ミックスボイスの声量が小さい!|力強いMIXを習得する方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ボイストレーナーの金子太登です。

 

「ミックスボイスはなんとか習得したっぽいけれど、、声量が小さい!

実際の曲で使える声にならない!」

と悩んでいませんか?

 

そこで、今回は、ミックスボイスの声量が小さい理由と

その具体的な解決策・トレーニング法をご紹介します。

 

ぜひ、最後までご覧ください。

 

1.ミックスボイスの声量が小さい理由とは

ミックスボイスの声量が小さい理由は、息を効率よく声に変えることができていないからです。

つまり、声帯の閉鎖が弱いわけですね。

ここで、裏声にエッジボイス を加えて、、なんてことをやると、一生満足いく声に辿りつけなくなってしまうので、

しっかりと理論に基づいた練習方法を行なっていきましょう!

 

2.声帯の閉鎖を促すトレーニングとは

声帯の閉鎖を促すトレーニング法をご紹介します。

 

2−1.喉仏(喉頭)を上げる

喉仏(喉頭)を上げて地声を出しましょう。

喉仏を上げることで、声帯の閉鎖が促されるからです。

 

【参考音源:喉仏を上げた地声】

 

 

トレーニングの注意点

トレーニングの効果を最大化させるポイントを解説します。

ぜひ、参考にしていただけたら幸いです。

 

POINT① 母音を変化させないようにしましょう

母音を変化させないように注意しましょう。

母音を変化させてしまうと、狙いたい筋肉を狙って鍛えることができなくなってしまいます。

 

例えば、今回の例で言えば、「イ」という母音によって、意図的に喉頭を引き上げ、

それによって、声帯の閉鎖を促しているわけですが、

「イ→エ→ア→オ→ウ」の順に喉頭(喉仏)は下がっていくため、

 

例えば、母音が「ウ」によってしまっては、唇の形によって、喉頭が引き下がってしまうわけですね。

そうなれば、声帯はむしろ開き気味になってしまうので、狙って効果とは真逆になってしまうのです。

 

ですから、きちんと母音の形を固定して、トレーニングするようにしましょう。

 

 

POINT② 最高音はE4に設定しましょう

最高音はE4に設定するようにしましょう。

理由は簡単で、これ以上の音域は裏声系の筋肉が同時に働いてしまうからです。

 

つまりミックスボイス的な状態になってしまうので、地声系の筋肉に強烈にアプローチすることができなくなってしまうのです。

(負荷が地声の筋肉以外に分散するため)

 

 

2−2.外からの力を利用する

外からの力を積極的に利用しましょう。

 

外からの力を利用して、声帯をぴったりとくっつけるようにしていきましょう。

例えば、何かあなたが重い物を持ち上げる時に、「ウンツ!!」と力みますよね。

 

で、その時って自然とあなたの声帯はぴったりとくっついているんですよ。^^

だからこそ、外からの力もうまく使ってあげることで、声帯をぴったりとくっつける力になりうるというわけなんです。

 

【参考音源:手を押しながら「ア」】

 

 

両手の手のひらを合わせて、手を押しながら、大きな声で「ア」と発声しましょう。

 

必見:本気でミックスボイスの習得を目指すあなたへ

本気でミックスボイスの習得を目指すあなたのための無料メール講座「SBMでミックスボイスを習得する方法」

を開講しております。

 

ご参加いただいた方には、期間限定特典として有料級ボイストレーニング動画教材「SBM Regular」を”無料で”プレゼント

させていただきます。

 

綺麗なミックスボイスを身に付けたい

・長時間歌っても枯れない声が欲しい

パワフルな歌声を手に入れたい

 

1つでも当てはまるあなたは、ぜひお気軽に無料メール講座にご参加いただければと思います^^

 

 icon-angle-double-right 無料メール講座「SBMでミックスボイスを習得する方法」

 

最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

 0 件のコメントが寄せられています。
無料で有料級ボイトレ教材をプレゼント。
理想の発声を。
ボイトレ教材プレゼント。
ミックスボイスを習得しよう。