次回からは「自由な喉」とご検索ください。

ハイラリンクスが治らないあなたへ|プロが改善法教えます。

こんにちは、ボイストレーナーのたいとです。

 

「ハイラリが治らない、、どうしたら喉は下がるの?」

「そもそも喉って上がっちゃいけないの?」

「喉声なのかハイラリなのかよく分からない!」

 

そんな風に悩んでいませんか?

 

そこで、今回はラリンクスを改善し、美しい声で歌えるようになるためのトレーニング・考え方を現役ボイストレーナーが解説します。

ぜひ、最後までご覧くださいね。

※ボイストレーナー金子の歌声です。当記事を参考にするかどうかの判断基準としてください

【ミックスボイスでの歌唱例】

 

1.ハイラリンクスが治らない→OKです。

ハイラリンクスが治らない。。と悩んでいる方は多いのですが、結論からお話してしまうとそれでOKです。

 

「は?w」と思わずにきちんと理由があるので聞いてくださいね。笑

 

そもそも、ハイラリンクスとは、喉のポジションが高い位置にあることですよね。

そして、その喉が高いという状態は別に悪いことではないのです。

 

喉のポジションを意図して下げることができない状態が悪いのです。

 

つまり、喉を上げることも下げることも、その中間も全て自由に調整できるのが理想でして、

喉を下げるのがOK!という考え方は今日で捨ててしまいましょう。

2.喉の位置を自由にコントロールするためのトレーニング法

ただ、喉の位置を押し下げるトレーニングではなく、喉の位置を自由にコントロールすることを可能とする

トレーニング法を解説します。

 

パターン①.中間→上→中間

同じ音程で、喉を上げてまた戻すトレーニングです。

 

STEP① 出しやすい音程で地声を出す

 

STEP② 音程は変えずに、喉の位置だけ上げる

 

STEP③ 音程は変えずに、元のポジションに喉を戻す

 

【参考音源:一連の流れ】

 

パターン②.中間→下→中間

同じ音程で喉を下げて、また戻すトレーニングです。

 

STEP① 出しやすい音程で地声を出す

 

STEP②  音程は変えずに、喉の位置だけ下げる

 

STEP③  音程は変えずに、元のポジションに喉を戻す

 

【参考音源:一連の流れ】

 

パターン③. パターン①×パターン②

パターン① × パターン②の組み合わせでトレーニングをしましょう。

 

STEP① 出しやすい音程で地声を出す

 

STEP② 音程は変えずに、喉だけ上げる

 

STEP③ 音程は変えずに、喉を元のポジションに戻す

 

STEP④ 音程は変えずに、喉だけ下げる

 

STEP➄   音程は変えずに、喉を元のポジションに戻す

 

【参考音源:一連の流れ】

 

3.喉が自由になる仕組みを構築することが大切

ここまで、喉のポジションを自由に取れるようになるためのトレーニングツールを解説してきました。

しかし、もっとも大事なのは、喉そのものが自由になる仕組みを作って、どんな技術にも対応できるようにすることです。

 

【喉が自由になる仕組みのイメージ】

 

 

喉を上げてもいい

喉を下げてもいい

張り上げもOK

ミックスボイス

キレのあるフェイク

ビブラート

・・・etc

こんな風に喉そのものが自由になる仕組みを構築しておけば、全ての技術に応用できるんですね。

 

下記の記事で、喉そのものが自由になる仕組みを作って、低音域から高音域まで自由に発声できる方法を解説しているので興味のある方はご覧くださいね。

 

 icon-angle-double-right [保存版]ミックスボイスを出す練習方法や仕組みを超解説

今回は以上となります。お疲れ様でした^^

必見:ミックスボイスの習得を目指すあなたへ

読者様600人を記念して、無料動画講座をさらにパワーアップさせました。

 

✅低音から高音まで繋がるミックスボイス

✅パワフルな声量のある声

✅声嗄れしない声

✅キレのあるビブラート

 

これらの技術を身につけ、圧倒的な歌唱力を身につけるための全12本の動画を無料公開しています。

興味のある方は下記から参加してみてくださいね。

 icon-angle-double-right 喉を自由にして圧倒的な歌唱力を手に入れよう

最新情報をチェックしよう!
>
CTR IMG
動画講座プレゼント
ミックスボイスを習得しよう。
動画講座プレゼント
ミックスボイスを習得しよう。