しのことをいうのですが、(実際に実践するので今は分からなくて大丈夫です。)

これがまあ難しいんですよねw

 

でもNissyさんは、曲の中で何度も何度もこのトリルを連発しますので、習得しないとNissyさんのようには歌えません!w

一緒に練習しましょう〜。

 

基本的なトリルは、上から音程を階段のように3つ落としていくと考えてもらえれば分かりやすいと思います。

 

【参考音源:ゆっくりトリル】

 

 

最初は音源のように、ゆっくりとトリルをかけていって、徐々に早くしてもらえれば難しいことはないです。

徐々に上手くなればいいんですから、焦らずにやりましょう!

徐々に慣れてきたと思ったら、実際に曲でも使ってみて、しっかりと歌唱にトリルを馴染ませてください。

 

【参考音源:歌唱の中でトリル1】

 

 

【参考音源:歌唱の中でトリル2】

 

 

基本的にNissyさんの曲はトリルを使っている曲がほとんどなので、好きな曲でがっつりとトレーニングをしてもらえればと思います。

力みのない高音発声(ミックスボイス)

Nissyさんの大きな特徴。。

それは、広い音域です。

そして、ただ音域が広いだけでなくて、質が高いんですよね。

高音になっても力みがないので、スーッと美しい声のまま高音を楽に発声できているアーティストさんです。

 

だからこそ、Nissyさんのように歌うには、楽に高音を発声できる技術を身につけることが「必須」です。できたらいいではなく「必須」。

そこで、ここでは、Nissyさんのように高い声を美しく出すための考え方をお話します。

低音から高音まで繋がった声を作ろう

高い声を余裕で発声できるようになるには、低音から高音まで声が繋がった状態を作る必要があります。

普通、低音から声を高くしていくと、どこかで裏返ったりきつくなったりします。

 

【参考音源:声が裏返ったり叫ぶ】

 

 

 

この状態じゃ、とてもじゃないですけどNissyさんみたいにさらっと高音は出せなそうですよね。

 

だからこそ、声が途中で裏返ったり、叫んだりしないように、低音から高音まで繋がった声を作る必要があるんです。

そうすれば、地声から裏声が一本に繋がって、どこかで声を裏返したり、叫んだりすることをしなくても、楽に高音を発声できるようになります。

 

【参考音源:低音から高音まで繋がった状態】

 

 

これだけ聴くとおかしいですが、歌で使えば全く違和感ないと思います。

 

【参考音源:歌唱音声】

 

 

このように、低音から高音まで声が一本に繋がった状態をミックスボイスと呼んだりしますが、このミックスボイスをしっかりと習得することで、

Nissyさんの歌唱スタイルに限りなく近くなります。

というよりも、Nissyさんがミックスボイスの状態で歌っているので、ミックスボイスを習得する以外に楽に高音を発声する道はないです笑

 

Nissyさんもプロのアーティストさんとはいえ、一人の人間です。笑

一人だけ特殊な喉を持っているわけではないので、練習すれば誰でもNissyさんのような高音は発声することができるので、安心してくださいね笑

 

ミックスボイスの練習法を語りだしたらキリがないのですが、なるべく万能なトレーニングを紹介しておきますね。

ハミング

 

Nissyさんは努力の天才

この記事を作るにあたって、Nissyさんの曲をたくさん分析しましたが、

昔のNissyさんは今ほど高音も出ていませんでしたし、苦しそうな箇所もかなり見受けられました。

 

でも今はご存知の通り、低音から高音まで美しい声で魅了するような素晴らしいボーカリストさんです。

だからこそ、Nissyさんが影ながら相当なボイストレーニングを積んでいたことは紛れもない事実だと思うので、あなたもNissyさんのように着実に努力を重ねていけば、

一歩一歩Nissyさんに近づいていけます。

今回ご紹介したトレーニングは、難しいテクニックも多いですが、効果のあるものばかりなのでやってみてくださいね。今回は以上となります。お疲れ様でした。^^

圧倒的な歌唱力を手に入れよう


 

無料オンライン講座読者様600人突破記念として、

喉を自由にし、圧倒的な歌唱力を手に入れるためのボイトレの教科書「SBM Regular」を無料でプレゼントしています。

 

力強い高音発声の習得方法

美しいミックスボイスの習得方法

声量のあるパワフルな声の構築方法

美しいビブラートのかけ方

何曲歌っても声が枯れない方法論

 

このような理想の発声を手に入れるためのノウハウを12本の動画講座に詰め込みました。

 

自由な発声を目指したい方は、ぜひお気軽に無料講座を読んでみてくださいね。

最新情報をチェックしよう!
>
CTR IMG
動画講座プレゼント
ミックスボイスを習得しよう。
動画講座プレゼント
ミックスボイスを習得しよう。